注目のビットコイン先物とは違う?「ビットコインFX」とは

注目のビットコイン先物とは違う?「ビットコインFX」とは

2017年12月10日、シカゴ・オプション取引所を運営するCBOEグローバル・マーケッツで仮想通貨「ビットコイン」の先物取引がはじまりました。比較的順調な出足となったビットコイン先物ですが、日本ではすでにビットコイン先物に似た「ビットコインFX」の提供がはじまっています。

今回は、注目を集めるビットコイン先物と、似ているようで違う「ビットコインFX」の仕組みとその違いを見てみましょう。

将来の売買を約束する「先物取引」とビットコイン先物

将来の取引を約束して取引する「先物取引」

先物取引とは、「将来の予め定められた期日」に「特定の商品(原資産)」を「取引時点で取り決めた価格で売買すること」を約束する取引です。

現物取引は無期限に保有できるのに対して、先物取引は期限を過ぎると自動的に決済されます。また、先物取引は発生する損益のみのやり取りとなる「差金決済」であり、レバレッジにより取引の担保となる「証拠金」よりも大きな金額を取引ができるのも魅力の1つです。

ビットコインを取引対象とする「ビットコイン先物」

「ビットコイン先物」は、その名前の通りビットコインを取引対象とする先物取引であり、将来のビットコインの価格を取引対象とします。

2017年末に世界最大級の先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所を運営するCMEグループとシカゴ・オプション取引所を運営するCBOEグローバル・マーケッツが相次いで上場を発表、2018年前半をめどに新興市場「NASDAQ(ナスダック)」も上場を検討していると伝えられています。

ビットコイン先物とは違う「ビットコインFX」

FXの仕組みを取り入れた「ビットコインFX」

ビットコインのある時点での価格を取引対象とするビットコイン先物に似た取引方法として、「ビットコインFX」があります。

ビットコインFXは、「外国為替証拠金取引(FX)」を仮想通貨に応用した取引方法であり、証拠金やレバレッジ、スワップポイントといったFXの仕組みを取り入れているのが特徴です。

先物取引とFXでは何が違う

先物取引とFXは、どちらもレバレッジをかけた取引ができることや、売り・買いどちらからでも取引に入れることから同じものとして扱われがちですが、実際には取引期限(限月)やスワップの有無などさまざまな点で異なります。

先物取引はある時点・ある価格で取引することを前提に売買するため、「限月(げんげつ)」と呼ばれる取引期限があります。これに対してFXはロスカットの対象とならなければ決済するまで保有することができます。また、ビットコイン先物では金利負担は発生しないのに対して、ビットコインFXでは「スワップポイント」という形で金利負担が発生します。

このように、細かい部分でビットコイン先物とビットコインFXは異なる部分があるため、その違いを把握して取引に臨む必要があります。

ビットコインFXを提供している取引所とその特徴

Lightning Futures(BitFlyer)

Bitflyer(株式会社bitFlyer)

BitFlyerの提供するLightning Futures(ビットコイン先物)では、レバレッジ15倍までのビットコインFXに対応しています。

Lightning Futures(ビットコイン先物)取引板では、建玉は満期日までであれば反対売買による差金決済で解消できます。満期日までに反対売買による差金決済がなければ、建玉は満期日に決定するSQ(清算値)で差金決済されます。

仮想通貨FX(GMOコイン)

capture-gmo-coin

GMOコインの提供する仮想通貨FXは、2Wayプライスによるシンプルな価格決定の仕組みや固定スプレッドの採用、レバレッジ25倍など、取引の自由度の高さが魅力です。

また、入出金手数料無料や必要な機能が詰まったスマートフォンアプリ「ビットレ君」など、使いやすいシステムも見逃せません。

» GMOコイン(GMOコイン株式会社)の公式サイトはこちら

レバレッジ(コインチェック)

Coincheck(コインチェック株式会社)

ビットコインをはじめとする仮想通貨の認知度向上に積極的なコインチェックでも、レバレッジ5倍を上限とするビットコインFXを提供しています。

コインチェックでは非常にシンプルなビットコインFXに限定されているため、実際にどのようなものかを実体験するためには最適と言えます。

ハイリスク・ハイリターンなビットコインFX

通常のFXと同じように、レバレッジをかけた取引により少ない資金でも大きなリターンが期待できるビットコインFXですが、ビットコイン自体の値動きが極めて荒いことから、極めてハイリスク・ハイリターンな取引となる傾向があります。

また、仮想通貨にレバレッジをかけた取引は今回取り上げた先物取引やFX以外にも信用取引として提供されているものもあり、その違いを把握せずに取引をはじめると思わぬリスクをおう可能性があります。

おわりに

世界最大の先物取引所に上場したことで注目を集めているビットコイン先物ですが、日本ではビットコイン先物に似た取引として、FXの仕組みを活用した「ビットコインFX」が提供されています。

値動きの激しいビットコインにレバレッジをかけた取引となるため、よりハイリスク・ハイリターンとなるビットコインFXですが、リスクと資金の管理に自信があれば、挑戦してみたい取引方法の1つです。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP