異次元緩和を支える「マイナス金利政策」と為替への影響

異次元緩和を支える「マイナス金利政策」と為替への影響

2016年1月に開催された金融政策決定会合で、日本銀行(日銀)は「量的・質的金融緩和(異次元の金融緩和)」を保管する金融政策として「マイナス金利政策」の導入を決定しました。耳慣れないマイナス金利政策とは、どのような政策なのでしょうか。

今回は、マイナス金利政策はどのようなものであり、為替にどのように影響するのかを見てみましょう。

非伝統的金融政策の1つである「マイナス金利政策」とは

名目金利をマイナスに設定する「マイナス金利政策」

マイナス金利政策とは、経済を刺激することを目的に、中央銀行が名目金利をゼロ以下に設定する「非伝統的金融政策」の1つです。

マイナス金利政策と似たような低金利政策として、「ゼロ金利政策」が知られていますが、マイナス金利政策は名目金利をゼロ未満にするという点でゼロ金利政策と異なる性格を持っています。

マイナス金利政策は流動性を高めることを狙う

通常の金利政策では、民間銀行は中央銀行に準備預金として預ける当座預金のうち、法定額を超過した部分(超過準備)に対して利息を受け取るケースがあります。マイナス金利政策では、中央銀行の当座預金の超過準備に対して民間銀行は中央銀行に利息を支払う必要があります。これにより貸し出しの増加や通貨安への圧力をかけることを目的としています。

マイナス金利政策は流動性を高める効果が期待できる反面、民間銀行の収益性を損ない、投資家の過剰なリスクを招いて国内金融の不安定化リスクの原因になるとも言われています。

日本銀行(日銀)の導入したマイナス金利政策の内容

当座預金を3階層に分割して一部にマイナス金利を付与する

日本銀行が導入したマイナス金利政策は、日本銀行が取引先の金融機関等から受け入れている当座預金(日本銀行当座預金)を、基礎残高とマクロ加算残高、政策金利残高の3段階の階層構造に分割したうえで、階層に応じてプラス金利(基礎残高)・ゼロ金利(マクロ加算残高)・マイナス金利(政策金利残高)を適用する政策です。

1.3段階の階層構造

(1)基礎残高(+0.1%を適用)

「量的・質的金融緩和」のもとで各金融機関が積み上げた既往の残高については、従来の扱いを維持する。具体的には、各金融機関の日本銀行当座預金残高のうち、2015 年1月から12 月積み期間(基準期間)における平均残高までの部分を、既往の残高に対応する部分として、+0.1%を適用する。

(2)マクロ加算残高(ゼロ%を適用)

以下の合計額にはゼロ%を適用する。

  1. 所要準備額に相当する残高
  2. 金融機関が貸出支援基金および被災地金融機関支援オペにより資金供給を受けている場合には、その残高に対応する金額
  3. 日本銀行当座預金残高がマクロ的に増加することを勘案して、適宜のタイミングで、マクロ加算額((1)の基礎残高に掛目を掛けて算出)を加算していく。

(3)政策金利残高(▲0.1%を適用)

各金融機関の当座預金残高のうち、(1)と(2)を上回る部分に、▲0.1%のマイナス金利を適用する。

2.現金保有額が大きく増加した場合の取り扱い

金融機関の現金保有によってマイナス金利の効果が減殺されることを防止する観点から、金融機関の現金保有額が基準期間から大きく増加した場合には、その増加額を、(2)のマクロ加算残高(それを上回る場合には、(1)の基礎残高)から控除する。

引用:日本銀行当座預金のマイナス金利適用スキーム

マイナス金利政策と為替・FXへの影響

一般的には通貨安を招くマイナス金利政策

中央銀行が金融緩和を実施することは、一般的に通貨の下落材料となります。現在の量的・質的金融緩和や、導入が決定されたマイナス金利政策のような非伝統的金融政策が必要とされる状況下では、通貨安を招く要因になります。

海外要因で円高傾向となった米ドル/日本円

マイナス金利政策の発表後の外国為替市場はどのような動向を見せたのでしょうか。発表後の米ドル/日本円は、一旦円安に振れましたが、そのあと円高となり、マイナス金利政策の導入発表から、わずか2週間で1ドル = 110円台前半まで円高が進みました。

円安が進まなかった要因として、中国経済の不安や原油安への警戒、アメリカの各種経済指標が冴えないことなど、海外発の逆風がマイナス金利政策の効果を上回るほど強いことが考えられます。

おわりに

これまでの「異次元の金融緩和」として導入された量的・質的金融緩和の追加政策として導入されたマイナス金利政策は、非伝統的金融政策であり、その効果や影響は未知数です。

今後の外国為替市場にも影響することは十分に考えられるため、今後の為替には要注目と言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP