FXに欠かせない「チャート」の基礎知識を徹底解説

FXのチャートとは?基本的なチャートの見方・読み方

外国為替証拠金取引(FX)は、通貨を売買することで為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)を狙う資産運用の方法ですが、やみくもに売買しているだけでは大切な資産を失うことになりかねません。

FXで安定した利益を狙うためにはトレンドを分析・予測して取引をする必要がありますが、そのために様々な情報から大づかみに予測する「ファンダメンタル分析」と、為替レートの推移を記録したチャートを活用する「テクニカル分析」のどちらかは欠かせません。

今回はテクニカル分析に欠かせない「チャート」の中でも、基本となるローソク足チャートについての見方や読み解き方を見てみましょう。

テクニカル分析に欠かせない「チャート」とはなにか

そもそも、テクニカル分析にかかせない「チャート」とは、どのようなものなのでしょうか。

チャート(chart)、もしくは罫線表とは、株式や為替、先物取引などの金融商品の相場を観測する目的で、価格をはじめとする様々な情報を記録・表示した図表のことであり、情報の種類や作成手法により様々なチャートが存在します。

テクニカル分析で使われる基本的なチャートはいくつかありますが、日本のFXトレーダーにもっとも人気が高いのが、「四本値(よんほんね)」によって作成される「ローソク足」を記録した「ローソク足チャート」です。

チャート作成に欠かせない「四本値(よんほんね)」とはなにか

もっとも基本的なチャートとして知られているローソク足チャートはそれぞれのFXサービスのチャートに標準装備されていますが、利用するデータと書きかたを覚えるだけで、自分で作成できるのも魅力の1つです。

ローソク足チャートの作成に欠かせないデータとして知られているのが、

  • 対象の期間中の取引の最初についた値段である「始値(はじめね)」
  • 対象の期間中の取引のなかで最も高い値段である「高値(たかね)」
  • 対象の期間中の取引のなかで最も安い値段である「安値(やすね)」
  • 対象の期間中の取引の最後についた値段である「終値(おわりね)」

の4つの数値をまとめた「四本値(よんほんね)」です。

四本値は外国為替市場のトレンドを把握するための数値データとしてもある程度有用ですが、ローソク足チャートに落としこむことでより直感的・視覚的に把握しやすくなります。

知っておきたい「陰線(いんせん)」と「陽線(ようせん)」

ローソク足チャートを利用することで、外国為替市場のトレンドが把握しやすくなるというメリットがありますが、そのために覚えておきたいのが「陰線(いんせん)」と「陽線(ようせん)」という言葉です。

終値が始値よりも下げて終わる「陰線(いんせん)」

対象の期間中の取引の始値よりも終値が下がって終わった場合は、ローソクの中を塗りつぶして「陰線(いんせん)」として表します。

終値が始値よりも上げて終わる「陽線(ようせん)」

終値が始値よりも下げて終わる陰線とは反対に、始値よりも終値が上げて終わった場合はローソクの中を塗りつぶさずに、「陽線(ようせん)」として表します。

陰線と陽線で見分ける外国為替市場の勢い

先にも触れたように、陽線と陰線では始値と終値の位置が逆になるため、ローソク足チャート上の陰線と陽線の並びによって。

仮に陽線のローソク足が連続すれば始値より終値が常に上にくるので、相場に勢いがあって買い手が多いことをあらわす右肩上がりのチャートを形成します。反対に陰線のローソク足が続くようであれば、終値は終値の下にくるので、相場の勢いがなく売り手が多いことをあらわす右肩下がりのチャートを形成します。

ローソク足チャートを活かした取引タイミングとはどのようなものか

ここまで見てきたように、ローソク足チャートを上手に活用すれば、外国為替市場のトレンドをかなりの精度で把握することができます。実際にローソク足チャートを活かして取引をはじめるためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

ローソク足の状態変化に注目する

ローソク足チャートを取引に活かすためには、ローソク足チャートの状態変化に注目することが欠かせません。

トレンドの入れ替わりのタイミングはローソク足チャートを見れば明らかであり、そのタイミングでポジションの整理をおこなうことで、安定した取引が期待できます。

日足・週足・月足で為替レートのトレンドを把握する

ローソク足チャートの状態変化を把握するためには、一定期間の複数のローソク足チャートを見る必要があります。

ローソク足や四本値から導きだされる「ヒゲ」の長短によって外国為替市場のトレンドを把握することで、単独のローソク足を見るよりもローソク足チャートを見ることで、より確実にトレンドを把握することが期待できます。

ローソク足チャートからはじめる「テクニカル分析」

このように、ローソク足チャートを取引に取り入れるためには、チャートから外国為替市場のトレンドを読み解いて予測する必要がありますが、これはまさしく初歩の「テクニカル分析」と言えるものです。

ローソク足はテクニカル分析に必要な「テクニカル指標」の1つであり、ローソク足と他のテクニカル指標を組み合わせることでより精度の高い予測ができます。

おわりに

チャートを読み解くのに重要な手がかりの1つであるローソク足は、基本的なテクニカル指標の1つであり、他のテクニカル指標と組み合わせることでより精度の高いテクニカル分析ができるようになります。

数あるテクニカル指標の中でももっとも基本的なローソク足をマスターすることで、より確実に精度の高いテクニカル分析をはじめる足がかりとしましょう。

このコラムに関連する記事

TOP