VISTA諸国として経済成長が期待される「トルコリラ(TRY)」

トルコリラ_アイキャッチ

日本と関係が深いと言われている中東・トルコは、国際的には今後の経済成長が期待されるVISTA諸国の1国として知られています。

そのトルコが発行する通貨トルコリラは、典型的なマイナーカレンシーとして扱われる通貨です。

今回は、経済成長の著しいトルコ経済の概要と、トルコリラの特徴を見てみましょう。

農業と商工業で成り立つトルコ経済

トルコ経済を支える産業は、伝統的な農業と近代化が進む商工業の2本柱でなりたっています。最初にそれぞれの特徴をに見てみましょう。

格差がひろがるトルコの農産業

農業は現在でもトルコの国内総生産(GDP)の約15%、全就業者の約40%を占める産業ですが、GDPと就業者のバランスからも分かるように、トルコの農業は旧来の「貧しい農村」が主役の農業構造が残っています。

もともと広大な耕地面積を持つトルコでは、安全保障に不可欠との観点から一部嗜好品を除いて食糧の完全自給していました。しかし急激な人口増加と一部農地の荒廃、遅れた農地制度改革により完全自給は崩れ、食品輸入を余儀なくされています。

農地改革が遅れから非効率なトルコの農業ですが、大地主の所有する大農場では、先進諸国並みの効率的な農業がおこなわれています。このような農場で働く人は農民というよりもむしろ会社員に近く、農業従事者を単純に貧困者とは言えません。

貧困に直面しているのは農業従事者の中でも小規模農家が主であり、大規模農場との価格競争などの要因により、1990年代後半から購買力平価ベースでは実質所得の下落が続いています。

小規模農家の収入の低迷は出稼ぎによる人口流出と農地の荒廃を招き、出稼ぎ労働者が流入するヨーロッパ諸国とのトラブルの原因となっています。

一部地域で近代化が進められるトルコの商工業

商工業に注目すると、もっぱら繊維・衣類の輸出大国として知られていますが、近年は海外の大手自動車メーカーとの合弁事業を中心に、重工業の振興が図られています。

工業化が進んでいるのは、トルコ経済に大きな影響力を及ぼす北西部のマルマラ海沿岸地域に限られ、それ以外の地域では観光収入の多い地域や首都周辺の大都市圏を除くと、農業の占める比重が大きくなります。

成長期待とリスクが同時にあるトルコリラ

トルコはVISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン = Vietnam, Indonesia, South Africa, Turkey and Argentina)のうちの一国として知られ、ボスポラス海峡を結ぶ海底トンネルの掘削事業「マルマライ」をはじめ、各種インフラ整備など、経済成長に欠かせない大規模投資に積極的です。

トルコの発行する通貨トルコリラ(TRY)にはどのような特徴があるのでしょうか。1990年代に入ってからのトルコ経済と合わせて、トルコリラの特徴を見てみましょう。

恐慌寸前にまでおちいった経済とその立て直し

現在は比較的順調な経済成長を続けているトルコですが、2000年代までは巨額の債務と急激なインフレにより、経済的には困窮している国として知られていました。

インフレ抑制に失敗したことで2000年末に金融危機を引き起こし、通貨トルコリラの下落から国内消費が急激に落ち込み、変動相場制への移行をおこなった2001年にはトルコリラは対ドルで暴落、実質GNP成長率はマイナス9.4%を記録します。

しかし2002年末に成立した公正発展党の単独政権による各種経済政策が功奏してインフレの沈静化と安定成長を実現、今後の経済成長が期待されています。

リスクの高さが目立つトルコリラ(TRY)

VISTA諸国の1国として高い成長期待を集めるトルコとトルコリラですが、実際の取引ではどのような点に注意が必要なのでしょうか。

トルコリラの魅力は高金利によるスワップポイントですが、外国為替市場での取引高は低く、特に流動性に欠ける「エキゾチックカレンシー」として知られています。

流動性の低さからスプレッドやスリッページが大きいのはもちろん、トルコリラ高・トルコリラ安のどちらかに振れると値動きが極端になりやすいという欠点は無視できません。

実際に2008年の世界金融危機のときには、トルコリラ/円(TRY/JPY)で8%の下落を記録。昨今では地理的な条件からテロが頻発しているのも大きな不安材料と言えるでしょう。

トルコリラ/日本円(TRY/JPY)を低スプレッドで提供しているFXサービス

lion-fx LION FX(ヒロセ通商)TRY/JPYスプレッド…4.9銭
トライオートFX トライオートFX(インヴァスト証券)TRY/JPYスプレッド…5.5銭
楽天FX(楽天証券) 楽天FX(楽天証券)TRY/JPYスプレッド…6.8銭

おわりに

高いスワップポイントが期待できることから人気を集めているトルコリラですが、その取引には米ドルやユーロ、英ポンドとは異なるリスクが存在します。

リスクを把握した上での取引をおこなうことが、安定した取引の実現には欠かせないポイントと言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP