手数料削減の秘訣。FXサービスを活用した「外貨両替」とは

手数料削減の秘訣。FXサービスを活用した「外貨両替」とは

着々と夏が近づいていて、海外旅行の予定を立てている人もいると思われますが、気になるのは無視できない手数料がかかる現金の両替です。

両替手数料をできるだけ安く抑える方法の一つに、FXサービスを活用した「外貨両替」と呼ばれる手段です。外貨両替にはどのような特徴があり、メリット・デメリットがあるのかを見てみましょう。

知っておきたいさまざまな両替方法

クレジットカードの普及により、海外旅行での現金の必要性は以前よりは小さくなったものの、やはりチップや少額の買い物などで必要な局面がいくつか存在します。

外貨両替のための手段はいくつかありますが、もっとも一般的な方法である銀行と金券ショップ、空港での外貨両替のコストを見てみましょう。

銀行での両替

外貨両替でのもっとも一般的な方法と言えるのが、市中の銀行での両替です。普段使いの銀行でも、外貨預金を扱っていればほとんどの場合は外貨両替に対応しているため、もっとも手軽な外貨両替の方法と言えます。

しかし銀行ごとに手数料はことなるだけではなく、メガバンクではおおむね片道1ドルあたり1円から2円程度かかり、必要な金種がそろっているとは限りません。急な出費のときを除いて、銀行での外貨両替はあまり現実的とは言えません。

金券ショップでの両替

銀行よりも手数料の安価な外貨両替の方法として、金券ショップでの外貨両替があります。実店舗はもちろん、オンライン店舗で手続きにも対応していて、手軽に海外送金できるのが金券ショップの魅力。

外貨両替と海外送金が手軽にできるというメリットはあるものの、手数料はやはり片道1円程度かかるため、銀行での両替よりは安いといってもコスト面での負担は無視できません。

空港両替所での両替

出発直前や手続き後に外貨両替が必要になったときに使えるのが、空港での両替です。

出国手続き前は出店している銀行店舗、手続き後は両替所での手続きとなる空港での両替は、出国直前というタイミングでも両替をすることができます。

ギリギリのタイミングまで両替できる分、コスト面では銀行や金券ショップの両替と比べてももっとも不利であることがデメリットです。

FXサービスを利用した「外貨両替」とは

どのような外貨両替の方法でも、両替する金額に対して少なくない手数料が発生するため、手数料負担は無視できるものではありません。

何かと物入りな海外旅行の前には、できるだけ出費を抑えたいもの。手数料を抑えて両替をする方法として、FXサービスを活用して外貨両替をする方法があります。

少額の証拠金を預けて外貨を取引する外国為替証拠金取引(FX)は、基本的に入金・出金は日本円でおこないますが、一部のFXサービスでは外貨での入金・出金を受けつけていることがあります。

FXサービスを利用した外貨両替では、銀行や金券ショップ、空港両替所での両替と比べるとコスト的に負担をはるかに低くすることもできるため、まとまった金額を両替すると数万円単位で手数料負担がかわることも珍しくありません。

まとまった金額を両替するのであれば、FXサービスを利用した外貨両替は積極的に利用したい仕組みと言えます。

気をつけたい「外貨両替」と「現受け」の違い

コスト面で極めて有利なFXサービスの外貨両替ですが、細かく見ると「外貨両替」と「現受け」の二つがあり、その仕組みは異なります。それぞれの仕組みを見てみましょう。

両替に特化した「外貨両替」

外貨両替は銀行や金券ショップ、空港両替所などの外貨両替と同様のサービスであり、手持ちの日本円をFXサービスに預けて外貨に両替して引き出すサービスです。入金・出金の流れは通常の日本円での入金・出金と同様であり、手間取ることの少ない仕組みと言えます。

取引結果を外貨で受け取る「現受け」

通常の外貨両替とは別の方法として一部のFXサービスで提供されているのが、「現受け・現渡し」と呼ばれる方法です。これは両替にFXを活用した両替方法であり、より低コストでの両替を実現した外貨両替です。

通常の取引では取引を終了するためには差金決済(反対売買)をする必要がありますが、外貨の買い建玉での取引数量相当の日本円を預ければ外貨で受け渡しができるのが「現受け」であり、反対に外貨の売り建玉相当の外貨を預ければ日本円で受け渡しをする「現渡し」です。

現受け・現渡しに対応しているFXサービスはどちらも限られているため、現受け・現渡しを希望するときには取引口座を開設しているFXサービスが対応しているかを確認する必要があります。

外貨両替に対応しているFXサービス

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)アイキャッチ FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)
外貨ex(YJFX)アイキャッチ 外貨ex(ワイジェイFX)
パートナーズFX パートナーズFX(マネーパートナーズ)

FXサービスを利用して外貨両替をするときの注意点

低コストが魅力のFXサービスを利用した外貨両替ですが、利用するときにはいくつか注意したいポイントがあります。そのポイントを見てみましょう。

手続きに時間がかかる

低コストが魅力のFXサービスの外貨両替ですが、実際に外貨を手にするまでは数日から数週間程度の時間がかかることも珍しくありません。直前にあわてて手続きをすると用意できないこともあるため、ある程度余裕を見て手続きを進める必要があります。

まとまった金額でないとメリットは少ない

低コストといっても、数千円から数万円程度という少額の外貨両替ではコスト面でのメリットは大きいとは言えません。ある程度まとまった金額の両替でなければ、わざわざFXサービスを利用するメリットは薄いと言えます。

銀行への入金・出金で手数料がかかる

サービス自体への入金・出金は低コストなFXサービスの外貨両替ですが、FXサービスから銀行に出金するときには取引ごとに数千円程度の手数料がかかります。トータルのコストを見て本当に有利なのかを判断する必要があると言えるでしょう。

おわりに

低コストであることが強調されるFXサービスの外貨両替ですが、実際にはそれほど手軽ではなく、手続きの内容によってはコスト面でもそれほど有利ではないことも珍しくありません。

外貨両替の仕組みを把握した上で、トラブルのない外貨両替ができる方法を選ぶ必要があります。

参考サイト

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP