外国為替証拠金取引(FX)口座開設時の五つのポイント

外国為替証拠金取引(FX)口座開設時の五つのポイント

FXをはじめるときのポイントうち、特に重要なのが「どのFXサービスで口座開設をするか」ということです。

各FXサービスとも魅力的なキャンペーンを定期的におこなっているため、ついキャンペーン内容だけを比較してしまいがちですが、口座開設をするFXサービスは慎重に選びたいもの。

今回は口座開設をするFXサービスを選ぶときに気をつけたいポイントを見てみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)とはなにか

1998年の外国為替及び外国貿易法(改正外為法)の施行により、為替業務が銀行以外にも解禁されたことをきっかけに人気が集まったのが外国為替証拠金取引(FX)です。

レバレッジをかけた取引により少ない資金でも大きな利益が期待できたことからFXには爆発的な人気が集まり、さまざまな会社がFXサービスに参入することとなりました。しかし新規参入組に詐欺まがいの悪徳業者が少なくなかったことや、相場環境の悪化による取引高の減少によりブームは下火となります。

2005年に「金融商品の販売等に関する法律」が改正され、法規制が比較的ゆるかったFXサービスも、金融商品取引業への登録義務や自己資本規制比率の設定、強引な勧誘の禁止など、さまざまな規制が課せられることとなりました。

これによりFXサービスの撤退・買収が相次ぎ、2004年から10年足らずでFXサービスは半減、現在でもさらなる淘汰は進んでいます。

FXサービスを選ぶときの五つのポイント

このように競争の激しいFXサービスでは、口座開設をするFX会社を選ぶことは欠かせません。今回は、会社選びのときに重要なポイントについて見てみましょう。

取引結果を左右する「スプレッド」

FXサービスを選ぶときにもっとも重視したいポイントが、買値(ビット)と売値(アスク)の差である「スプレッド」です。

スプレッドは取引結果に直接影響するコストであり、大手FXサービスのスプレッド競争はきわめて激しいものとなっています。

取引の活発な基本7通貨ペアではスプレッドは0.3銭~と狭く設定されていますが、マイナー通貨ペアでは2銭以上することも珍しくないので、スプレッド比較では基本7通貨ペアのスプレッドを比較するのが一般的です。

取引の成立を左右する「約定力」

スプレッドと並んで重要な比較ポイントが、注文がどれだけ成立するかに影響する「約定力」です。

発注した売買注文が成立することを「約定」、注文のうちどの程度が約定したかを表す割合は「約定率」と呼び、約定力は約定率を基本に様々な要素を加味して求めます。

約定率は週明け月曜日や重要指標の発表直後などの売買注文が殺到する時間に明確な差が出るので、約定力を考えるときにはこのときの約定率を参考にすると良いでしょう。

約定しない原因としては「スリッページ」や「注文拒否(リジェクト)」などがありますが、約定率は取引結果に大きな影響を及ぼすので、特に注目したいポイントです。

取引の収益に影響する「スワップポイント」

スプレッドや約定力は取引に大きく影響を与えるポイントですが、同様に取引結果に影響するのが「スワップポイント」です。

スワップポイントとは、通貨ペアの間に発生する金利差であり、取引する通貨ペアの内容によって大きく異なります。一般的に金利差の小さい通貨ペアではスワップポイントは小さくなり、金利差が大きいとスワップポイントも大きくなります。 同じ通貨ペアでもFXサービスによってスワップポイントにも差が発生することがあるので、スワップポイントを狙う中期・長期取引を考えているのであれば、スワップポイントの重要な比較対象です。

取引の内容を左右する「取引ツール」

一般的にFXの取引はIDとパスワードを利用してログインする専用のオンライン口座もしくはアプリケーション(アプリ)での取引となり、オンライン口座やアプリの取引環境はFXサービスにより異なります。

FXサービスやアクセスする端末によって独自色が強いので、取引をシミュレートできる「デモトレード」が提供されています。

実際に口座開設をする前に、デモトレードで相性を確認すると良いかもしれません。

投資情報などのサポート体制

ここまで見てきたポイントの他に重要なポイントとしてあげられるのが、相場情報の配信をはじめとする取引のサポート体制です。

取引の判断材料となる情報配信と配信される内容は、取引結果を左右することになり、セミナーや動画配信の有無は、FXトレーダーのサポートのどれだけ力を入れているかを検討するヒントとなります。

おわりに

ここまでは実際の取引のときに気になるポイントに絞って、FXサービスを選ぶポイントについて見てきました。FXサービスは、FXを含む先物取引専門の業者から、株式なども取り扱う総合証券まで、実にさまざまな会社が提供しています。

口座開設のときには、いくつかの比較軸で検討した上で口座開設をするようにしたいものです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP