ビットコインとは違う?仮想通貨の「アルトコイン」とは

ビットコインとは違う?仮想通貨の「アルトコイン」とは

「仮想通貨と言えばビットコイン」というイメージがあるほど分かちがたく結びついている仮想通貨とビットコイン。しかし、世の中にはビットコイン以外にも数多くの仮想通貨があります。

今回は、ビットコインの代替になることが期待されている仮想通貨(アルトコイン)について見てみましょう。

代替仮想通貨(アルトコイン)とはなにか

共通項は存在しない?アルトコインの特徴

アルトコインとは、ビットコイン以外の全ての暗号通貨の総称であり、Alternative Coin(代替コイン)を省略してあらわしたものです。

アルトコインはビットコインの欠点を改善するために開発されたものや、決済手段以外を目的として開発されたものなど、さまざまなコインが存在しています。

そのため、アルトコインすべてに当てはまる特徴というものはなく、実物が存在しない仮想通貨という共通項がある以外は、全く別の考えや技術に基づいて開発・運用されていることも珍しくありません。

日々新たなアルトコインが開発・発表されている

仮想通貨の代表格であるビットコインは、誰でも複製・改良・再配布を認めた「オープンソース」の考えを導入しています。技術のある人ならばプログラムを調べて改良することで、新しい仮想通貨を作成・公開できることから、ビットコインをベースとする仮想通貨が次々と誕生しています。また、ビットコインとは全く異なる発想や技術によって開発されたアルトコインも珍しくありません。

世界中の仮想通貨の時価総額を簡単に調べられるコインマーケットキャップ https://coinmarketcap.com/ で確認すると、2018年3月時点で取引されている仮想通貨は1,500種類を超えると言われています。

頭一つ抜けるビットコイン、後を追うリップル・イーサリアム

取引の活発な仮想通貨はどれか?

公開されているものに限っても1,500種類を超える仮想通貨ですが、実際に取引対象となるものはその中のごく一部。現在でも取引の大半はビットコインによって占めていますが、アルトコインであるイーサリアムやリップルも時価総額が急激に拡大しています。

ビットコインとイーサリアム、リップルは時価総額にダブルスコアがつくほど取引量がかけ離れていますが、今後も同じ状況かどうかは分かりません。比較的取引量の多いアルトコインについては、名前くらいは知っておいたほうがよさそうです。

仮想通貨の代表格「ビットコイン」

ビットコインは、国家が発行している円やドルなどの「法定通貨」と同じく、経済活動を円滑に進めることを目的に開発された「仮想通貨」です。仮想の通貨なので従来の通貨のような紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンを財布代わりに、物の売買が実現することを目指しています。

現時点では発展途上のビットコインをはじめとする仮想通貨ですが、その利便性の高さや取引記録の保存の確かさから、次世代の決済手段として一部で注目を集めています。

中央集権なしに契約を執行する「イーサリアム」

ビットコインに次ぐ時価総額を誇る「Ethereum(イーサリアム)」は、契約・財産を非集権型で取引するプロトコルとして開発されたのが特徴です。

過去の全ての取引記録(台帳)を分散・保管する「ブロックチェーン」技術を、お金以外のものに応用する「スマートコントラクト」では、契約の自動執行を実現により、決済期間の短縮や不正防止、コスト削減などが期待されている技術です。

仮想通貨としてのイーサリアムは、ビットコインのように貨幣としてだけではなく、取引参加者が独自に定義したスマートコントラクトや財産も取り扱うことができる、柔軟性の高い仮想通貨です。

企業が企画するプロトコルから生じた「リップル」

管理者がいない中央集権ではない仕組みとしてはじまった仮想通貨ですが、時価総額第3位の仮想通貨「リップル」は、Ripple Labs, INC.という企業が提供する中央集権型の仮想通貨です。

リップルは決済や送金の電子送金プロトコルとして開発され、ブロックチェーンを使用しないことで即時送金を実現しているだけではなく、Ripple Labsが法定通貨などとの交換を保障しています。

仮想通貨としてのリップルは「ゲートウェイ」と呼ばれる業者を通して、法定通貨やほかの仮想通貨と交換するときに使用されるものであり、リップルプロトコルに基づいた法定通貨の送付の対価としてリップル(XRP)を消費します。

さまざまな種類があるアルトコイン

ここまで時価総額の大きい3つの仮想通貨について見てきましたが、国内外で活発に取引されている仮想通貨はこのほかにもいくつかあります。

それぞれ独自の目的や思想にもとづいて開発されたため、その仕組みや技術的な特徴は異なり、どの仮想通貨が今後成長するかを予想することも、仮想通貨投資の面白さの1つです。

おわりに

日々新たなアルトコインが開発・公表されている仮想通貨ですが、投資対象となる仮想通貨となると、その中のごく一部に限られてきます。

普及の途上にあることからハイリスク・ハイリターンな取引となりがちな仮想通貨投資ですが、今後の成長を考えると時価総額の大きい仮想通貨を中心に、いくつかの仮想通貨をバランスよく持っておくことを検討しても良いかもしれません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP