外貨預金とは違う? 「外国為替証拠金取引(FX)」とはなにか

外貨預金とは違う? 「外国為替証拠金取引(FX)」とはなにか

「外国為替証拠金取引(FX)」は、ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。注目を集めているFXですが、実際の取引ではどのような仕組みを取り入れているのでしょうか。

今回は、注目を集めるFXの仕組みと、資産運用としての特徴がどのようなものかを見てみましょう。

為替の仕組みを活用する「外国為替証拠金取引(FX)」

日本円を外国の通貨に換える取引は「外国為替取引」と呼ばれ、日本円を米ドルに換える取引は「ドル買い(円売り)」といいます。通貨の価値は刻一刻と変わり、1日のうちで数円単位で上下することは珍しくありません。この値動きに注目してより効率よく通貨を取引する仕組みを取り入れたのが外国為替証拠金取引(FX)です。

資産運用としてのFXの魅力

同じ通貨を取引対象とする「外貨預金」と比べると、FXは特に手数料の面で有利であり、後述する「レバレッジ」や「スワップポイント」により、資金効率の良い取引が手軽に実現できるのが魅力です。

また、株式とFXを比較すると、現物取引が中心の株式ではある程度まとまった資金が必要ですが、差金決済取引が中心となるFXでは、より少ない資金で取引をはじめることができます。

効率よく取引するためのFXの2つの特徴

FXの取引の仕組みと取引の3つの特徴

「レバレッジ」と「スワップポイント」を活用するFX

為替を取引対象とするFXですが、等倍の取引では同じ通貨を取引対象とする外貨預金と比べても効率のよい取引が実現できません。

FXでは、元金の最大25倍の金額を運用できる「レバレッジ」や金利の差額によって得られる「スワップポイント」といった仕組みにより、少額の資金でより効率的な取引を実現しているのが特徴です。

資金効率よく取引するための「レバレッジ」

FXでは外貨預金と違い、売買する外貨相当の日本円を入金する必要はありません。少額の資金でもてこの原理(レバレッジ)を利用することで、資金効率の良い取引を手軽に実現できます。

例えば1万ドルを外貨預金するときには、1万ドル相当の日本円が必要ですが、レバレッジをかけた取引ができるFXでは、より少ない資金で取引をはじめられます。

金利差から生じる「スワップポイント」

レバレッジによる資金効率の良い取引がFXの魅力ですが、このほかに「スワップポイント」も見逃せない魅力です。スワップポイントとは、2種類の通貨間の金利差によって生じる差額のことであり、利息のようなものとしてとらえられます。

低金利の通貨を売って高金利の通貨を買えば、金利差であるスワップポイントもまとまった金額になるので、バブル崩壊から記録的な低金利が続く日本円を中心とする取引では、スワップポイントは見逃せないポイントの1つです。

このように魅力的なスワップポイントですが、高金利通貨を売って低金利通貨を買う取引では反対にスワップポイント支払いを支払うことになります。また、さまざまな金融情勢によってスワップポイントは日々変化するため、通貨ペアを持ちっぱなしのままにすることはリスクが大きいことには注意が必要です。

24時間365日の取引に対応した外国為替市場

FXは株式のように取引時間に制限がなく、土日祝日を除く24時間の取引に対応しています。世界中の主要都市に存在するインターバンク市場をつなぎ、1つの市場が取引時間を終えたら次の市場にリレーすることで、24時間取引を実現しています。

おわりに

このように、外貨を対象としてレバレッジやスワップポイントといった仕組みにより取引の自由度が高いFXは、資金効率の良さからも魅力的な資産運用の方法と言えます。

そのメリット・デメリットを理解した上で取引をはじめるのであれば、FXは資産運用の柱とすることもできる魅力的な方法と言えます。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP