1ビットコイン100万円を超えた「ビットコイン」。その入手方法や取引リスクは

1ビットコイン100万円を超えた「ビットコイン」。その入手方法や取引リスクは

2017年11月末、仮想通貨「ビットコイン」の国内取引所での取引価格がはじめて1ビットコイン=100万円を超え、年初からは約10倍にまで値上がりしました。

一部ではすでにバブル状態とも言われているビットコインですが、更なる値上がりはもちろん、従来の貨幣制度に替わる可能性を秘めているなど、その将来性は未知数です。

注目を集める仮想通貨「ビットコイン」の仕組みや入手方法、取引の主なリスクにはどのようなものがあるかを見てみましょう。

仮想通貨の代表格「ビットコイン」の仕組み

利用者同士の直接取引(P2P)で価値が決まる

ビットコインは匿名の投稿者「サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)」が投稿した論文に基づいて、2009年に運用が開始された仮想通貨の一種です。

システムはP2Pネットワークで運営され、ビットコインの所有権移転(トランザクション)はユーザー同士でおこなわれます。トランザクションはネットワークに参加しているプログラム(ノード)により検証され、公開・分散された元帳(ブロックチェーン)に記録されることで取引の信頼性が保証されます。

国や地域によってビットコインの扱いは異なりますが、日本では改正資金決済法により「貨幣の機能」を持つと認定して、決済手段や法定通貨との交換に使えるものとされています。

入手は「採掘(マイニング)」と「取引」の2つ

ビットコインはトランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行されています。このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)は報酬として、トランザクション手数料と新規発行ビットコインを受け取ります。

マイニングによって発行されたビットコインは、他の通貨との取引や商品・サービスの決済手段に使用できます。ビットコインの取引は外国為替と同様に、取引市場の価格で決まります。取引時にユーザーはマイナーに任意の金額のトランザクション手数料を支払います。

あわせて読みたい

注目を集める仮想通貨。その全容を徹底解剖!

ビットコインを取引するメリットとは?

短期的には値上がり益が期待できる

ビットコインの値動きは、分裂(フォーク)や相場環境により大きな急落もあったものの、一貫して上昇を維持していて、2017年は1年間で取引価格が10倍になるなど、急激な値上がりが続いています。近い将来値上がりは頭打ちになるものと思われますが、短期的には値上がり益が期待できるといえそうです。

中長期的には貨幣制度を補完・代替する仕組みとして普及する?

短期的には値動きによる利益が期待されるビットコインは新たな決済システムとして設計されたものであり、送金や決済手段としての利用も本格化しています。今後の普及によっては、現在の貨幣制度を補完するだけではなく、代替するものとしての役割も期待されています。

2017年に入ってさまざまな転機があったビットコイン

新規格への分裂が相次ぐ

ビットコインは投機マネーの流入で2017年に入ると取引が急増、当初の設計では追いつけなかったことから、改良とそれにともなう新通貨の分裂が相次ぎました。

2017年8月に「ビットコインキャッシュ」、10月には「ビットコインゴールド」に分裂し、11月には新たに「ビットコインダイヤモンド」に分裂するなど、規格の分裂が続いています。

税制上の扱いはもっとも不利な「雑所得」

ビットコインはその価値は日々変動していることから、投機や資産運用の対象として注目を集めていますが、発生した損益に対して所得税が課税されることはあまり知られていません。

[平成29年4月1日現在法令等]

 ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)

引用:No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

ビットコインを含む仮想通貨の取引で発生した所得は「雑所得」に分類されて、損益通算や繰越控除ができないこと、累進税率が適用されることで最大55%の税率がかかるなど、納税の面では金融商品の中でももっとも税負担が重いというデメリットがあります。

「マイニングスクリプト」による無断マイニング

2017年後半になって注目されたのが、ウェブサイトに埋め込まれた「マイニングスクリプト」による無断マイニングです。

仮想通貨は「マイニング」により獲得できるため、多数のアクセスがあるウェブサイトが訪問者に計算能力を借りることは有効な手段と考えられ、サイトの閲覧者のPCの計算能力を借りるスクリプトが、広告収入を期待しにくいサイトを中心に普及しました。

マイニングスクリプトによるマイニングは、技術的・セキュリティー的には問題はないとされているものの、閲覧者に無断でおこなわれることをはじめとする倫理的な問題があり、大きな問題となっています。

取引に参加するのはいつ?

2017年の1年間で取引価格が10倍に値上がりする急激な価格高騰が続いているビットコインですが、この値上がりは正当な値上がりなのかバブルなのかは議論を呼んでいます。

現在の仮想通貨相場はバブルとする意見は投資銀行やヘッジファンドなどの機関投資家を中心に根強いものの、その機関投資家が新たな投資対象とするなど、2017年に入ってから仮想通貨に対する投資は本格化しています。

良くも悪くも、ビットコインの取引に参加するタイミングを見極めるのは今まで以上に難しくなっているといえそうです。

おわりに

良くも悪くも注目を集めるビットコインに代表される仮想通貨ですが、本来の趣旨から外れて投機や資産運用の対象としてとらえられることがほとんどです。

一部ではバブルとも言われているビットコインをはじめとする仮想通貨ですが、本来の目的である貨幣制度を補完・代替するものとしての働きが進んでいることを考えれば、今後の資産運用の対象として要注目と言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP