中国株式と人民元の急落は中国経済にどのような影響を与えるか

中国市場_急落_アイキャッチ

仕事始めとなる4日の東京証券取引所の株価は、隣国の中国株式の急落と、2度に渡る「サーキットブレーカー」の発動を受けて大きく下落し、前年終値と比べると582円安い1万8450円98銭で取引を終えました。

なぜここまで大きな影響が出たのでしょうか。今回は他の主要国に比べると独特な仕組みである中国の株式市場と、中国経済の今後の見通しについて見てみましょう。

独特な中国株式市場の構造

年初早々に急落した中国株式市場ですが、その取引市場の仕組みは他の主要国の株式市場にはない独特なものとして知られています。

取引主体によって分かれる「香港市場」と「本土市場」

中国の株式市場は外国人投資家が取引の主体となる「香港(ホンコン)市場」と、中国人投資家が取引の中心となる「本土市場」に分けられます。

さらに本土市場も「上海(シャンハイ)市場」と「深セン(シンセン)市場」に分かれて、どちらの株式市場にも株式も原則として外国人投資家が取引できない「A株」と、外国人投資家に解放されている「B株」がある複雑な仕組みです。

このような複雑な仕組みを簡略化することを目的に、A株・B株の統合が検討されていると伝えられています。

導入されたサーキットブレーカーとはなにか

大きな変革を遂げようとしている中国の株式市場ですが、2015年夏の株価急落を受けて導入された仕組みに、「サーキットブレーカー」があります。

サーキットブレーカーとは本来、各種有価証券・商品・指数などの「先物取引」の取引価格が急変したときに、全ての取引を中断する仕組みです。

中国で導入されたものはこれと異なる独自の仕組みを採用していて、「CSI300指数」の変動幅が前営業日終値比で5%上下で15分間、7%上下でその日の取引を停止するものであり、先物取引だけではなく市場で取引されている全ての金融商品が対象となるため、影響が及ぶ範囲はより広範囲となっています。

どうなる?今後の中国経済と株式・為替

昨年夏の株価急落以降、先行きに明るいものが見えない中国経済ですが、その先行きはどうなると言われているのでしょうか。

直近の最も大きなリスクとして市場関係者に指摘されているのが、株価対策として昨年夏に中国当局が国有企業などに指示した「保有株式の半年間の売却禁止」が、今月に期限を迎えることです。

これにより多くの株式を保有する国有企業が株式の評価損を埋め合わせるため、保有する株式を売却するとの予測もあり、さらなる株価下落のリスクが指摘されています。

この他にも、弱い経済指標や、外国為替市場での人民元安の加速など、一見順調に見える中国経済にも、大小さまざまなリスク要因が潜んでいます。

1970年代末に行われた「改革開放」路線の実施以降、中国経済は現在まで明確に「恐慌」と認識される経済危機から他の主要国ほど大きなダメージを受けることなく安定した経済成長を続けてきました。

しかし他の主要国に似た経済システムの導入を進めているため、これからも今までのように安定して高い経済成長を維持できるかは疑わしい状況にあります。

既に外国為替市場での人民元は他の通貨に対して弱い状況が続き、対ドルに対して4年半ぶりの安値を記録するなど、市場関係者は中国経済の先行きにあまり明るい見通しを持っているわけではなさそうです。

おわりに

中国の金融システムは通貨の価値を高く保つために独自の仕組みを導入していることから、公平性や透明性はそれほど高いとは言えません。

国際社会の参加にともなう市場改革と、経済成長の負の部分の解消という2つの課題を解消する必要に迫られていることも含めると、中国人民元に投資するときには、これまで以上に慎重になる必要がありそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP