外国為替証拠金取引(FX)をはじめるときのポイントとは

ざっくり解説! FXの意味と仕組み

様々な経済指標やメディアの報道を見るかぎりでは、アベノミクスの効果で景気は上向いてきたと言われていますが、景気が良くなっていると実感することはあまりありません。

雀の涙ほども利息がつかない銀行預金以外の資産運用を考えると、古典的な株式や投資信託から、複雑過ぎて仕組みを理解することも難しい先物取引まで様々なものがあるため、どれをはじめればよいのか悩んでしまいます。

そこで今回は、少額からはじめられて大きなリターンが期待できる外国為替証拠金取引(FX)について、資産運用の視点から見てみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)とはなにか

そもそも、FXとは?
 

外国為替証拠金取引(FX)とは、証拠金(保証金)を預託して主に差金決済による通貨の売買をおこなう差金決済取引(CFD)の一種です。

FXと同様に外貨を扱う金融商品としては、銀行が提供している外貨預金が知られていますが、FXはレバレッジをかけることで比較的少額の資金でも取引ができることと、為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)による利益を期待することが外貨預金と異なります。

 

1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正によって、それまで為替銀行に限られていた為替業務が一般企業にも解放されたため、比較的少額の資金でもはじめられて、大きなリターンを期待できるFXに注目が集まることとなりました。

 
あわせて読みたい

fx_akarichan 新しい資産運用 「外国為替証拠金取引(FX)」とはなにか
 

FXをはじめるときに気をつけたいポイント

テコの原理のレバレッジ
 

通貨ペアを売買することでキャピタルゲインを狙うFXですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。FXのポイントについて見てみましょう。

レバレッジを活用して少額の資金でも取引ができる

FXのメリットとしてもっとも大きいものは、テコの原理(レバレッジ)を利用することで少額の資金でも取引がはじめられることがあげられます。

株式取引をはじめるためには数十万円から数百万円の資金が必要ですが、FXならレバレッジを活用することで数万円から十万円程度の資金でもはじめられて、外国為替市場の動向によっては大きな利益を期待できます。

スワップポイントで安定収入が期待できる

FXで利益をあげるためには、大きく分けてキャピタルゲインと金利差益(インカムゲイン)があります。

外国為替市場の動向に左右されるキャピタルゲインと異なり、インカムゲインは中央銀行の金利政策の影響を受けるため、キャピタルゲインに比べると安定した収入が期待できます。

外国為替市場の動向に左右されやすい

少額の資金でもはじめられて、キャピタルゲインとインカムゲインという利益が期待できるFXですが、注意したいのは外国為替市場の動向に極めて左右されやすいという特徴があります。

外国為替市場は定期的に発表される経済指標や景気動向、各国中央銀行の金融政策に極めて敏感であり、為替レートの動向を読みちがえると大きな損失をこうむるため、リスク管理と資金管理に十分に注意する必要があります。

FXを資産運用に取りいれるためには

スワップポイントで安定収入
 

少額の資金からはじめられるものの、外国為替市場の動向に極めて左右されやすいという特徴があるFXを資産運用に取りいれるときに気をつけたいポイントは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

FXはレバレッジをかけることで少額の資金から取引をはじめられますが、値動きが非常に荒い通貨の取引となるため、株式取引や投資信託以上に資金管理とリスク管理に注意する必要があります。

数万円から十万円程度からでもはじめられるFXですが、少額の資金ではじめるなら、流動性の高い米ドル/日本円(USD/JPY)をはじめとするメジャーな通貨ペアを、できるだけ低いレバレッジで取引するのが賢明でしょう。

おわりに

レバレッジをかけることで少額の資金からはじめられて、大きな利益を期待できるFXですが、大きな利益を期待できるということは大きな損失をこうむる可能性も否定できないということです。

FXは資産運用の有力な手段ですが、株式や投資信託以上にリスクがあることを踏まえて組みこむようにしましょう。

このコラムに関連する記事

TOP