安定した利益が期待できる「スワップポイント」とはなにか

FXのスワップポイントとは?スワップ金利の仕組み

外国為替証拠金取引(FX)は少ない資金ではじめられてレバレッジをかけた取引ができることから、大きな利益が期待できる資産運用の方法として注目を集めています。

中でもポジションを持つだけで安定した収益を期待できる「スワップポイント」は、記録的な低金利が続く日本円を中心とした取引を考えると有利な収益源として期待されています。

今回は、注目を集めるスワップポイントの仕組みと、メリット・デメリットについて見てみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)とはなにか

スワップポイント(スワップ金利)とは

外国為替証拠金取引(FX)とは、証拠金(保証金)をFXサービスに預託して、主に差金決済による通貨の売買をおこなう、差金決済取引(CFD)の一種です。

外貨を扱う取引としては銀行が提供している外貨預金が一般的ですが、FXはレバレッジをかけた取引により比較的少額の資金でも取引ができることと、為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)による利益を期待することが外貨預金と異なります。

 

1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正によって、それまで為替銀行に限られていた為替業務が一般企業にも解放されたため、比較的少額の資金でもはじめられて大きなリターンを期待できるFXに注目が集まることとなりました。

為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)

通貨そのものを取引の対象とすることで利益を狙うFXですが、利益を得るための方法は「為替差益(キャピタルゲイン)」と「金利差益(インカムゲイン)」の2つの方法があります。

スワップポイントについて見る前に、キャピタルゲインとインカムゲインのそれぞれの概要と特徴について見てみましょう。

通貨の売買で利益を狙う「為替差益(キャピタルゲイン)」

外国為替市場で取引がおこなわれている通貨は、様々な要因によって時々刻々と為替レートが変動しています。この為替レートの変動を利用した通貨の売買によって発生した利益のことを、「為替差益(キャピタルゲイン)」と呼びます。

CFDの一種であるFXでは、「安く買って高く売る」買いから入る取引と、「高く売って安く買う」売りから入る取引の2通りの取引のはじめかたがあります。

そのため、為替レートが円高・円安のどちらに動いても、注文の入り方を間違えなければ安定して利益を得られるのが特徴です。

金利の差から生じる「金利差益(インカムゲイン)」

通貨の売買から発生するキャピタルゲインの他に、FXでは金利調整分(スワップポイント)と呼ばれる2つの通貨の間に発生する金利差から得られる利益のことを、「金利差益(インカムゲイン)」があります。

利益を確定するためには保有している通貨の売買が必要になるキャピタルゲインと異なり、スワップポイントはポジションを保有した日数に応じて支払われるため、インカムゲインはキャピタルゲインと比べて安定した利益を狙うことができます。

 

スワップポイントを狙う取引では、低金利政策を維持している日本円などの主要国通貨を売り、高金利政策を採用しているオーストラリアドルなどの資源国・新興国通貨を買うことが基本です。

1度の取引で大きな利益が期待できるキャピタルゲインと違って、インカムゲインは毎日小さな利益を積みかさねるのが特徴と言えるでしょう。

スワップポイントを狙うときに注意したいポイント

スワップポイントのリスクについて

ポジションを保有しているだけのスワップポイントを狙う取引は比較的安定している取引ですが、実際に取引をおこなうときには注意したいポイントがあります。

いくつかあるポイントの中でも、特に気をつけたいポイントについて見てみましょう。

ポジションを保有していた日数分だけ発生する

スワップポイントは毎日加算されますが、その仕組みは多少複雑です。大まかな仕組みを見てみましょう。

ポジションを保有したまま決められた時間を過ぎることで、発生するスワップポイントが計算されて加算されます。スワップポイントを狙うためにはポジションを日をまたいで保有する(持ち越す)ことを、「ロールオーバー」と呼びます。

スワップポイントが計算される時間帯や、加算方法はFXサービスによって異なるため、スワップポイントを狙う取引を考えるならば、スワップポイントの計算・加算についても確認しておきたいポイントです。

ポジションのエントリー方向

FXは「安く買って高く売る」もしくは「高く売って安く買う」、売り買いのどちらからでも取引をはじめられるのが特徴であり、ポジションのエントリー方向が自由に選べることはFXの魅力の1つです。

しかし、スワップポイントを狙う取引で高金利通貨を売って低金利通貨を買う注文でエントリーしてしまうと、スワップポイントを受け取るどころか支払うことになるため、ポジションのエントリー方向に注意する必要があります。

取引期間が長くなる

スワップポイントを狙う取引は低金利通貨を売って高金利通貨を買って長期保有をすることになるため、必然的にキャピタルゲインとインカムゲインの2つを狙う取引となります。

 

インカムゲインが期待できるのが高金利通貨の魅力ですが、高金利通貨は資源国・新興国通貨であることがほとんどであり、主要通貨と比べるとより大きなリスクを背負っている通貨でもあります。

人気の高いオーストラリアドルやニュージーランドドル、南アフリカランドは、まさしくこの資源国・新興国通貨の代表格であり、極めて値動きの荒い通貨でもあります。

特に大口の注文があったときには為替レートは一方向に動きやすく、値動きの粗さに拍車をかけています。

 

スワップポイントを狙う取引では毎日一定額のインカムゲインが発生するため、含み損が発生しても対処が鈍くなりがちです。しかし、何らかの理由によって為替レートの急激な値動きが発生するとそれまでのスワップポイントが丸ごと吹き飛ぶこともあるため、リスク管理・資金管理には十分に注意する必要があります。

おわりに

ポジションを持っているだけで安定した利益が発生するインカムゲインは、FX初心者にも解りやすくはじめやすい利益の狙いかたですが、キャピタルゲインとは異なるリスクを背負っています。

インカムゲインを狙う取引をはじめる前に、そのリターンとリスクについて、しっかりと把握してから取引をはじめるようにしましょう。

このコラムに関連する記事

TOP