外国為替証拠金取引(FX)の取引方法には何があるか

揺れ動く相場にどう付きあう? トレードスタイル

外国為替証拠金取引(FX)とはなにか

外国為替証拠金取引(FX)とは、証拠金(保証金)を預託して主に差金決済による通貨の売買をおこなう、取引差金決済取引(CFD)の一種です。

外貨を扱う取引としては銀行が提供している外貨預金が一般的ですが、FXはレバレッジをかけることで比較的少額の資金でも取引ができることと、為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)による利益を期待することが外貨預金と異なります。

 

1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正によって、それまで為替銀行に限られていた為替業務が一般企業にも解放されたため、比較的少額の資金でもはじめられて大きなリターンを期待できるFXに注目が集まることとなりました。

大きく2つに分けられるFXの取引方法

少額で手軽にはじめられるのがFXですが、その取引方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

FXの取引方法は、大きく分けると取引戦略の決定から取引まで本人が管理する「裁量取引」と、FXトレーダーは取引戦略と取引スタイルの決定だけをおこない、実際の取引は専用ソフトとプログラムに任せる「システムトレード」に分けられます。

裁量取引とシステムトレードの特徴について見てみましょう。

取引スタイルの決定から実際の取引まで全てをおこなう「裁量取引」

FXの取引方法としてもっとも一般的なのは、取引戦略と取引スタイルの決定から、取引までをFXトレーダー本人がおこなう「裁量取引」です。

 

裁量取引ではFXトレーダー本人の考えによって外国為替市場の動向を判断しておこなう取引であるため、為替レートを記録したチャートや、日々のニュースの中に外国為替市場に大きな影響を与える内容が含まれていないかを考えながら、その時々で最適と思われる取引をおこないます。

 

取引スタイルの決定から実際の取引までをFXトレーダーがおこなうため、裁量取引ではFXトレーダーの心理状況が取引結果を大きく左右します。

例えば、予測よりも順調に為替レートが推移しているために売買する為替レートを変えることでより大きな利益を得たり、損失が発生したときに損切りをためらってより大きな損失をこうむったりすることなどが考えられます。

 

このようにFXトレーダーの心理状況次第で取引結果が左右される状況は、あまり健全な状況とは言えません。そこで登場するのが、実際の取引を専用ソフトと売買プログラムがおこなう「システムトレード」です。

実際の取引をコンピュータに任せる「システムトレード」

FXに関する全ての事柄を自分で処理しなければならない裁量取引と異なり、取引戦略と取引スタイルだけを決めて、実際の取引は専用ソフトと売買プログラムに任せてしまうのが「システムトレード」の特徴です。

システムトレードは大きく分けて、

  • ロシアのMetaQuotes(メタクォーツ)社が開発した「Meta Trader(メタトレーダー)」
  • イスラエルのTradency(トレーデンシー)社が開発した「Mirror Trader(ミラートレーダー)」

の2つが主流です。

国内FXサービスではこの2つの他に、一定の為替レートの間で売買を繰りかえす「リピート発注機能」をシステムトレードの一種として提供していて、扱いとしてはこちらが主流と言えますが、今回は取りあげません。

裁量取引・システムトレードに対応した「MetaTrader(メタトレーダー)」

ロシアのMetaQuotes(メタクォーツ)社が開発したトレードソフト「Meta Trader(メタトレーダー)」は、国内のFXトレーダーには有力なチャートソフトとしてあつかわれています。

しかし海外のFXトレーダーの間ではチャートソフトとしてはもちろん、裁量取引とシステムトレードの両方に対応したとても高機能なFXトレードソフトとして知られています。

 

メタトレーダーをシステムトレードに利用するためには、「Expert Adviser(EA)」と呼ばれる売買プログラムに関する知識を学ぶ必要があり、ハードルが高いのが欠点ですが、一度覚えてしまえば、自作のEAはもちろん、公開されている世界中のEAを導入・活用することができます。

 

システムトレード専用ソフト「MirrorTrader(ミラートレーダー)」

裁量取引とシステムトレードに対応しているメタトレーダーと異なり、システムトレード専用ソフトして開発されたのが、イスラエルのTradency(トレーデンシー)社が開発した「Mirror Trader(ミラートレーダー)」です。

 

ミラートレーダーはメタトレーダーと異なり、システムトレードをはじめるに当たって複雑なプログラミングの知識は必要はなく、第一線のFXトレーダーの取引戦略をそのままプログラム化した「ストラテジー」と呼ばれる売買プログラムを選んでインストールするだけでシステムトレードがはじめられるのが魅力です。

ストラテジーは日々新しいものが開発・提供されているため、より取引スタイルに合致したストラテジーに入れかえることで、更なる好成績を追求することも簡単です。

 
あわせて読みたい

fx_akarichan 人気のトレードソフト「メタトレーダー」とはなにか
fx_akarichan 人気のシステムトレードソフト「ミラートレーダー」とはなにか
 

おわりに

ここまでFXの取引結果を大きく左右する裁量取引とシステムトレードの概要とそれぞれの特徴について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

取引方法の基本となるのは裁量取引ですが、多少の知識があればシステムトレードも有力な取引方法です。

採用している取引戦略や取引スタイルなど、様々な条件を踏まえて比較・検討して、最適な取引方法を選ぶようにしましょう。

このコラムに関連する記事

TOP