逆張り投資に強み。テクニカル指標の「ストキャスティクス」とは

逆張り投資に強み。テクニカル指標の「ストキャスティクス」とは

さまざまな種類があるテクニカル指標ですが、その中でも比較的新しいものとして知られているのが「ストキャスティクス」です。

売られすぎ・買われすぎを判断する逆張りのときに便利なストキャスティクスは、どのようなものかを見てみましょう。

逆張りの判断に有効な「ストキャスティクス」とは

ストキャスティクスは1950年代にジョージ・レインによって考案されたものであり、トレンドがない相場で売られ過ぎ・買われ過ぎを判断するときに役立つ逆張りのテクニカル指標の一つです。

ストキャスティクスの基本となるラインはそれぞれ「%K」「%D」と呼ばれ、

  • %K = (今日の終値 - 過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)

で求めることができます。

この計算式は期間中において現時点での価格はその変動幅のどのあたりに位置しているのかを0~100の間で数値化するものであり、一般的にはこの期間を5に設定することが多いようです。

%Kを移動平均化して動きを平滑化した指標として、「%D」があります。%Dの求め方を見てみると、

  • %D = (n日間ストキャスティクスの分子のm日移動平均)/(n日間ストキャスティクスの分母のm日移動平均)

となり、%Dの移動平均期間は一般的に3を使います。

「%K」と「%D」の二本を使って描かれるものを「ファスト・ストキャスティクス」と呼びますが、これはジグザグが激しすぎる(感応度が高すぎる)ため、積極的に利用されません。

主に使われるのは、よりなめらかになるよう調整(スムージング)された「スロー・ストキャスティクス」と呼ばれるものです。

「スロー・ストキャスティクス」は「%D」と「slowD(SD)」の二本を利用します。「SD」は「%D」のL日移動平均となり、通常この平均期間も3を利用します。

さらに「SD」を移動平均した「SDスロー」と呼ばれるラインもあり、「SD」と「SDスロー」を利用するとよりスムージングされるものの、売買シグナルが遅れるリスクが大きくなるため、注意が必要です。

ストキャスティクスの売買サインの見分け方

逆張りに有効なストキャスティクスの中でも、特に活用されるスロー・ストキャスティクスですが、実際にどのような活用のされかたをしているのでしょうか。

主なシグナルや、その解釈を見てみましょう。

買いサイン

  • %Kと%Dが、20%もしくは30%以下(売られ過ぎ)
  • 予め定められた水準(例20%)を割った後、%Kもしくは%Dが下から上抜ける時
  • %Kが%Dとクロスし、%Kが%Dを上抜ける時
  • 株価が安値を更新しているにもかかわらず、%Kや%Dが前回の安値を下回らない
  • %K、%D、SDの3本が20%を割り込んでいる時(安値圏にある時)、%DがSDを下から上に抜けた時

売りサイン

  • %Kと%Dが、80%もしくは70%以上(買われ過ぎ)
  • 予め定められた水準(例80%)を上回った後、%Kもしくは%Dが上から割り込む時
  • %Kが%Dとクロスし、%Kが%Dを割り込む時
  • 株価が高値を更新しているにもかかわらず、%Kや%Dが前回の高値を上回らない
  • %K、%D、SDの3本が80%を超えている時(高値圏にある時)、%DがSDを上から下に抜けた時

ダイバージェンス

売買サインの他に注目されるのが、移動平均・収束拡散トレード法(MACD)でもある相場の天底を示唆する「ダイバージェンス」としての利用です。

相場が新高値や新安値を記録しても、ストキャスティクスでは高値や安値の更新によってこれを確認できなかった場合がストキャスティクスのダイバージェンスです。

ストキャスティクスの注意点

ストキャスティクスは逆張りのテクニカル指標という性質があり、ストキャスティクスの手仕舞いのサインを待ち過ぎると利益確定が遅れるリスクがあるため、素早い取引が求められます。

また、オシレーター系指標に共通して言えることですが、強いトレンドではストキャスティクスは上下に張り付いて機能しなくなることがあります。

ストキャスティクスは相場の細かな波に反応して短期売買をするトレードに向いているテクニカル指標と言えるでしょう。

おわりに

逆張りのときに有利なテクニカル指標である「ストキャスティクス」ですが、逆張りである以上その取引タイミングはとてもシビアになります。

また、適切な分析ができなければ取引のタイミングを逃し、大きな損失の原因となる可能性もあります。

ストキャスティクスを活用するときには、適切な分析とタイミングを逃さない取引が書かないと言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP