相場分析に欠かせない「テクニカル分析」とはどのようなものか

テクニカル分析_アイキャッチ

FXで安定した利益を得るためには、外国為替市場の方向性(トレンド)を把握・予測するための「相場分析」は欠かせません。

一口の相場分析と言っても、その方法は実にさまざま。今回は主流の分析方法の中でも比較的とっつきやすい「テクニカル分析」について見てみましょう。

FXの安定した取引に欠かせない「相場分析」

FXに限らず資産運用で安定した利益を得るためには、リスク管理と資金管理が欠かせません。売り買いどちらからでも取引をはじめられるFXでは、外国為替市場の方向性(トレンド)の把握が特に重要です。

トレンドの把握に欠かせないのが、定期的に集計・発表される各種経済指標や要人や経済閣僚の発言などの日々のニュース、為替レートの値動きなど、さまざまな情報を突き合わせて方向性を予測する「相場分析」です。

相場分析には中長期の相場動向を把握するのに役立つ「ファンダメンタルズ分析」と、比較的短期間の相場動向を把握するのに便利な「テクニカル分析」の二つが知られています。

データにもとづいてトレンドを予測する「ファンダメンタルズ分析」

相場分析のうち中長期の分析に向いているのが、各種経済指標や日々のニュースなどから明らかになる経済政策や政治状況、国際情勢などの経済の基礎的状況(ファンダメンタルズ)に基づいた「ファンダメンタルズ分析」です。

ファンダメンタルズ分析は外国為替市場や経済情勢に関する情報であれば判断材料となる非常に自由度の高い相場分析であり、精度の高い分析のためには情報の取捨選択と分析手法の改善が欠かせません。

チャートとテクニカル指標を活用する「テクニカル分析」

中長期の分析を得意とするファンダメンタルズ分析に対して、比較的短期間の相場分析が得意なのが、チャートとテクニカル指標を使ってトレンドを予測する「テクニカル分析」です。

テクニカル分析は為替の値動きを記録した「チャート」と、チャート上に現れるさまざまなテクニカル指標だけで分析をおこなうため、適切なテクニカル指標が使えればある程度正しい分析をすることができます。

代表的なテクニカル指標の種類と特徴

テクニカル分析に欠かせないテクニカル指標は、その内容によって大きく「トレンド系」と「オシレーター系」、非時系列系に代表される「その他の指標」に分けられます。

基本的な分析であればトレンド系とオシレーター系のテクニカル指標をいくつか把握しておけば十分ですが、より高度な分析をするのであれば他の指標も使える必要があります。トレンド系指標とオシレーター系指標、その他の指標の中でも代表的なものを見てみましょう。

チャートとローソク足

  • チャート…テクニカル分析の基本となるものであり、過去の為替レートの値動きをグラフにしたものであり、価格を縦軸、時間を横軸にして値動きを表します。
  • ローソク足…チャート上に記載する指標の1つで、始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の4つを一定のルールに従ってチャート上に記入することで表します。

トレンド系指標

  • 移動平均線…元々、統計分析などに使われていましたが、アメリカのJ・E・グランビルが「相場分析に非常に有益である」と発表し広めたことにより、現在では世界中のトレーダーにより使用される頻度の最も高いテクニカル指標となっています。
  • ボリンジャーバンド…1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用して考案したテクニカル指標で、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えたテクニカル指標です。

オシレーター系指標

  • 移動平均収束拡散法(MACD)…Moving Average Convergence Divergence = MACD(マックディ)とは、平均を取る期間の違う二つの移動平均を用いるテクニカル指標であり、短期移動平均線と長期移動平均線の差を利用するテクニカル指標として知られています。
  • ストキャスティクス…「買われすぎ」「売られすぎ」に注目するテクニカル指標であり、現在の為替レートを過去の一定期間の値動きと比較して、100%に近ければレートが買われすぎ、0%に近ければ売られすぎと判断するテクニカル指標です。

その他の指標

  • ポイント&フィギュア…トレンド系指標やオシレーター系指標と異なり、時間を重視しないテクニカル指標です。あらかじめ決めた値幅(自分で決めます)以上の値動きがなければ更新されない独特なテクニカル指標として知られています。
  • 新値足…ポイント&フィギュアと同様に時間軸を重視しないテクニカル指標であり、基準日からの終値の推移を陰線と陽線を使ってチャート上に記入するテクニカル指標です。

おわりに

ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析は、比較的高い精度で相場分析をすることが期待できます。相場分析で得られる結果はあくまで予測であり、相場分析が必ず正しい前提で取引をすることは極めてリスクが高いと言えます。

相場分析によって得られる結果はあくまで予測であり、安定した取引にはリスク管理と資金管理のほうが重要と言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP