ダマシが少ない?テクニカル指標「MACD」を徹底解説

ダマシが少ない?テクニカル指標「MACD」を徹底解説

さまざまな種類があるテクニカル指標ですが、その中でも移動平均を活用するテクニカル指標として知られているのが「移動平均・収束拡散トレード法(MACD)」です。

単なる移動平均を活用したテクニカル指標であるだけではなく、より高度な分析にも利用できるMACDは、覚えておきたいテクニカル指標の一つと言えます。今回は、MACDの特徴とその使いかたを見てみましょう。

移動平均を活用したテクニカル指標「MACD」とはなにか

「移動平均、収束および発散(MACD)」とは、2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで、相場の周期とタイミングを捉えるテクニカル指標の一つです。

MACDはダマシが少なく使いやすいテクニカル指標の一つとして知られていて、根強い人気誇るテクニカル指標として知られています。

MACDに用いられる移動平均は「単純移動平均(SMA)」ではなく、「指数平滑移動平均(EMA)」であり、次の計算式によって求めることができます。

MACD=短期EMA-長期EMA

通常の日足分析においては、短期EMA期間は9、長期EMA期間は26とするのが一般的であり、MACDの移動平均であるシグナルとともに2本線で分析することが多く、シグナルの平均期間は9が一般的です。

MACDとシグナルの位置関係を視覚的にわかりやすくしたものはMACDとは別にMACD2と呼ばれ、MACDからシグナルを引くことで求めることができます。

視覚的に見やすいMACDの分析例

短期・長期の移動平均を組みあわせることで求めることができるMACDですが、実際の分析ではどのような使いかたがあるのでしょうか。

MACDを利用した主な分析方法を見てみましょう。

MACDとシグナルの交差

もっとも基本的な使いかたとしては、MACDとシグナルの交差で売買サインを把握することがあげられます。

MACDがシグナルを下から上に抜いた時には買いサイン、上から下に抜いたときが売りサインとなります。この交差はゼロラインから離れた、より高い山での売りサイン、より深い谷での買いサインほど有効となります。

MACD、シグナルとゼロラインの交差

シグナルの交差と同様に、MACD、シグナルとゼロラインと交差することも重要なサインとなります。

この場合は2本の線がゼロラインを上抜いた場合には上昇トレンドの継続を意味し、ゼロを下抜いた場合は下落トレンドの継続を意味します。

ダイバージェンス

シグナルやゼロラインとの交差と合わせて注目されるのが、「ダイバージェンス」です。

ダイバージェンスとは「相違がみられること」という意味で、テクニカル分析では、為替レートとテクニカル指標のトレンドが逆行することであり、相場の転換を暗示するサインとして知られています。

MACDのダイバージェンスは、相場が上昇トレンドにあるときに、MACDのトレンドラインが下降トレンドをあるような状態であり、相場の天底の出現を示唆する可能性が高くなります。

MACDを利用するときの注意点とは?

このように視覚的に分かりやすいMACDですが、実際の分析で利用するときにはいくつかの注意点があります。

MACDを利用するときの主な注意点を見てみましょう。

ボックス相場には不向き

MACDは移動平均線を活用したテクニカル指標であり、トレンド系に分類されるテクニカル指標です。

そのため、狭い値幅での取引が続くボックス相場(トレンドレス)には弱い傾向があり、だましが多く発生するリスクがあります。

トレンドの転換期も苦手

また、あるトレンドから別のトレンドへ転換するタイミングは、トレンドが見えにくい状態(トレンドレス)になることが多く、移動平均を活用するMACDが苦手とする状態です。

トレンドレスの状態でも新規売買には有効ですが、手仕舞いのサインが遅い傾向があることには注意が必要です。

おわりに

テクニカル指標であるMACDは視覚的な把握がしやすく、客観的な判断がしやすいテクニカル指標の一つです。

しかしどのような場面でも有効であるわけではなく、得意とするトレンドや苦手とするトレンドは明確に分かれます。得意なトレンド・苦手なトレンドを把握して適切な活用が正しい相場分析には欠かせません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP