相場分析に欠かせない「テクニカル分析」とはどのようなものか

テクニカル分析_アイキャッチ

 

FXで安定した利益を得るために必要とされることはいくつかありますが、取引時点の相場の方向性(相場動向)を把握する「相場分析」は、欠かせない要素の1つです。

では相場分析とは、実際にどのようなことをするのでしょうか。今回は相場分析の中でも主流の1つである「テクニカル分析」の概要を見てみましょう。

 

FXには欠かせない相場分析

FXで安定した利益を得るためには、資金管理とリスク管理は欠かせませんが、売り買いのどちらからでも取引をはじめられるFXでは、株式取引以上に相場動向を把握することが重要になります。

そのために必要となるのが、公表される統計やニュース、為替レートの値動きなどの様々な情報と突き合わせることで大きな方向性を予測する「相場分析」です。

相場分析には大きく経済要因から中長期の相場動向を把握するのに役立つ「ファンダメンタル分析」と、チャートとテクニカル指標を使って比較的短期間の相場動向を把握するのに便利な「テクニカル分析」の2つに分けられます。

 

公表される統計やニュースなどからトレンドを予測する「ファンダメンタル分析」

中長期的な相場動向の把握に長けているのが、公表される統計やニュースなどから判明する経済政策や政治状況、国際情勢をはじめとする様々な情報を組み合わせることで為替市場の大きな方向性(トレンド)を予測する「ファンダメンタル分析」です。

 

基本的にファンダメンタル分析では先に上げたような様々な情報を材料として分析しますが、為替相場に関係する情報であれば全ての情報が材料となる非常に自由度の高い分析手法です。

そのため、分析者の主観や願望といった取引には不要な要素が入りこみやすく、精度の高い分析を行うためには情報の取捨選択と分析手法の改善が必要な分析手法と言えます。

 

チャートとテクニカル指標でトレンドを予測する「テクニカル分析」

中長期のトレンドの把握を得意とするファンダメンタル分析に対して、比較的短期間の相場分析を得意としているのが、チャートとテクニカル指標を使ってトレンドを予測する「テクニカル分析」です。

様々な情報を組み合わせることでトレンドを予測するファンダメンタル分析に対して、テクニカル分析は基本的に為替の値動きを記録したチャートとテクニカル指標の2つだけで分析を行うため、テクニカル指標の使いかたがわかればある程度の精度の予測を導き出すことは容易です。

テクニカル指標は一般化しているものから、一部のトレーダーしか使わないようなマイナーなものまで実に様々なテクニカル指標があり、現在でも新しいテクニカル指標が開発されています。

 

いくつかに分類できる代表的なテクニカル指標

数多くあるテクニカル指標ですが、大きく「トレンド系」と「オシレーター系」、非時系列系に代表されるその他の指標に分けられます。

基本的なテクニカル分析であれば、トレンド系とオシレーター系のテクニカル指標の仕組みと使いかたを把握しておくことで取引に必要となる精度での分析ができます。

ここではテクニカル指標に欠かせないチャートとローソク足を筆頭に、トレンド系指標とオシレーター系指標、その他の指標の中でも代表的なものを見てみましょう。

 

チャートとローソク足

  • チャート…テクニカル分析の基本となるものであり、過去の為替レートの値動きをグラフにしたものであり、価格を縦軸、時間を横軸にして値動きを表します。
  • ローソク足…チャート上に記載する指標の1つで、始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の4つを一定のルールに従ってチャート上に記入することで表します。

 

トレンド系指標

  • 移動平均線…元々、統計分析などに使われていましたが、アメリカのJ・E・グランビルが「相場分析に非常に有益である」と発表し広めたことにより、現在では世界中のトレーダーにより使用される頻度の最も高いテクニカル指標となっています。
  • ボリンジャーバンド…1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用して考案したテクニカル指標で、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えたテクニカル指標です。

 

オシレーター系指標

  • 移動平均収束拡散法(MACD)…Moving Average Convergence Divergence = MACD(マックディ)とは、平均を取る期間の違う2つの移動平均を用いるテクニカル指標であり、短期移動平均線と長期移動平均線の差を利用するテクニカル指標として知られています。
  • ストキャスティクス…「買われすぎ」「売られすぎ」に注目するテクニカル指標の1つであり、現在の為替レートを過去の一定期間の値動きと比較して、100%に近ければレートが買われすぎ、0%に近ければ売られすぎと判断するテクニカル指標です。

 

その他の指標

  • ポイント&フィギュア…トレンド系指標やオシレーター系指標と異なり、時間を重視しないテクニカル指標です。あらかじめ決めた値幅(自分で決めます)以上の値動きがなければ更新されない独特なテクニカル指標として知られています。
  • 新値足…ポイント&フィギュアと同様に時間軸を重視しないテクニカル指標であり、基準日からの終値の推移を陰線と陽線を使ってチャート上に記入するテクニカル指標です。

 

有用だが万能ではない相場分析

ここまで見てきたように、比較的精度の高いテクニカル指標を駆使してトレンドを分析すれば、かなりの確かさで相場を分析することは可能です。

しかしファンダメンタル分析でもテクニカル分析でも、得られる結果は大まかな方向性の予測に過ぎないため、予測が大きく外れることは稀ではなく、相場分析で動向を予測することよりも、リスク管理と資金管理のほうが重要という意見もあります。

 

おわりに

テクニカル分析とファンダメンタル分析に代表される相場分析は取引の成績を改善するために有用な手法ですが、その内容は相場のトレンドを把握するまでに留まります。

あまり分析結果を過信せず、リスク管理と資金管理をキチンと行なった上で、あくまで重要な情報程度にとどめた取引を心がけるのが賢明と言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

TOP