「取引所FX(くりっく365)」のメリットとデメリット

「取引所FX(くりっく365)」のメリットとデメリット

それまでの店頭FXと異なる仕組みで外国為替証拠金取引(FX)を提供する目的で上場した「取引所取引(くりっく365)」は、いくつかの点で店頭FXとは異なる仕組みを取り入れています。

今回は、店頭FXとは異なるくりっく365に、どのようなメリットとデメリットがあるのかを見てみましょう。

普通のFXと違う?取引所取引(くりっく365)とは

くりっく365は、2005年7月に東京金融取引所(金融取)が上場した取引所為替証拠金取引です。

公正・健全なFXを求める声を受けて上場した日本初の公的な取引所による外国為替証拠金取引(FX)であり、有利な価格提供の仕組み、公的な取引所のFXだから安心などのメリットで開設以来多くの投資家から注目を集めています。

くりっく365のメリット

安心・安全の資産保全の仕組み

くりっく365の取り扱い会社は、法令により投資家から預かった証拠金の全額を、金融取に預託することが義務付けられています。これにより預託された証拠金は全額金融取が保管しており、万が一取扱会社が破綻するようなことがあっても、原則として証拠金は保全される仕組みになっています。

明瞭な仕組みで透明なマーケットを提供

くりっく365では、外国為替市場の複数の主要金融機関(マーケットメイカー)から価格の提供を受けて、その時点で最も有利な価格を合成し、取扱会社を通じて投資家に提示しています。

また、くりっく365ではマーケットメイカーの提示した価格を、そのままの価格で投資家の皆様へ提示しているため為替相場の瞬時を原因とする、注文時の価格と異なる価格で取引が成立すること(スリッページ)も起こりません。

さらに、金融取も取り扱い会社もスワップポイントから支払額と受取額の差益を得ない仕組みを採用することで受取額と支払額を同額(一本値)にすることを実現。明瞭な仕組みで透明なマーケットを提供しています。

くりっく365のデメリット

税制が店頭FXと一本化されて優遇措置がなくなった

このように店頭FXと比べると取引面ではメリットの大きいくりっく365ですが、そのほかの面では店頭FXと比べると不利な部分が目立ちます。

FXの利益は、原則雑所得として課税対象となります。毎年1月から12月までの1年間で確定した損益を通算して経費を控除した利益が一定金額を超えると課税対象となり、確定申告が必要です。

くりっく365は税制面で店頭FXと比べると優遇されていましたが、2012年(平成24年)の税制改正で店頭FXと一本化されたことで、税制の優遇措置がなくなりました。

取引高が店頭FXに比べて大きく劣る

税制の優遇措置がなくなったことから、くりっく365の取引高は店頭FXに対して大きく劣るようになりました。

複数のFXサービスが参加して毎月数兆円単位の取引がおこなわれている店頭FXと比べると、くりっく365は制度面やコスト面以外での魅力は薄く、さまざまな施策にもかかわらず取引高は減少傾向にあります。

おわりに

かつては制度面やコスト面で店頭FXと比べると魅力のあった取引所取引(くりっく365)ですが、店頭FXがサービスの改善を続けたことで現在では使い勝手が悪い部分が目立つようになっています。

しかし取引手数料の無料化やより小さいスプレッドを追求した「くりっく365ラージ」の導入など、着実な改善を続けていることから、いざというときに備えて口座開設をしておいて損はないと言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP