経済大国として基軸通貨入りを目指す中国の「人民元(CNY)」

経済大国として基軸通貨入りを目指す中国の「人民元(CNY)」

世界第2位の経済大国であり、その動向が世界に影響を与えるなど、中華人民共和国(中国)が世界経済に占めるウエートは年々重くなっています。

今回は世界第2位まで拡大した中国経済の概要と、謎めいた通貨「中国人民元」の特徴を見てみましょう。

改革開放と経済特区制度で大躍進を遂げた中国

現在の中国の発展のきっかけは、1980年代に導入された「改革開放」路線と「経済特区」制度による部分的な西欧化と言われています。「改革開放」と「経済特区」とは、どのようなものでしょうか。

建国以来の経済運営の失敗と改革開放路線への転換

1949年の建国から1970年代まで、中国経済は初代国家主席の毛沢東(もう・たくとう)の大躍進政策や文化大革命により低迷し、一時は国内で数千万人もの餓死者を出すほどの「失敗国家」として知られていました。

この状況を大きく転換させるきっかけが、1978年の第11期三中全会で採択された「改革開放」路線です。

改革開放路線では社会主義・計画経済を改めて社会主義・自由経済を目指すことを掲げ、国際化と経済成長の大きなきっかけとなりました。

改革開放路線の象徴「経済特区」と「農業改革」

改革開放路線の具体的な施策としては「経済特区」制度が有名ですが、その代表例が「農業改革」です。

農業改革では人民公社の解体と生産責任制の導入、郷鎮企業などの非農業活動を推奨など、さまざまな政策を導入・実施します。これにより1980年代を通して、農業および工業生産高は毎年10%前後の成長を記録する伸び率を記録。農村の実質所得が倍増して分厚い中間層が生まれたことで中国経済の急成長の原動力となりました。

米ドル・ユーロに次ぐ基軸通貨を目指す中国人民元

改革開放路線により急激な経済成長を成し遂げた中国は、現在では日本を抜いて世界第2位の経済規模を持つ国となりましたが、通貨「中国人民元」は外国為替市場では極めて存在感が薄い通貨です。

謎めいた通貨「中国人民元」の仕組みと特徴を見てみましょう。

独特な通貨制度を採用する中国人民元

2005年まで米ドルに対して固定相場制を導入していた人民元は、通貨制度改革の一環として通貨バスケットによる管理フロート制を導入、固定相場制から限定的な変動相場制(管理変動相場制)に移行しました。

これは「通貨バスケットを参考に調整する」管理相場制であり、為替レートは当局の判断で調整されます。そのため、完全な変動相場制と比べると不透明と言われている通貨バスケットよりもさらに不透明な仕組みです。

実際に2015年8月に人民元の切り下げを突然発表したことで、対米ドルレートで3%の下落を招くなど、外国為替市場での取引量が増加に合わせて不透明さがあらわになりつつあります。

進む外国為替市場での中国人民元の普及

主要5通貨との直接取引をはじめ、2015年には国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)への組み込みなど、段階を踏みながらそのシェアを徐々に拡大しつつありますが、中国人民元は外国為替市場では存在感・信頼感に乏しく、取引高は大きいとは言えません。

国内FXサービスでも中国人民元との通貨ペアを提供しているFXサービスは限られスプレッドもメジャーカレンシーと比べると大きいので、取引する魅力に乏しいのが現状です。

おわりに

世界最大の人口を抱える大消費地としての中国は魅力的な未開拓の市場であり、経済的に大きな注目を集めています。

現時点では中国人民元を取引するメリットは大きいとは言えないものの、今後の経済成長を考えれば、決して無視できる通貨ではありません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP