知っておきたい。外国為替証拠金取引(FX)の取引方法とは

知っておきたい。外国為替証拠金取引(FX)の取引方法とは

FXは、為替レートの値動きから差益を狙う金融商品であり、通貨の組み合わせ(通貨ペア)を取引することで利益を狙います。

今回は、FXでの取引の一連の流れがどのようなものなのか、新規注文から決済注文までの一連の流れを見てみましょう。

3つのアクションで1つのサイクルとなるFXの注文

新規注文・保有・決済注文で1サイクルを構成するFXの注文

FXの取引は「新規注文」を出して「ポジションを保有」、「決済注文」を出すという3つのアクションが1つのサイクルとなります。それぞれの段階ではどのような特徴があるのか、大まかな流れを見てみましょう。

通貨ペアを持つ「新規注文」

FX取引は全ての金融商品の取引と同じように、新規注文からはじまります。FXの注文の特徴として、為替レートが上昇トレンドなら「買い注文」、下降トレンドなら「売り注文」というように、売り・買いのどちらからでも注文に入れることがあげられます。

注文方法はそのときの為替レートで注文を発注する「成行注文」が基本ですが、指値注文や逆指値注文など、より高度な注文方法にも対応しているのが特徴です。

買った外貨を持つ「ポジションの保有」

発注した注文が成立(約定)すると、希望した条件で売買が成立した状態になります。これをポジションといいます。ポジションは買い注文・売り注文のどちらで注文したかによって「買いポジション」「売りポジション」と呼び分けます。

ポジションを保有するとそれだけ証拠金は差し引かれますが、差し引かれてなお口座に証拠金が残っていれば、複数のポジションを持つことができます。

買った外貨を売る「決済注文」

取引のしめくくりとして、保有しているポジションを決済して、損益を確定させる「決済注文」を発注します。FXではポジションを保有したときの売り注文・買い注文とは反対の注文で決済をするので、基本的に決済注文は「反対売買」と呼ばれることもあります。

決済注文が約定すると、その取引にかかった各種手数料やスプレッド、為替差損益が全て計算されます。その合計が取引の利益(損失)として確定します。スワップポイントもこのときに精算されることがほとんどですが、一部FXサービスでは毎日精算を導入しているケースもあります。

「裁量取引」と「自動売買(システムトレード)」の違い

取引方法で分かれる「裁量取引」と「自動売買」

新規注文からポジションの保有、決済注文までのFXの取引の一連の流れでは、どのような取引をするかも意外と重視されるポイントの1つです。

FXの取引方法は、取引を全て手動でおこなう「裁量取引」と、事前の設定やプログラムに任せることで取引の省力化・自動化を実現する「自動売買(システムトレード)」の2つに分けられます。

取引を全て手動でおこなう「裁量取引」

裁量取引とは、「その人の考えによって判断し取引」であり、トレーダー自信が取引に関する判断をする取引です。人間の判断に基づいて取引をするため、感情や気持ちなどの論理的でない要素が入る余地が多く、機械的な取引よりも利益・損失とも大きくなりがちという特徴があります。

取引を省力化・自動化する「自動売買(システムトレード)」

自動売買(システムトレード)とは、裁量取引の特徴である感情的・主観的な取引を排除した上で一定の条件やデータに従って機械的な取引をする取引方法です。

人間的な感情を抜きに取引するため、感情が原因となる損益が生じにくいのがシステムトレードの特徴と言えます。

さまざまな方法があるシステムトレード

システムトレードを実現する方法としては、専用の取引プラットフォームである「MetaTrader(メタトレーダー)」や「MirrorTrader(ミラートレーダー)」の導入や、FXサービスが取引を支援する機能として提供している「リピート注文」など、いくつかあります。

中でも「リピート注文」はFXサービスのサポートが手厚いことなどから比較的人気が高く、いくつかの国内FXサービスが独自の機能を付加したリピート注文を提供しています。

おわりに

FXの取引の一連の流れと、取引結果を大きく左右する「裁量取引」と「自動売買(システムトレード)」について見てきました。

FXの取引の基本となるのは裁量取引ですが、多少の知識と時間、手間を惜しまなければシステムトレードは有力な取引方法の1つとなります。取引戦略や取引スタイルなど、さまざまな条件を比較・検討した上で、最適な取引方法を選ぶことが安定した取引を実現するためには欠かせません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP