安全な取引に欠かせない。「証拠金」と「証拠金維持率」とは?

安全な取引に欠かせない。「証拠金」と「証拠金維持率」とは?

外国為替証拠金取引(FX)をはじめるために欠かせないものの一つに、「証拠金」があります。

一口に証拠金と言ってもその内容は用途に応じていくつかの種類があり、預けたお金がどのような用途に利用されているかを知ることは安定した取引のためにもかかせません。

今回は、意外と知られていない証拠金の種類や、取引を続けるために欠かせない証拠金と証拠金維持率の関係など、証拠金に関するポイントを見てみましょう。

取引に欠かせない「証拠金」とはなにか

取引に欠かせない「証拠金」とはなにか

FX(外国為替証拠金取引)をはじめるためには、FXサービスで口座開設すると、取引の担保としてある程度まとまったお金を預ける必要があります。この担保を「保証金(証拠金)」と呼ばれるものです。

もともと「証拠金」とは、商品先物取引で使われていた仕組みであり、証拠金は実際の取引では取引する金額を全額やり取りするのではなく、取引で生じた損益部分だけをやり取りする「差金決済」という仕組みに欠かせないものでした。

FXでもこの仕組みを導入することで、取引する金額の一部を証拠金として預けることで、資金効率の良い取引を実現しています。

知っておきたい証拠金の違いとその役割

安全な取引に欠かせない。「証拠金」と「証拠金維持率」とは?

口座開設に必要となる「最低証拠金」

最近ではすくなくなった証拠金の一つに、口座開設と同時に必要になる「最低証拠金」があります。最低証拠金は「初回最低預かり証拠金」や「初回最低入金額」とも言われ、かつては口座開設のときには必須と言えるものでした。

しかし近年では無料で口座開設ができるFX会社がほとんどとなり、最低証拠金を求められるケースは少なくなっています。

取引をはじめるときに預ける「必要証拠金」

必要証拠金とは、新規注文をするときに取引額に比例して必要となる証拠金であり、「建玉証拠金」や「イニシャル・マージン」とも呼ばれます。FXではこの必要証拠金にレバレッジをかけることで、口座に預けているよりも大きな金額を取引することを可能としています。

必要証拠金は取引する通貨ペアや取引時点の為替レートによって異なりますが、レバレッジに応じて取引金額の4%以上の金額を預ける必要があり、必要証拠金を多く預けるほど安定した取引が期待できます。

証拠金と証拠金維持率の関係

>証拠金維持率が低下した場合

取引を続ける目安となる「証拠金維持率」

レバレッジにより少ない資金で大きな金額を取引できることがFXの魅力ですが、大きなレバレッジをかけているとわずかな値動きでも思わぬ損失が生じて、ロスカットの対象となることがあります。そこで注目したいのが、「証拠金維持率」です。

ある時点の為替レートでポジションを決済したときに予測される損益を「評価損益」と呼びますが、必要証拠金からこの評価損益を差し引きした証拠金残高が「証拠金維持率」です。

一定割合を下回るとロスカットの対象になる

証拠金維持率は安定した取引を続けるためにも特に注目したい数値の一つであり、証拠金維持率が一定の割合を下回ると、ロスカットの対象となります。ロスカットの対象となる証拠金維持率はFXサービスによって異なるため、取引の前に確認しておくことが欠かせません。

証拠金維持率が低いと取引が有利になる?

ロスカットの対象となる証拠金維持率が低くなるほど、大きな含み損を抱えた状態でも取引を続けられますが、その状態でロスカットが執行されると、1回で取引が続けられなくなるほどの損失をこうむることになりかねません。

安定した取引を続けるためには、証拠金維持率に余裕をもった取引をすることを心がける必要があります。

おわりに

FXサービスを比較するときの基準はさまざまなものがありますが、証拠金はその重要度に見合わず、あまり重視されないポイントです。特に「証拠金維持率」は、取引を続けるために重視したいポイントですが、大きく取り上げられることはまれです。

口座開設を検討するときには、通貨ペアや取引数量といった目に見える条件の他にも、リスク管理と資金管理に欠かせない証拠金にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP