仮想通貨の取引と保管に欠かせない「ウォレット」とは

仮想通貨の取引と保管に欠かせない「ウォレット」とは

ビットコインなどの仮想通貨は取引者同士が直接取引するPeer-to-peer(P2P)を基本とするため、銀行などの仲介者は基本的に存在しません。

仮想通貨取引をするためには、「ウォレット」と呼ばれる仕組みが必要になりますが、一口にウォレットといっても目的や用途によっていくつかの種類があります。

今回は、仮想通貨の取引に欠かせない「ウォレット」の仕組みと、その種類がどのようなものかを見てみましょう。

仮想通貨の取引に欠かせない「ウォレット」

アドレスの集合体である「ウォレット」

仮想通貨の取引では、送り手と受け手を証明するための秘密鍵(アドレス)が必要となります。ウォレットとは、このアドレスのまとめたものであり、おおむね受け取り用のアドレスやおつり用のアドレスをそのつど生成するのが一般的です。

4つに分けられるウォレットの種類

アドレスの集合体であるウォレットですが、一口にウォレットといってもいくつかの分類があり、おもに取引に利用するウォレットである「ウェブウォレット」と「クライアントウォレット」、保管のに利用する「ホットウォレット」と「コールドウォレット」に分けられます。

取引の視点から見たウォレット

オンラインで管理する「ウェブウォレット」

ウェブウォレットは仮想通貨取引所などのオンラインサービスで利用できるウォレットで、自分のアカウントという形でウォレットを開設して、アドレスの管理を仮想通貨取引所に一任する形がほとんどです。

ユーザーから見れば自分で送り先を指定して取引をしているように見えますが、実際には事業者がユーザーからのリクエストを受け、それを処理しているに過ぎません。

全てを管理する「クライアントウォレット」

実際の取引を事業者に任せるウェブウォレットに対して、全ての管理を自分でするのが「クライアントウォレット」です。クライアントウォレットでは電子署名に必要なアドレスを紛失しない限り、どのパソコンやスマートフォンからでも利用できます。

また、いわゆる完全型のクライアントウォレットであれば、採掘(マイニング)に参加できるのも特徴の1つです。

保管の視点から見るウォレットの違い

オンラインで操作できる「ホットウォレット」

「ホットウォレット」とは、インターネットを通じて仮想通貨の取引をするウォレットです。オンラインで操作できるため、リアルタイムの送金が必要な仮想通貨取引所や決済・送金アプリなどでは、預かり資産の一部をホットウォレットとして運用しています。

ホットウォレットのセキュリティ対策は仮想通貨取引所やアプリによって異なりますが、基本的にはコールドウォレットと併用して運用されることがほとんどです。

完全にオフラインで保管する「コールドウォレット」

「コールドウォレット」とは、インターネットと完全に切り離された外部記憶装置に作成するウォレットです。コールドウォレットを利用することで、ユーザーはハッキングによる盗難のリスクを完全になくすことができます。

コールドウォレットの種類には、金属やコイン、専用デバイスなどでアドレスを管理する「ハードウェアウォレット」が代表的ですが、意外なところとしてはアドレスを紙に書き記した「ペーパーウォレット」や、汎用のUSBメモリや外付けハードディスクでも完全にオフラインな環境であればコールドウォレットとして扱われます。

コールドウォレットはハッキングに対しては極めて安全な一方で、物理的にアドレスを保管する必要があることから、現実の窃盗や紛失に弱いというデメリットがあります。また、コールドウォレットはあくまでも保管目的のものであり、日常的な仮想通貨の利用には、ホットウォレットを利用することが基本となります。

あわせて読みたい

仮想通貨取引の主役。「仮想通貨取引所」の仕組みと主な取引所

おわりに

従来の貨幣制度とは異なる仕組みに基づいて設計されている仮想通貨は、取引にも「ウォレット」と呼ばれる独自の仕組みを導入しています。

用途によっていくつかの種類があるウォレットのうち、特にオンラインで操作するウェブウォレットやインターネットに接続したホットウォレットは、ハッキングによる盗難のリスクがあるため、安全な管理のためには使い分けが必要となります。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP