手数料削減の秘訣。FXサービスを活用した「外貨両替」とは

手数料削減の秘訣。FXサービスを活用した「外貨両替」とは

通貨を取引対象とする外国為替証拠金取引(FX)ですが、その仕組みを応用することで通貨が関わるさまざまな取引を手軽に実現できることはあまり知られていません。

今回は、FXを活用した外貨が関わる取引の中でも、もっとも身近といえる「外貨両替」について見てみましょう。

知っておきたい外貨両替のポイント

通貨を両替する「外貨両替」

外貨両替とは、ある国の通貨を別の国の通貨に交換することをいいます。日本国内で生活している分にはなじみの薄い外貨両替ですが、旅行や出張などの海外渡航や海外送金、輸出入取引など、身近なところで意外なかかわりがあることはあまり知られていません。

もっとも身近な海外渡航時の両替では、出国前か渡航先(海外)で両替するかのどちらかとなります。特に海外で両替するときは、その国でもっとも認知度の高い通貨(現金)に両替することが基本となります。

さまざまな場所でできる外貨両替

国内外のさまざまな場所でできる外貨両替ですが、手続きをする場所によって適用相場(換算レート)は大きく異なります。日本国内で外貨両替をするときには、銀行や外貨両替専門店、トラベルチェック、さらに外貨の売買を取り扱う金券ショップが主な手続き受付店舗となります。

このほかにも、金融機関やクレジットカード会社などが提供する「外貨宅配サービス」でも外貨両替はできますが、時間やコストの面からよほどの余裕がないと有力な選択肢とは言えません。

銀行などの金融機関では1通貨単位である紙幣までしか両替できませんが、一部金券ショップでは通貨の補助単位である硬貨の両替まで対応していることもあります。

外国為替証拠金取引(FX)を使った外貨両替

為替手数料を節約できるFX会社の外貨両替

FX会社によっては、通常の取引以外にも、「受渡し(デリバリー)」や「通貨両替(コンバージョン)」のという名前で外貨両替サービスを提供していることがあります。

これらのサービスを利用して外貨両替をすると、金融機関やトラベラーズチェック、金券ショップなどの実店舗での取引と比べると為替手数料の負担を大きく削減できます。

ポジションを現物で決済する「受渡し(デリバリー)」

受渡し(デリバリー)とは、未決済のポジションの決済方法として、反対売買ではなく対価の通貨と交換することによって受渡しをする取引です。

受渡しではポジションを持ったときの為替レートで外貨を調達できるため、将来的に外貨を必要となるときに、実需のヘッジ手段としても活用することができます。

FX会社が相手方となる「通貨両替(コンバージョン)」

通貨両替(コンバージョン)は、通常の外貨両替と同じ手順を踏む取引ですが、相手方がFX会社となることで、銀行で手続きをするときと比べるとはるかに小さいコストで取引できるという特徴があります。

外貨両替に対応しているFXサービス

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)アイキャッチ FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)
外貨ex(YJFX)アイキャッチ 外貨ex(ワイジェイFX)
パートナーズFX パートナーズFX(マネーパートナーズ)

FXサービスで外貨両替をするときのポイント

手続きに時間がかかる

低コストが魅力のFXサービスの外貨両替ですが、実際に外貨を手にするまでは数日から数週間程度の時間がかかることも珍しくありません。

直前にあわてて手続きをすると必要なときに間に合わないこともあるため、時間にはある程度の余裕を見て手続きを進める必要があります。

まとまった金額でないとメリットは少ない

低コストといっても、数千円から数万円程度という少額の外貨両替ではコスト面でのメリットは大きいとは言えません。ある程度まとまった金額の両替でなければ、わざわざFXサービスを利用するメリットは薄いと言えます。

銀行への入金・出金で手数料がかかる

サービス自体への入金・出金は低コストなFXサービスの外貨両替ですが、FXサービスから銀行に出金するときには取引ごとに数千円程度の手数料がかかります。トータルのコストを見て本当に有利なのかを判断する必要があると言えるでしょう。

外貨両替に対応しているFXサービス

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)アイキャッチ FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)
外貨ex(YJFX)アイキャッチ 外貨ex(ワイジェイFX)
パートナーズFX パートナーズFX(マネーパートナーズ)

おわりに

低コストであることが強調されるFXサービスの外貨両替ですが、手続きの内容次第では、金融機関や金券ショップでの両替と比べてもあまり有利でないこともあります。

より低いコストで外貨両替をするためには、その仕組みを理解した上で、もっとも適切な方法を選ぶことが欠かせないといえるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP