ベネズエラの債務不履行(デフォルト)とFX・外国為替の影響

ベネズエラの債務不履行(デフォルト)とFX・外国為替の影響

政情不安定が続く南米・ベネズエラで、債務不履行(デフォルト)の懸念が高まり、世界から注目を集めています。

南米の小国であるベネズエラのデフォルトは大きな影響はないように見えますが、意外な点からFX・外国為替はもちろん、世界経済に影響する可能性は小さくありません。

なぜベネズエラはデフォルト寸前の状態にあり、FX・外国為替や世界経済に影響する可能性があるのでしょうか。その原因を探ってみましょう。

チャベス政権下で独裁と不安定化が進んだベネズエラ

1960年代から二大政党による民主的な政治体制を維持していたベネズエラですが、貧困問題に対して効果的な政策が実施されなかった国民の不満が高まりを背景に1999年の大統領選挙でウゴ・ラファエル・チャベス・フリーアス(ウゴ・チャベス)氏が大統領に当選します。

チャベス大統領は二大政党幹部の政治・司法の私物化と汚職が国内の貧困と犯罪増加の原因であると断定、これを取り除くために抜本的な「政治改革」に着手しました。

「21世紀の社会主義」建設を目指したチャベス政権

発足当初は不安定だったチャベス政権ですが、ベネズエラ石油公社(Petróleos de Venezuela, S.A = PDVSA)の掌握により経済の国家管理と貧困層への支援活動を進めて支持基盤を整え、安定政権に移行します。体制強化を進めたチャベス大統領は「21世紀の社会主義」建設をかかげ、その政権運営は徐々に独裁色を強めていきます。

チャベス大統領死去とマドゥーロ政権による継承

チャベス大統領は2013年に病没しますが、チャベス大統領の右腕であったニコラス・マドゥロ・モロス(ニコラス・マドゥーロ)氏が大統領選挙で勝利、マドゥ-ロ政権が発足しました。

マドゥーロ政権はチャベス路線を引き継いで議会と激しく対立していますが、国際的な原油価格低下と価格統制の失敗が原因のインフレ悪化により急速に政情不安定におちいりつつあります。

政情不安定が進んでいることの象徴と言える事件として大きく報じられたのが、議会の立法権を最高裁判所が行使するという判断とその撤回です。

この判断は前回(2015年)総選挙で不正をした議員がいることを理由に「議会の手続きは無効」として議会手続きを無効化、権力をマドゥーロ政権のコントロール下にある裁判所に集中させるものでした。

しかし国内外からの批判の集中や野党勢力によるデモ呼びかけを受けてマドゥーロ政権は「制度の安定と権力のバランスを保つため」に判断見直しの勧告、裁判所は直ちに判断を撤回しています。

国内政治の混乱と債務不履行(デフォルト)危機

このように政情不安定が報じられるベネズエラですが、反映するように国債の取引価格は暴落しています。

発行規模40億ドルの指標となる国債(償還期限2027年9月、表面利率9.25%)の価格は、ドル換算で0.035ドル超安い0.464ドル前後へと下落。利回りは23%近くまで上昇しました。これは昨年8月以来の高水準であり、1日の上昇幅としては昨年10月以来の大きさです。

ベネズエラは4月に政府や国営石油会社の債券の償還などで30億ドルの支払いが必要であり、その後にも10月・11月と大きな支払いが控えています。

支払い能力には問題ないとする立場を崩していないベネズエラですが、その支払い能力を疑問視する声は根強く、債務不履行(デフォルト)の懸念は拭いきれていません。

ベネズエラのデフォルトは外国為替にどう影響する?

仮にベネズエラが債務不履行(デフォルト)を宣言すると、その影響はどうなると考えられているのでしょうか。

ベネズエラは世界各国からインフラ整備を目的とした巨額の融資を受けていますが、2016年末の時点でこの融資の返済がとどこおりつつあり、今回の債券償還の支払いが不安視される大きな原因となっています。

特に巨額の融資をしている国は中国であり、ベネズエラがデフォルトを宣言すれば、中国経済への影響が無視できないものになる心配があります。中国は急激な経済成長にともなう様々な問題を解決するために「新常態(ニューノーマル)」と名付けた安定成長を目指していますが、デフォルトの影響が広がればニューノーマルの実現に影響するかもしれません。

仮にベネズエラのデフォルトが中国経済に悪影響を及ぼすようなことになれば、リスク回避を目的とする円高が進む可能性があります。

おわりに

グローバル化による一体化が進んだ国際金融では、思わぬ原因によって発生する世界規模のリスクは決して無視できるものではありません。

ベネズエラのデフォルトの可能性は決して小さいものではなく、影響がどれだけ広がるかも未知数です。

新聞・テレビではニュースの扱いが小さいベネズエラの国内情勢ですが、その動向は大きく影響する可能性もあるため、要注目と言えるでしょう。

参考サイト

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP