注目を集める仮想通貨。その全容を徹底解剖!

注目を集める仮想通貨。その全容を徹底解剖!

大手IT企業や銀行の参入がテレビなどで報道されるなど、2017年に入ってから「仮想通貨」が注目を集めています。代表的な仮想通貨「ビットコイン」は、その話題を見聞きしない日はありません。

話題の仮想通貨ですが、その詳しい仕組みや取引の方法まで知っている方は、まだ少ないのではないでしょうか。今回は、注目を集める仮想通貨の仕組みや、取引のメリット・デメリットを見てみましょう。

これまでの通貨に替わる「仮想通貨」とは?

仮想通貨とは、主にインターネット上で流通している実体のない通貨。従来の通貨と同じように、通貨として商品やサービスの購入の支払いに利用することを目的として開発されましたが、もっぱら資産運用の対象として注目されています。

米ドルやユーロ、日本円など、普段使っている通貨は「法定通貨」に分類されます。法定通貨は政府や中央銀行が発行し、管理することで"お金"としての価値が保証され、取引されてきました。

これに対して仮想通貨は、インターネット上に接続している無数のコンピューターにデータを分散して記録・管理することで通貨としての価値が保証されるので、国や銀行の政策の影響を受けにくいという特徴があります。

国や地域、組織によって仮想通貨の扱いは異なります。欧米の中央銀行では一般の人にも電子マネーや電子的な取引に使えるものとして価値を認める動きがありますが、司法機関や新興国では無価値あるいは取引禁止の対象となっています。

日本では2016年(平成28年)に新資金決済法が成立し、決済手段としての価値が法律上で認められています。また、メガバンクや証券会社などが積極的に参入するなど、諸外国とは異なる傾向が見られます。

ビットコインは「暗号通貨」という仮想通貨の一種

「仮想通貨」は幅広い概念を含む言葉であり、一般に仮想通貨として取り上げられているのは、「暗号通貨」であることがほとんどです。

暗号通貨とは、暗号理論を用いて取引の安全性や新たな発行をコントロールする、仮想通貨の一種です。現在では数百種類が存在すると言われる暗号通貨ですが、その多くは2009年(平成21年)に登場したビットコインの発展系か、亜流のシステムを採用しています。

ビットコイン

ビットコインはサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto) を名乗る人物が投稿した論文に基づき、2009年に運用が開始されました。

ビットコインシステムはP2P型のネットワークにより運営され、ビットコインの所有権移転・取引(トランザクション)はユーザー間で直接おこなわれます。トランザクションではノードやブロックチェーンと呼ばれる技術が活用され、高い匿名性と確実な取引記録の保管を両立しています。

ビットコインは最初の暗号通貨とされることもありますが、ビットコイン以前にも暗号通貨は流通していたため、正しくははじめて普及した暗号通貨と言えます。

仮想通貨のメリット・デメリット

従来の法的通貨と異なる仕組みにもとづいて運用されている仮想通貨の取引は、外貨預金や外国為替証拠金取引(FX)とは異なるメリット・デメリットがあります。仮想通貨を取引するメリット・デメリットを見てみましょう。

仮想通貨取引のメリットは?

  1. 1.暗号理論を活用した高い匿名性

    仮想通貨で取引するメリットとして注目されるのが、高い匿名性です。暗号理論を用いて取引の安全性の確保と発行をコントロールすることから、法定通貨と比べても匿名性が高いと言われています。

  2. 2.資産運用の対象として魅力的

    通貨として発明された仮想通貨ですが、現時点では決済手段として利用できる場面はごく限られていて、通貨としてより資産運用の対象として注目を集めています。取引参加者が限られていることや注目を集めていることからビットコインのレートは高騰気味であり、2017年に入ってから1ビットコイン(BTC)が20万円から40万円で推移するなど、その価格変動の幅(ボラティリティ)は極めて高くなっています。

仮想通貨取引のデメリットは?

  1. 1.匿名性の高さがリスクにもなる仮想通貨

    その匿名性の高さから、法定通貨に替わる貨幣制度として注目を集めています。しかし資金洗浄(マネーロンダリング)などの犯罪に使われる危険性や従来の貨幣制度との整合性など、貨幣制度としてのさまざまな問題点が指摘されています。

  2. 2.通貨として使える場面が限られている

    訪日客の多い家電量販店や免税店を中心に、日常生活でも仮想通貨を使える場面は徐々に増えてきています。しかし、対応しているのがビットコインに限られ、ビットコインのレートが安定していないことから、通貨として使える場面はまだまだ限られています。

  3. 3.値動きの幅(ボラティリティ)が大きすぎる

    通貨としてではなく資産運用の対象として注目を集めるビットコインなどの仮想通貨の値動きは、これまでになく激しくなっています。

    2017年に限っても、ビットコインの取引価格は1ビットコイン(BTC)あたり20万円から50万円の間で上下していて、1カ月単位でも10万円単位の値動きが続くなど、ボラティリティが極めて大きい状態が続いています。現状では、通貨としてよりも資産運用や投機としての対象としての側面が強く、資金に余裕がなければ、積極的に投資をするメリットのない資産と言えます。

仮想通貨の取引はハイリスク・ハイリターン

匿名性の高さがメリット・デメリットの原因である仮想通貨ですが、現時点では資産運用の対象という面が強く、極端な値動きが続いています。

ビットコインの値動きを見てみると、2013年から2014年にかけて1BTCが1千円前後から3万円前後まで急騰、2017年に入ると再び急騰して1BTCが30万円から60万円と、大きな値幅で取引されています。

保管は専用のウォレット(財布)

実物が存在しない仮想通貨は、全ての取引が「ブロックチェーン」と呼ばれるインターネット上の台帳に記録され、このブロックチェーンに記録される取引記録が仮想通貨の所有権を主張する唯一の方法です。

保有する仮想通貨は個別に暗号が発行され、仮想通貨の取引はこの暗号のやり取りでおこなわれます。暗号の集合体は「ウォレット(財布)」と呼ばれる集合体としてあつかわれ、ウォレット間のやり取りが取引として把握されています。

仮想通貨の入手方法

注目を集める仮想通貨ですが、その入手方法にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的な入手方法を見てみましょう。

取引所・販売所で購入

もっとも一般的な入手方法として知られているのが、仮想通貨の取引所・販売所で入手することです。海外の取引所も国内の取引所と同様の取引ができますが、サポートや使い勝手の面で劣る部分が多く、仮想通貨の取引がはじめてであれば国内の取引所が第一の選択肢となります。国内のメジャーな取引所・販売所と、その特徴を見てみましょう。

bitbank(ビットバンク)

Bitbanktrade/BitbankCC(ビットバンク株式会社)

「bitbank」ブランドで提供されている仮想通貨取引所は「ビットバンクトレード」と「ビットバンクCC」があります。ビットバンクCCは通常の仮想通貨取引所として運営されていますが、ビットコイントレードはレバレッジ20倍を上限とする「ビットコインFXトレード」を提供しているのが特徴です。

» bitbank(ビットバンク)の公式サイトはこちら

みんなのビットコイン

capture-minnano-bitcoin

FXサービス「みんなのFX」を提供するトレイダーズホールディングスが提供する仮想通貨取引所が「みんなのビットコイン」です。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱うみんなのビットコインでは、FXサービスを提供している経験をいかして、現物取引のほかにより高い利益を狙えるレバレッジ取引を提供しているのが特徴です。

» みんなのビットコインの公式サイトはこちら

BitTrade(ビットトレード)

capture-bittrade

BitTrade(ビットトレード)は、メールアドレスだけでアカウント作成ができるのが魅力の、FXトレード・フィナンシャル(FXTF)の関係会社です。5種類の仮想通貨の取り扱いがあり、ビットコインなら最小取引単位は0.01ビットコインからと少額なので、まとまった資金が用意できなくても、比較的手軽に取引をはじめられる仮想通貨取引所の一つです。

» BitTrade(ビットトレード)の公式サイトはこちら

GMOコイン

capture-gmo-coin

GMOインターネットグループのが運営する仮想通貨取引所が「GMOコイン」です。各種手数料は無料で、現物取引以外にも証拠金取引(レバレッジ取引)ができるのが特徴。注文単位も0.01BTCからと少額での取引に対応しているので、低リスクではじめられるのが特徴です。

» GMOコインの公式サイトはこちら

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

capture-quoinex

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁登録仮想通貨交換事業者第1号の、世界最大級の取引所の一つです。取り扱いのある仮想通貨はビットコインとビットコインキャッシュ、イーサリアムに限られます(2017年11月時点)が、各国通貨での取引に対応しているため、取引の選択肢が多いのが特徴です。

» QUOINEX(コインエクスチェンジ) の公式サイトはこちら

Zaif(テックビュー株式会社)

Zaif(テックビュー株式会社)

「Zaif」は仮想通貨の代表格「bitcoin(ビットコイン)/BTC」をはじめ、ビットコインに替わる仮想通貨(アルトコイン)の「NEM(ネム)/XEM」や、日本産の暗号通貨「モナコイン」を取りあつかう取引所です。売買や決済サービス、コイン積立など取引所としての基本機能はもちろん、次々と新機能を追加する、注目の取引所です。

Bitflyer(株式会社bitFlyer)

Bitflyer(株式会社bitFlyer)

国内最大級の仮想通貨取引所である「Bitflyer」は、ビットコインを中心とする仮想通貨取引所であり、ビットコインに関するさまざまなコラムや情報発信が充実しているなど、取引所の中でもビットコインの普及に力を入れている取引所です。ビットコイン以外にもアルトコインの取り扱いもあるので、メインの仮想通貨取引所としても利用できます。

Coincheck(コインチェック株式会社)

Coincheck(コインチェック株式会社)

Bitflyerと並ぶ国内最大手の仮想通貨取引所であり、豊富なアルトコインの取り扱いが特徴です。取り扱いのあるアルトコインは、「Lisk」や「Factom」、「Monero」など12種類に及び、ビットコイン以外の取引を考えているのであれば魅力的な選択肢の一つと言えます。

BTC BOX(BTCボックス株式会社)

BTC BOX(BTCボックス株式会社)

仮想通貨取引所「BTC BOX」は、ビットコインを中心にシンプルな取引システムを採用しているのが特徴です。BTC BOX独自のサービスや仕組みはないものの、基本的な取引をする分には不自由しないサービスを提供しています。

OTC取引(相対取引)で購入

仮想通貨の取引は取引所での取引が中心ですが、仮想通貨の保有者間での取引(相対取引)もできます。相対取引では取引所取引とは異なり、仮想通貨の利用者間で直接取引をするため、取引相手を見つけられれば確実に取引ができる方法です。

マイニングで手に入れる

仮想通貨はブロックチェーンにより取引の全てを記録することで整合性を確保していますが、その整合作業には膨大な計算をこなすコンピューターが必要です。

仮想通貨はこの整合作業に有志のコンピューターを活用し、提供されたコンピューターの能力に応じて仮想通貨を見返りとして渡しています。この一連の流れが「マイニング」です。マイニングは提供するコンピューターの計算能力が高いほど見返りの量が多くなるため、専用のコンピューターを組むマイニング専門の会社も存在しています

ビットコインの投資手法

資産運用の対象として注目を集める仮想通貨ですが、どのような投資手法が適切なのでしょうか。ビットコインを例にとり、短期・長期それぞれを見てみましょう。

激しい値動きがリスクになっている短期投資

2017年に入ってにわかに注目を集めていることから、一般に流通する通貨との交換レートはこれまで以上に値動きが激しくなっています。ポジティブ・ネガティブなニュースに反応して急激な値動きが続いているため、短期投資のリスクは他の金融商品の投資とくらべても、低いとはいえない状況にあります。

今後の普及がカギを握る長期投資

2017年に入ってから急騰が続いている仮想通貨ですが、まだまだ一般に浸透しているとは言えない仕組みです。海外では決済手段としての普及が進み、国内でも家電量販店や免税店など訪日外国人向けにビットコイン決済の導入がはじまっています。これらのことから考えると、ビットコインを中心とする仮想通貨は、長期的に値上がりが期待できると言えそうです。

一般への普及が左右する?ビットコインの将来性

ニュースなどで目にしない日はない仮想通貨ですが、実際に取引している人はごく一部の新しもの好きな人々に限られています。今後の仮想通貨が普及するかは、一部の人々が利用するものではなく、より広く普及するかが大きなカギになるといえるでしょう。

おわりに

新たな投資として注目を集めている仮想通貨。通貨を名乗っているものの現時点では通貨としてよりも資産運用の対象として注目を集めています。しかし、仕組みとして未整備な部分も多いことからトラブルも多く、安全な取引のためには正しい知識と余裕のある取引が欠かせません。この記事が仮想通貨の取引の支えになれば幸いです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP