新しい資産運用 「外国為替証拠金取引(FX)」とはなにか

FX(外国為替証拠金取引)の特徴

株式取引や債券取引に代わる新しい資産運用のかたちとして、近年注目を集めているのが外国為替証拠金取引(FX)です。

外貨預金とは異なるFXとはどのようなものなのか、詳しく見てみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)とはなにか

外国為替証拠金取引(FX)とは、証拠金(保証金)を預託して主に差金決済による通貨の売買をおこなう差金決済取引(CFD)の一種です。

FXと同様に外貨を扱う金融商品としては、銀行が提供している外貨預金が知られていますが、FXはレバレッジをかけることで比較的少額の資金でも取引ができることと、為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)による利益を期待することが外貨預金と異なります。

 

1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正によって、それまで為替銀行に限られていた為替業務が一般企業にも解放されたため、比較的少額の資金でもはじめられて、大きなリターンを期待できるFXに注目が集まることとなりました。

資産運用としてのFXの5つの特徴

為替手数料は原則無料

FXには外貨預金にはない様々な特徴があります。今回は外貨預金にはないFXならではの特徴の中でも、特に重要なものをいくつかピックアップしてみました。

取引手数料は原則無料

ほとんどのFXサービスでは、取引に発生する取引手数料は原則無料となっていますが、外貨預金の場合は為替手数料がかかります。

各大手銀行では、円とドルを両替するときに片道で大体1円の為替手数料がかかりますが、FXの場合は手数料無料となっているため、それだけ外貨預金に比べてコスト面で優位に立っているのです。

 

外貨預金にはないFX独特のコストとして、「スプレッド」があげられます。スプレッドとは、ビッドレート(業者の買値 = お客の売値)とアスクレート(業者の売値 = お客の買値)の差額のことを言い、取引ごとにこの差額をFXサービスに支払うことになります。

スプレッドはFXサービスと取引する通貨ペアによって大きく異なる場合があるので、口座を解説するときや取引するときには事前に確認するようにしましょう。

売り・買いのどちらからでも取引をはじめられる

外貨預金の運用は両替した通貨を銀行に預けるだけであり、積極的に売買はしません。

これに対してFXでは、保有した通貨ペアを売買することで発生する「為替差益」を狙う取引を行うため、数秒程度で通貨ペアの新規注文・決済注文を行うこともあります。

更に通貨ペアを保有するときには「買い注文」だけではなく「売り注文」から入ることもできます。そのためFXで通貨ペアを保有するときには、「買う・売る」では「保有する・決済する」と表します。

 

FXでは売り買いのどちらからでも注文に入れるだけではなく、「成行注文」や「指値注文」といった基本的な注文方法から、ポジションの保有から決済まで事前に指定できる「IFO注文」まで、様々な取引方法があります。

為替相場の状況に応じた柔軟な取引が可能となっているのは、外貨預金にはない大きな魅力と言えるでしょう。

レバレッジをかけた取引ができる

スワップ金利に並ぶFXならではの特徴としてあげられるのが、預けた証拠金の数倍から数十倍の金額の取引が可能な「レバレッジ」という仕組みです。

 

仮に証拠金として100万円を預けて取引をすると、レバレッジ5倍では500万、レバレッジ10倍では1,000万円までの取引が可能となるため、FXは株式取引などの資産運用と比べて少額の資金で大きな利益を狙える資産運用の方法として人気を集めています。

 

高いレバレッジを掛けるほど運用できる金額が大きくなるためハイリターンを期待できますが、ハイリターンが期待できる取引は、それだけ大きなリスクを背負った取引を行うことになります。

かつては数百倍のレバレッジをかけた取引も可能でしたが、それにより大きな損失を被るFXトレーダーが続出したため、現在では法律により国内FXサービスの個人向け口座はレバレッジ25倍に制限されています。

金利差益(インカムゲイン)が期待できる

レバレッジと並ぶFXの大きな特徴としてあげられるのが、通貨ペアの金利差から発生するスワップポイントによる「金利差益(インカムゲイン)」です。

 

FXで取引の対象となっている通貨には、それぞれ各国の中央銀行が決定した金利があります。景気低迷からの脱出を狙って事実上のゼロ金利を維持する「ゼロ金利政策」を採用している先進国の通貨はわずかな金利しか発生しませんが、経済成長が著しい新興国や需要の高い資源国は、数%の金利を設定することで先進国からの資金流入を目指しています。

低金利の先進国通貨と、高金利の新興国・資源国通貨の通貨ペアの場合、大きな金利差が発生しますが、この金利差のことを「スワップポイント」と言います。

 

スワップポイントは毎日決まった時間に計算されて、ポジションの決済と同時にスワップポイントも決済され、為替差益と一緒に精算されるのが基本的な仕組みです。

一部のFXサービスでは毎日ポジションを決済することでスワップポイント分だけ精算する仕組みを採用している場合もあるため、取引スタイルによって口座開設をするFXサービスは慎重に選ぶようにしましょう。

 

ポジションを持っているだけで毎日一定額が入ってくることが魅力のスワップポイントですが、ポジションの持ち方を間違えると逆にスワップポイントを支払うことになるため、スワップポイントを狙う取引を行うときには注意が必要です。

様々な通貨を取引できる

外貨預金で取り扱い対象となる通貨は、為替市場での取引量・流通量の多い主要通貨(メジャーカレンシー)が中心となっています。

メジャーカレンシーと呼ばれる通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフランの7通貨であり、外貨預金の場合はこれらの7通貨に加えて、高金利が魅力の新興国通貨・資源国通貨がいくつかある程度です。

 

これに対してFXでは、FXサービスによっては実に様々な通貨ペアの取り扱いがあるのがポイントです。

先にあげた主要7通貨は基本的に全てのFXサービスでの取り扱いがあり、主要7通貨以外にも数十カ国の通貨との通貨ペアの取り扱いもあるFXサービスもあるため、実に様々な取引ができることがFXの特徴と言えます。

 

あわせて読みたい

fx_akarichan 取引条件で比較
fx_akarichan 取引方法で比較
fx_akarichan 取り扱い通貨ペアで比較

 

おわりに

このように、最もポピュラーな外貨運用の方法である外貨預金と比べると、FXは取引の自由度が比較にならないほど高い外貨運用の方法と言えます。

FXをはじめるために必要な資金も数万円から数十万円程度で済むため、これからはじめて資産運用・外貨運用を考えているのであれば、FXはまさにうってつけと言えるかもしれません。

このコラムに関連する記事

TOP