相場の高値・底値を示す「トレンドライン」とはなにか

トレンドライン_アイキャッチ
 

投資の格言には「トレンドを友とせよ」という言葉があるように、トレンドを把握しておくことはとても大切であり、トレンドを把握するためのテクニカル指標として「トレンドライン」が知られています。

トレンドラインは使いかたを間違えなければ便利なテクニカル指標ですが、使い方を間違っていては役に立ちません。そこで今回は、トレンドラインの使い方について確認してみましょう。

 

「トレンドライン」とはなにか

トレンドラインとは、ローソク足チャート・移動平均線チャートに使うテクニカル指標であり、トレンドラインを利用することで相場が上昇・下降のどちらのトレンドにあるのかをわかりやすくするために使われます。

 

トレンドラインの引き方

トレンドラインはチャートのローソク足に対する補助線として引きます。相場が上昇しているときはローソク足の下部を3点以上接するようにラインを引き、相場が下降しているときはローソク足の上部を同じく3点以上接するようにラインを引きます。

 

ほとんどのFXサービスでは、取引ツールの一環として、チャート機能が準備されています。その中には移動平均線やボリンジャーバンドのように、ツールの設定で自動的に描画されるラインがあります。

しかしトレンドラインは人によってラインを引くポイントが違うため、自動で引いてくれるツールは少なく、かりに存在したとしてもラインが不正確な場合もあります。

そのため、トレンドラインは描画機能を利用して自分で引くのが基本ですが、苦手な人にはトレンドラインを自動で引くためのインジケーターツールがあるので、そちらを利用するといいでしょう。

 

ブレイクポイントの見極め

ラインを引いても傾きがなく、水平に移動していれば持ち合い相場と言われ、方向性が定まっていない状態です。

持ち合い相場から上昇または下降トレンドに転じる際、持ち合い相場となった時間が長ければ長いほど、持ち合い相場を抜けたときの価格変動が大きくなる傾向があるため、水平ラインとなった後のトレンドがどちらに向かうかを見極めることが大切です。

 

ローソク足がトレンドラインを突き抜けると、トレンド転換の可能性があります。この転換の可能性があるポイントを「ブレイクポイント」といいます。

下降トレンドラインをローソク足が突き抜けると買い注文が強く上昇トレンドに転換する可能性があり、反対に上昇トレンドラインをローソク足が突き抜けると売り注文が強く下降トレンドに転換する可能性があります。

トレンドラインを引くことで、こうしたトレンドの転換を見極めることができます。

 

トレンドラインを活かした売買戦略はどのようなものか

トレンドラインを大きく活用して短期売買をするには、上昇トレンドの際はローソク足の上部にもラインを引き、下降トレンドの際にはローソク足の下部にもラインを引きます。

この場合、上昇トレンド・下降トレンドのどちらにおいてもローソク足の上部に合わせて引いたラインをレジスタンスライン(上値抵抗線)、ローソク足の下部に合わせて引いた欄をサポートライン(下値支持線)といいます。

 

上昇トレンドであれば、サポートライン近辺で買ってレジスタンスライン近辺で売ることで利益を確定します。

また、サポートラインを下回ると下降トレンドに転じる可能性があるので損切り、レジスタンスラインを超えるようであれば急上昇の可能性があるので利益確定をせずにさらなる利益を狙い、ポジションの買い増しも考えられます。

トレンドラインを利用することで、このように簡単に売買戦略を立てることができます。

 

トレンドラインの「ダマシ」について

トレンドラインを利用するにあたって、気を付けなければいけないのが「ダマシ」と言われるものです。

これはローソク足がトレンドラインを突き抜けたブレイクポイントに見える動きをして、またすぐに元のトレンドに戻ってしまう値動きのことをいいます。

ダマシにはどのように対応したらいいのでしょうか?

 

ダマシを完全に見抜くことは不可能ですが、対応するには大きく2つの方法があります。

まず1つ目は、ブレイクポイントと思ってもすぐにはポジションを閉じないで、ダマシと思った時点ですぐポジションを閉じてしまう方法です。ある程度騙されるのは仕方がないので、損をなるべく小さく抑えるための手段です。

もう一つは、一定の損切り注文をしながら取引を行うことです。こちらは損をするにしても一定の範囲で収まるため、損失も計算しつつ取引をしていくことができます。

ダマシはどのテクニカル指標を使う場合でも発生しますので、騙される覚悟は必要です。

 

おわりに

トレンドラインはとてもシンプルですが、移動平均線やMACDと比較して売買をするためのタイミングが早く、ダマシが少ないことが特徴ですが、相場の動きによって何度も引き直す手間がかかりやすいということもあります。

トレンドラインを使いこなせれば取引を有利に進めることができるので、取引に取り入れるときにはしっかりとトレンドラインを引いていくようにしましょう。

このコラムに関連する記事

TOP