外国為替証拠金取引(FX)の取引スタイルとは

v

24時間365日の取引ができる外国為替証拠金取引(FX)は、株式投資と比べると格段に自由度の高い資産運用の方法ですが、その自由度の高さからどのように取引をするかで悩むことがあるかもしれません。

今回はFXの取引スタイルの概要と特徴、取引スタイルを決めるときに気をつけたいポイントについて見てみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)とはなにか

外国為替証拠金取引(FX)とは、証拠金(保証金)を預託して主に差金決済による通貨の売買をおこなう、取引差金決済取引(CFD)の一種です。

外貨を扱う取引としては銀行が提供している外貨預金が一般的ですが、FXはレバレッジをかけることで比較的少額の資金でも取引ができることと、為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)による利益を期待することが外貨預金と異なります。

 

1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正によって、それまで為替銀行に限られていた為替業務が一般企業にも解放されたため、比較的少額の資金でもはじめられて大きなリターンを期待できるFXに注目が集まることとなりました。

FXの利益を左右する取引スタイルはどのようなものがあるか

少額の資金ではじめられて大きな利益が期待できるのがFXの大きな魅力ですが、裏を返せば一度の取引で大きな損失をこうむる可能性が大きいということでもあります。

FXで安定した利益を得るために欠かせないのは、厳重なリスク管理と資金管理、何よりも一貫した取引スタイルであると言われています。FXの取引スタイルはどのようなものがあり、どのような特徴があるのでしょうか。代表的な取引スタイルについて見てみましょう。

スキャルピングトレード

値動きの激しい外国為替市場の特徴を活かした取引スタイルが、高いレバレッジをかけた数秒程度で完結する取引を1日のうちに何回もおこなう「スキャルピングトレード」です。

スキャルピングトレードでは、1回の取引で数pipsから10pips程度という小さな利益を狙い、取引を重ねることで大きな利益とすることを狙います。

デイトレード

FXの代表的な取引スタイルとして知られているのが、スキャルピングトレードと同様に高いレバレッジをかけた取引を短期間で複数回おこなう「デイトレード」と呼ばれる取引スタイルです。

高いレバレッジをかけた取引がデイトレードの特徴ですが、スキャルピングトレードほど高頻度の取引をおこなわないのが特徴です。

スイングトレード

外国為替市場は値動きが激しく値幅が大きいため、スキャルピングトレードやデイトレードに代表される短期間で完結する取引が主流ですが、中長期の取引を主体とする取引スタイルも存在します。

「スイングトレード」は中長期の取引スタイルとして代表的なものであり、ポジションの保有から決済までが数週間程度に及ぶ取引スタイルです。スイングトレードでは、1回の取引で数百pips程度の利益を狙う取引として知られています。

ポジショントレード

「ポジショントレード」はスイングトレードよりも長い数ヶ月から数年にも及ぶ取引スタイルであり、極めて大きな資金量が要求される取引スタイルです。

ポジショントレードでは、1回の取引で数百pipsから数千pipsという極めて大きな利益を狙う取引スタイルとして知られています。

 
あわせて読みたい

fx_akarichan 数秒で取引が完結?FXの「スキャルピング」を徹底解説!
fx_akarichan 覚えておきたいFXで「デイトレード」をするときのコツ
fx_akarichan トレンドにのった取引が欠かせないFXの「スイングトレード」
fx_akarichan 1回で大きな利益を狙うFXの「ポジショントレード」のコツ
 

FXの取引スタイルを考えるための3つのヒント

数秒で完結するスキャルピングトレードから数年に渡る取引となるポジショントレードまで、FXの取引スタイルはいくつかありますが、取引スタイルを決めるときに重視したいポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。

取引スタイルを考えるときの代表的なポイントについて見てみましょう。

資金量から考える

取引スタイルを考えるときにもっとも重要なポイントと言えるのが、どの程度の資金をFXに振り向けられるかということです。

数万円程度という少額からはじめられるのがFXの大きな魅力ですが、少額ではじめると高いレバレッジをかけた取引となるため、必然的にスキャルピングトレードやデイトレードなどの短期の取引が中心となります。

一方、豊富な資金を用意できると外国為替市場の大きな変動にも耐えられるため、短期の取引はもちろん、スイングトレードやポジショントレードなどの長期の取引も可能です。

狙う利益から考える

資金量と同様に、どの程度の利益を目指すかも取引スタイルを決めるときに重要なポイントです。

書店の店頭では「FXで一攫千金!」といった景気の良いタイトルの書籍が山積みですが、FXで人生を変えるほどの大金を獲得するのはごく一握り。

ほとんどのFXトレーダーはある程度の利益を得たところで頭打ちとなり、それ以上の利益を狙うと大きな損失をこうむります。現実的にどれだけの利益が必要なのかを検討しておくことは欠かせません。

取引時間から考える

FXの取引スタイルは資金量と目指す利益からほぼ決定されますが、取引時間も取引スタイルを考える上で重要なポイントです。

PCやスマートフォンなどの情報端末の発達により、インターネットに安定して接続できればいつでも取引ができますが、就業中や授業中、家事の最中に取引をすることは褒められたことではありません。

どの時間であれば取引に集中できるかを考えることも、取引スタイルを考える上では重要なポイントと言えます。

おわりに

ここまでFXの代表的な取引スタイルとその特徴、どのようなポイントに注意して取引スタイルを決めるかを見てきました。

ここまで見てきた要素について比較・検討することで、最適な取引スタイルの輪郭だけでも見えてきたかと思います。自分に最適な取引スタイルを決めて、安定した取引の実現を目指しましょう。

このコラムに関連する記事

TOP