日欧経済連携協定(EPA)大枠合意。ほか2017年7月第2週のトピック

日欧経済連携協定(EPA)大枠合意。ほか2017年7月第2週のトピック

日欧経済連携協定(EPA)大枠合意。ほか前週の主なトピック

【イギリス】三井住友FG、ドイツ・フランクフルトに新拠点

7月3日、三井住友フィナンシャルグループ(FG)は、2019年3月をめどに、ドイツ・フランクフルトに新たな拠点を設けると発表しました。現在はイギリス・ロンドンの現地法人が取得した認可で営業していますが、イギリスのEU離脱(ブレグジット)により認可が失効する可能性を踏まえた措置です。

【北朝鮮】北朝鮮、大陸間弾道弾(ICBM)の開発・配備を宣言

7月4日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が弾道ミサイルの発射実験を実施、発射されたミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)に落下しました。発射後の声明で、今回の発射実験で北朝鮮初の大陸間弾道弾(ICBM)「火星14」の開発に成功したと発表しています。

【日本】日欧経済連携協定(EPA)、大枠合意

7月5日、日本と欧州連合(EU)の間で進められていた経済連携協定(EPA)の大枠合意が成立しました。正式に発効すれば国内総生産(GDP)比で約3割を占める巨大経済圏が誕生することとなり、アメリカの離脱により危ぶまれている環太平洋経済連携協定(TPP)発効の強力な後押しになることが期待されます。

【アメリカ】6月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨発表

7月5日、6月13・14日に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表されました。参加者からは軟調なインフレ指標を不安視する声があがったものの、イエレンFRB議長は年内1回、来年3回の利上げ実施の見通しを維持しています。

【世界】G20サミット閉幕、アメリカの孤立が鮮明に

7月7日・8日の2日間の日程でドイツ・ハンブルクで20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開催され、採択された首脳宣言では貿易問題を「保護主義との闘い」が強調されました。

もう一方の焦点とされた環境問題では、「パリ協定から脱退するアメリカの決定に留意する」ものの、「その他のG20構成国の首脳は、パリ協定が不可逆である旨表明する」従来の声明よりも後退した内容となり、パリ協定を離脱したアメリカに配慮しつつも、孤立が明らかとなるものとなりました。

2017年7月第2週の主なトピック

  • 7月11日…【日本】閉会中審査。加計学園(かけがくえん)の許認可問題の集中審査
  • 7月11日…【日本】改正組織犯罪処罰法施行
  • 7月12日…【アメリカ】イエレンFRB議長下院証言(半期金融政策報告)
  • 7月12日…【世界】環太平洋経済連携協定(TPP)首席交渉官会合
  • 7月13日…【アメリカ】イエレンFRB議長上院証言(半期金融政策報告)

7月第1週発表の経済指標の結果

【アメリカ】

  • 7月3日…ISM製造業景況指数:結果:57.8 予想:55.2 前回:54.9
  • 7月6日…連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
  • 7月6日…ISM・非製造業景況指数:結果:57.4 予想:56.5 前回:56.9
  • 7月7日…雇用統計(失業率):結果:4.4% 予想:4.3% 前回:4.3%
  • 7月7日…雇用統計(非農業部門雇用者数変化):結果:22.2万人 予想:17.8万人 前回:13.8万人

【カナダ】

  • 7月7日…失業率:結果:6.5% 予想:6.6% 前回:6.6%
  • 7月7日…新規雇用者数:結果:4.53万人 予想:1万人 前回:5.45万人

2017年7月第2週発表の注目経済指標

【アメリカ】

  • 7月12日…地区連銀景況報告(ベージュブック)
  • 7月14日21:30…前月比・前年同月比消費者物価指数(CPI・コアCPI)
  • 7月14日21:30…小売売上高(含自動車・除自動車)

【カナダ】

  • 7月12日23:00…カナダ銀行政策金利発表

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP