為替取引の基本。「通貨高」と「通貨安」とはなにか

為替取引の基本。「通貨高」と「通貨安」とはなにか

通貨の組み合わせを取引することで利益を狙う外国為替証拠金取引(FX)では、安定した取引のために為替レートの値動きを把握することが欠かせません。

もっとも身近な為替レートの値動きと言えば、円高・円安(通貨高・通貨安)ですが、その内容をきちんと説明できるかと問われると、不安な人が大多数ではないでしょうか。

今回は、通貨高と通貨安についてもう一度おさらいしておきましょう。

外国為替市場での通貨の価値を決める「為替レート」

通貨安・通貨高の意味その前に

基本的に貨幣(通貨)とは、各国政府ないし中央銀行が発行して発行国の法律などにより裏付けを与えられているものであり、発行国・地域から出ると利用できません。

国境を越える資本移動が発生する取引では自国通貨を相手国通貨へ交換しなければなりませんが、そのためには外国為替市場での取引が必要です。目安となる基準がないと、どちらかが一方的に不利な取引をおこなうことになります。

そこで自国通貨と相手国通貨の交換比率を決定するのが、「為替レート」です。外国為替証拠金取引(FX)ではこの為替レートの動向を予測した取引により利益を狙います。

外国為替市場での通貨の価値を表す「通貨高」と「通貨安」

外国為替市場での通貨の価値を表す「通貨高」と「通貨安」

このように外国為替市場での通貨同士の交換比率ですが、良く見聞きする「通貨高」や「通貨安」とはどのような状況なのでしょうか。通貨高と通貨安について見てみましょう。

通貨の価値が上がる「通貨高」

通貨高とは、外国為替市場で、ある通貨に対して日本通貨の価値が上がっている(高くなる=「通貨高」)状態のことです。通貨高・ドル安であれば、ドルに対して通貨の価値が上がり、通貨に対してドルの価値が下がっている状態であり1ドルで交換できる通貨が少なくなります。

そのため、通貨高が進むと輸入する物品・サービスの価格が値下がりし、輸出する物品・サービスが値上がりします。

通貨の価値が下がる「通貨安」

通貨の価値が上がる「通貨高」とは反対に、通貨の価値が下がっている状態が「通貨安」です。いわゆる通貨安・ドル高ではドルに対して通貨の価値が下がっている状態を意味します。

通貨安が進むと、輸出関連産業が恩恵を受ける一方、輸入関連産業には不利となるため、通貨安・通貨高のどちらも行き過ぎることは警戒されます。

為替レートの決定要因にはどのようなものがある?

まぎらわしい「安い」「高い」

このようにその時々の為替レートによって通貨高・通貨安は決定されますが、為替レートを決定する要因にはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

金融・財政政策

為替レートの変動に影響を与える要因の中でも影響が大きいのが、金融・財政政策です。特に主要国は製品・サービスなどの財の輸出により大きな利益を得ているため、自国通貨安に誘導するためのさまざまな金融・財政政策を実施しています。

近年の金融・財政政策としては、リーマン・ショックをきっかけとする世界金融危機で記録的な景気後退に見舞われたアメリカの「量的金融緩和政策(Quantitative Easing = QE)」が知られています。

これは、金利調整による景気の調整を目指した従来の金融政策(伝統的金融政策)とは異なり、市中に流通する資金量の調節という新しい金融政策(非伝統的金融政策)が大規模に実施された最初の例でした。

国際収支

大きな外部要因がなければ、基本的に為替レートは国際取引の利益(貿易黒字)と海外への融資(対外貸し付け)の変化が均衡するように変動します。

貿易黒字が増えても対外貸し付けが増加しなければ両者を均衡させるように通貨高が進み、貿易黒字の増加分が対外貸し付けよりも少なければ通貨安となります。貿易黒字が減るときには、貿易黒字そのものではなく対外貸し付けとの相対的な増減によって通貨高・通貨安が決まります。

株価

金融政策や国際収支とは別に、為替レートと密接な関わりがあるのが国ごとの株価です。

国内上場企業の発行済み株式総数のうち、約2割を外国人投資家が保有していて、売買代金に占めるシェアは6割というデータが示すように、日本の株式市場は外国人投資家の動向に大きく左右されます。

外国人投資家が保有する株式を売買して資金を移動させると、通貨の移動が発生するため、為替レートの変動要因となります。為替レートの変動で相対的に日本株が安くなれば外国人投資家の取引が増えるため、株価と為替レートは密接に関係していると言えます。

あわせて読みたい

外国為替証拠金取引(FX)に欠かせない情報収集と分析手法
1ドル = いくら?気をつけたい為替レートの仕組みと見方とは

通貨高・通貨安が与える影響はどのようなものがあるか

海外旅行に行くとき、帰ってきたとき

目安となる為替レートに対する上下動で決まる通貨高と通貨安ですが、その影響はどのようなものがあるのでしょうか。

外国為替市場での通貨の価値が高まる通貨高では、国内から国外に出るお金の流れが有利になり、通貨安であれば国外から国内に入るお金の流れが有利になると考えられます。財の輸出が収支に大きく影響する現代社会では、自国の通貨安を狙ってしばしば為替介入がおこなわれます。

しかし通貨高・通貨安はコインの裏表の関係であり、通貨介入など正常な取引をゆがめる動きが続くと、短期的にはともかく中長期的には経済に対して悪影響を与えるため、その実施は国際的に非難される傾向にあります。

おわりに

さまざまな要因によって寸秒の単位で値動きする為替レートを分析・予測して取引をおこなうのがFXの魅力でもあり、怖いところでもあります。

安定した取引を続けるためにも、外国為替市場の値動きには特に注意を払うようにしたいものです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP