FXの基本!7つの主要通貨(メジャーカレンシー)の特徴とは

FXの基本!7つの主要通貨(メジャーカレンシー)の特徴とは

外国為替証拠金取引(FX)は、通貨の組み合わせ(通貨ペア)の取引で生じる「為替差益(キャピタルゲイン)」を狙う投資です。レバレッジと呼ばれる仕組みにより少ない資金でも大きな利益を期待できることから、注目を集めています。

FXで取引する通貨ペアは、ある国の通貨と別の国の通貨の組み合わせであり、その組み合わせの内容で通貨ペアごとにさまざまな特徴が生まれます。

今回は、通貨ペアの構成する通貨のうち、外国為替市場で活発に取引されている7つの通貨に注目して、通貨ごとの特徴を大まかに見てみます。

通貨の組み合わせである「通貨ペア」とその特徴

FXで取引の対象となる「通貨ペア」とは、ある国の通貨と別の国の通貨の組み合わせです。通貨ペアを表すときは「米ドル/日本円(USD/JPY)」や「ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)」のように、ペアにした通貨を同時に表記します。

米ドルとの取引量が大きく影響する

米ドルを含む通貨ペアはドルストレードと呼び、米ドル以外の組み合わせからなる通貨ペアの為替レートにも影響を与えることが珍しくありません。

そのため、外国為替以上の取引動向によっては、取引している通貨ペアよりも米ドルとの為替レートの動向に注目が集まることもあります。

取引量によって扱いが異なる

通貨ペア自体にはこのような特徴がありますが、通貨そのものには、どのような特徴があるのでしょうか。

通貨は外国為替市場でどれだけ活発に取引されているかを意味する流動性(リクイディティ)によって「メジャーカレンシー」と「マイナーカレンシー」の二つに分けられます。

現在の外国為替市場では、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)、英ポンド(GBR)、スイスフラン(CHF)の5通貨がメジャーカレンシーとされています。カナダドル(CAD)やオーストラリアドル(AUD)もメジャーカレンシーとして扱われることがありますが、他の5通貨と比べると取引量が少なく値動きが激しいことなどから、「マイナーカレンシー」として扱われることがほとんどです。

知っておきたい!通貨ごとの大まかな特徴

米ドルとの関係や通貨そのものの取引量など、通貨の性格を左右する要素はいくつかありますが、通貨自体の特徴も大きな要素と言えます。5つのメジャーカレンシーと2つのマイナーカレンシーの通貨としての特徴を見てみましょう。

基軸通貨として安定した地位を保つ「米ドル(USD)」

世界の政治・経済の中心であるアメリカが発行する通貨「米ドル(USD)」は、その経済力・軍事力は背景に、国際社会の「基軸通貨」としての地位を確立しています。

米ドルは外国為替取引の重要な部分を占めていて、主要通貨の為替レートにも影響を及ぼすため、外国為替市場では米ドルの動向は特に注目を集めます。

米ドルの動向に影響するのはアメリカ経済の動向であり、各種経済指標やアメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)や連邦公開市場委員会(FOMC)の内容は、特に注目されます。

第2の基軸通貨を狙うも問題続出な「ユーロ(EUR)」

欧州連合(EU)統合の象徴として1999年に誕生した欧州統一通貨「ユーロ(EUR)」は、外国為替市場では米ドルに次いで取引量が多く、その経済規模を背景に一時は米ドルに替わる基軸通貨になると目されていました。

しかし、2008年の世界金融危機やギリシャ債務危機を原因とする2010年欧州ソブリン危機により複数国が単一通貨を利用するリスクが表面化、その先行きが不安視されています。

通貨としてはユーロ導入国の経済状況の影響を受けるため、方向性が明確ではありませんが、EUの中心的役割を果たすドイツ・フランスの影響を比較的強く受ける傾向があるようです。

取引高3位でも存在感の薄い安全資産「日本円(JPY)」

世界第3位の経済大国である日本が発行する通貨「日本円(JPY)」は、ロンドン・ニューヨークと並ぶ外国為替市場である東京外国為替市場を抱えることなどから、メジャーカレンシーの1つに数えられています。

しかし国際貿易決済や外貨準備などで利用されることは珍しく、外国人投資家による取引の影響を受けやすいことや、「有事のときの安全資産」としての側面が強調されるなど、メジャーカレンシーの中でも独特の立ち位置で知られています。

金融立国として生き残りをはかる「英ポンド(GBP)」

かつての「日の沈まない帝国」イギリスの通貨「英ポンド(GBP)」は、20世紀初頭には基軸通貨の地位を占めていましたが、第2次世界大戦終結後のイギリス衰退とともに、その地位は大きく低下することとなりました。

1980年代のサッチャー政権下でおこなわれたビッグバンにより、ロンドン・シティを中心とする金融立国としての生き残り策が成果をあげ、英ポンドは世界第4位の取引量のメジャーカレンシーとして取引されています。

金融政策に注力していることから、英ポンドは先進国通貨としては値動きが荒いのが特徴であり、大きなイベントの前後ではFX会社から注意喚起のリリースが出されるほどリスクがある通貨として知られています。

安全資産として長い歴史を持つ「スイスフラン(CHF)」

永世中立を国是とするスイス連邦が発行する通貨「スイスフラン(CHF)」は、金利水準の低さや安定した為替レートにより、国際社会で戦争や有事など大きな緊張が生じたときに資金を避難させる「安全資産」として知られています。

外国為替市場での取引高は、メジャーカレンシーの中ではもっとも低いものの、中央銀行の積極的な介入姿勢や、「スイス銀行」の俗称で知られる顧客信用を第一とした金融業など、他のメジャーカレンシーにはないさまざまな特徴があります。

あわせて読みたい

基軸通貨の地位を維持する「米ドル(USD)」の特徴
第2の基軸通貨として期待される「ユーロ(EUR)」
取引高世界3位。主要通貨の一角「日本円(JPY)」
金融立国として生き残るを図るイギリスの「英ポンド(GBP)」

高いスワップポイントで大きな利益を狙える「マイナーカレンシー」

外国為替市場の取引の中心となるのはメジャーカレンシー同士の通貨ペアですが、新興国・資源国通貨も取引されています。新興国・資源国通貨は「マイナーカレンシー」と呼ばれ、値動きが激しいことや金利政策による高金利により高いスワップポイントを期待できることから、一部のトレーダーから根強い人気を集めています。

高金利で人気の高い「オーストラリアドル(AUD)」

オーストラリアは第2次世界大戦後までポンド通貨圏に属し、為替レートも基本的に英ポンドに連動していました。第2次世界対戦後の植民地独立の流れにより1966年に独自通貨「オーストラリアドル(AUD)」の発行に踏み切り、経済面での本格的な独立を果たします。

オーストラリアは主要国の1つに数えられますが、オーストラリアドルは外国為替市場ではマイナーカレンシーに数えられ、値動きが荒いのが特徴です。オーストラリアドルは高金利通貨の代表格、かつ「資源国通貨」として扱われ、外国為替市場の動向と並んで、商品市況に影響を受けやすいという特色があります。

アメリカと密接な関係がある「カナダドル(CAD)」

アメリカの隣国であるカナダが発行する通貨「カナダドル(CAD)」はマイナーカレンシーの1つですが、豊富な天然資源が産出することから、資源国通貨の代表格として知られています。

資源産業以外にもさまざまな産業があることやアメリカとの経済的な結びつきが強いことから、他の資源国通貨と比べると為替レートの値動きは安定しています。その反面、為替レートは米ドルに連動する傾向が強いという特徴があります。

あわせて読みたい

高金利が人気の資源国通貨「オーストラリアドル(AUD)」
資源国通貨として注目される主要通貨の「カナダドル(CAD)」

おわりに

このように通貨には国ごとにさまざまな特徴があり、安定した取引のためにはそれぞれの特徴を把握することが欠かせません。FXをはじめるときには、それぞれの通貨の特徴や有利・不利を理解した上で、余裕を持った取引を心がけることが大切です。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP