注目を集める仮想通貨のICO(新規仮想通貨公開)とは

注目を集める仮想通貨のICO(新規仮想通貨公開)とは

注目を集める仮想通貨ですが、その取引方法の1つに仮想通貨の発行権をやり取りする「ICO(新規仮想通貨公開)」があります。

極めて大きなリターンが期待できることから注目を集めているICOですが、トラブルも相次いでいることから本格的な規制導入も検討されていることはあまり知られていません。

今回は、注目を集めるICO投資の仕組みや、メリット・デメリットがどのようなものかを見てみましょう。

低コストで資金調達ができる「ICO(新規仮想通貨公開)」

資金調達の手段として注目を集めるICO

新規仮想通貨公開(ICO)とは、仮想通貨を活用した資金調達の手段です。株式の資金調達手段である新規株式公開(IPO)に似ていますが、ICOは証券会社など金融機関の仲介を必要としないため、コストを抑えて機動的に資金調達ができるのがメリットです。

仮想通貨や「トークン」を発行するICO

IPOと同じように資金調達の手段として活用されるICOは、企業が独自に発行する「トークン」や仮想通貨を不特定多数に直接販売する点でICOと大きく異なります。トークンには議決権や配当権といった株式に近い機能を持つものもあり、発行企業がトークンの権利関係を設定した上で販売しています。

ICOの要となる「トークン」

ICOの要となるトークンとは、本来は硬貨の代用(代用貨幣)として限定的に使用されるものであり、基本的に民間企業、団体あるいは個人により発行・使用され、一部のトークンは商品券および乗車券の役割を果たしていたものもありました。

ICOでは「代用貨幣」の意味が転じて、「1回限りのパスワード」や「電子的な引換券」として扱われています。

ICOで資金調達するメリット・デメリット

IPOと比べて資金調達のハードルが低い

ICOの最大の特徴として、IPOのように厳格な事前審査なしに企業が独自に発行した仮想通貨やトークンを販売することができるので、資金調達のハードルが比較的低いことがあげられます。

企業単位ではなく製品単位での募集となる

資金調達が容易になった反面、企業として評価されるIPOとは異なり、製品(プロダクト)単位での募集となるので、プロダクト単位で出資者に認めてもらう必要があります。

ICOで投資するメリット・デメリット

ICO投資のメリット

投資家がICO投資する最大のメリットは、成功すれば従来の投資手法に比べて極めて大きな収益を得られる可能性があることです。ICOで投資した事業が成功して世の中で注目を集めるとトークンの価値も高くなり、高値で売却できる期待が大きくなります。

ICOの成功例としては、「イーサリアム」や「ファクトム」のICOが知られていて、それぞれ数百万円の投資で数億円という極めて大きなリターンを生み出した事例があります。

ICO投資のデメリット

大きなリターンが期待できるICO投資ですが、事業が完成する前に何らかの事情で中断されたり、投資家から資金を集めた時点で企業そのものが消えたりする「ICO詐欺」といった事例が報告されています。

半数ちかいICOに問題?

ある調査によれば、2017年に実施された902件のICOのうち、142件が資金調達自体に失敗、276件が資金調達後に問題のある募集であったことが明らかになるなど、約半分のICOが問題のあるICOであり、資金調達額は約250億円にのぼるとも言われています。

短期の取引ではリターンが期待できなくなっている

また、ICO人気が過熱したことでICOの件数が急増したことで、これまでのように短期間でのリターンが期待できなくなっていることもデメリットとしてあげられます。

法規制の導入が議論されているICO

国内外ですでにトラブルの事例が報告されているICOですが、現状では改正資金決済法や金融商品取引法に照らし合わせて違法性をチェックするしか事前に防ぐ手だてがありません。これでは被害防止に不十分だとして法改正を求める声が強まっていることから、金融庁は不適切なICOの差し止めも含めた措置の検討に入りました。

2017年10月にICOに関する注意喚起の文書を公表。2018年2月にはマカオを拠点とする仮想通貨交換業者が「日本で仮想通貨交換業者の登録をせずにICOの営業・勧誘をしている」ことを理由に、改正資金決済法に基づく警告を出しています。

おわりに

仮想通貨の取引で大きなリターンを得られることから注目を集めているICOですが、その実態はほぼ半数が事実上の詐欺であることが明らかになるなど、通常の取引と比べてもはるかにハイリスクな取引と言えます。

メリットが強調されるICOですが、そのリスクの大きさを認識した上で取引をすることは、トラブルを避けるためにも欠かせないといえるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP