外国為替証拠金取引(FX)をはじめるまでの具体的な流れ

FX取引の始め方

注目を集める外国為替証拠金取引(FX)ですが、実際にはじめるためには、口座開設などの手続きがあります。

今回は、実際に口座開設の申し込みから実際に取引をはじめるまでの一連の流れを見てみましょう。

投資に必要な資金を用意する

FXをはじめる前に、取引に使用する資金(証拠金)を用意する必要があります。

FXはある程度のまとまり(取引単位)での取引が前提であり、安定した取引を続けるために取引口座に一定割合を上回る証拠金が必要となります。証拠金が一定割合を下回ると、取引を強制的に打ち切る「ロスカット」の対象となってしまいます。ロスカットを避けるためにも、取引単位が小さいFXサービスや、ロスカット率が低いFXサービスを選ぶと良いでしょう。

取引単位は1万通貨単位のFXサービスが主流ですが、最近では1,000通貨単位や100通貨単位などより小さい単位での取引を実現したFXサービスもあるので、選択肢は豊富になっていると言えます。

中心となる取引スタイルを決める

証拠金を用意できたら、次に考えるのが取引スタイルです。取引スタイルは取引期間によって数秒から1日単位の「スキャルピングトレード」や「デイトレード」、数日から数年単位の「スイングトレード」や「ポジショントレード」があります。

取引スタイルに応じて必要な証拠金額は変わりますが、一般的に安定した取引のためには数万円から数十万円程度の初期資金が必要とされています。

あわせて読みたい

数秒で取引が完結?FXの「スキャルピング」を徹底解説!
覚えておきたいFXで「デイトレード」をするときのコツ
トレンドにのった取引が欠かせないFXの「スイングトレード」
1回で大きな利益を狙うFXの「ポジショントレード」のコツ

口座開設するFXサービスを決める

必要な証拠金を用意して取引スタイルを決めたら、口座開設をするFXサービスの選定も進めましょう。FXサービスを選ぶときのポイントはいくつかありますが、以下にあげるようなポイントに注意して選ぶのが一般的です。

スプレッド

FXサービスを選ぶときに重視されるポイントが「スプレッド」です。

スプレッドは取引結果にもっとも直接はねかえってくるコストであり、大手FXサービスのスプレッド競争は激しいものとして知られています。

基本的にスプレッドは米ドル/日本円(USD/JPY)をはじめとする取引量の多い基本7通貨ペアでは狭く、高金利で人気のマイナー通貨ペアでは広いため、基本7通貨ペアのスプレッドを比較するのが一般的です。

スプレッドはほとんどのFXサービスで原則固定となっていますが、重要指標の発表などの取引注文が集中するときには大きく変動することがあります。

約定力

スプレッドに次いで重要な比較ポイントとしてあげられるのが、取引注文がどの程度成立したかを表す約定力です。

売買注文が成立することを「約定」と言い、どの程度が約定したかを表す割合を「約定率」と言います。約定力は約定率にさまざまな要素を加味して決まります。

比較的取引高の低い日中なら約定率はほぼ100%ですが、週明け月曜日や重要指標の発表直後などの売買注文が殺到する時間には、FXサービスごとに約定率に明確な差が出てきます。

約定できない原因として「スリッページ」や「注文拒否(リジェクト)」などが考えられますが、実際のところは不明であることがほとんど。実際の取引に大きく影響するポイントなので、口コミサイトなどを参考にすると良いかもしれません。

スワップポイント

スワップポイントとは、通貨間に発生する金利差であり、通貨間の金利差が大きいほどスワップポイントも大きくなることで知られています。FXサービスによっても微妙に異なる場合があるので、中長期取引を考えているのであれば、スワップポイントも比較・検討したいポイントです。

取り扱い通貨ペア数

主に取引される通貨ペアは限られた数になりますが、場合によってはマイナーな通貨ペアを主に取引することも考えられます。取引の自由度を落とさないためにも、取り扱い通貨ペア数の多いFXサービスを選ぶようにしましょう。

口座開設申し込みから取引開始までの流れと注意点

では、実際の口座開設の流れを申し込みから取引開始まで見てみましょう。

申し込み自体はインターネット上でほとんどの作業が完了しますが、申し込みから口座開設完了までは数日程度の間が空くため、早く取引を始めたい人は開設までの期間も忘れてはいけません。

また、口座開設には一定の基準に基づく審査があるため、審査をクリアしなければ口座開設ができないことには注意が必要です。口座開設が完了すると取引規約がまとめられた冊子とともに、ログインIDとパスワードが郵送されてくるので、それを入力してログインできれば取引できる用意が完了しました。

ほとんどのFXサービスでは、即入金する必要はないため、デモトレードで取引ツールの使い勝手などを確認してから入金することをおすすめします。

入金には通常の銀行振込による「通常入金」と、提携金融機関の資金移動による「クイック入金」のがあり、クイック入金であれば手数料が発生しない点は見逃せません。

入金まで済めば、取引をはじめられる状態が整いました。あとは安定した利益を目指して取引をはじめるだけです。

おわりに

このように、FXは「手間がかかる」「敷居が高い」というイメージとは裏腹に、それほど手間なくはじめられる資産運用の方法です。

少ない資金からでもはじめられるFX、この機会にはじめてみてはいかがでしょうか。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP