危険と言われる「塩漬け」と「ナンピン」とはなにか

塩漬けとナンピン
 

FXをあつかった書籍やサイトで、やってはいけない取引方法として必ずと言ってよいほど取り上げられているのが、「塩漬け」と「難平(ナンピン)」です。

しかし実際に取引をはじめると、塩漬けとナンピンはついやってしまいがちなことでも知られています。今回は、そんな塩漬けとナンピンについて見てみましょう。

 

「塩漬け」と「難平(ナンピン)」とはなにか

そもそも塩漬けと難平(ナンピン)とは、どのような取引方法のことを言うのでしょうか。

1ドル=100円の為替レートのときに、買い注文で米ドル/日本円(USD/JPY)の通貨ペアをレバレッジ1倍で1万通貨単位を保有したと想定して、塩漬けとナンピンがどのようなものかを見てみましょう。

 

塩漬け

1ドル=100円での買い注文なので、為替レートが円安方向に推移することを期待しての取引でしたが、為替レートは円高方向に推移して、1ドル=95円となりました。

 

この時点で損切り注文を出せば、この取引でこうむる損失は、

  • 5(円)×1万(通貨単位)=5(万円)

となります。

 

この5万円を惜しんで損切り注文を発注せず、何らかの理由による外国為替市場のトレンドが円高方向に転換することを期待して、そのままポジションを持ちつづけることにしました。

このように事前の期待と違ったり事前に決めた以上の損失が生じたりしたときに、損切りをせずに含み損を抱えたままポジションを持ちつづけることを、「塩漬け」と言います。

 

難平(ナンピン)

塩漬けとなった米ドル/日本円(USD/JPY)の1万通貨単位のポジションは、そのあとどうなるのでしょうか。

期待通りに外国為替市場のトレンドが円高から円安になれば、塩漬けとなったポジションは解消できます。しかしトレンドの転換は起こらず、為替レートは1ドル=90円まで円高が進みました。

 

この時点でこのポジションに発生している損失(含み損)は、

  • 10(円)×1万(通貨単位)=10(万円)

となります。

 

ここで「同じポジションを買い増すことで含み損を減らして、トレンドが入れかわったときに利益となる為替レートを有利なほうに持っていこう」と考えて、同じポジションを買い増すことを、「難平(ナンピン)」と呼びます。

 

ナンピンをしたポジションで利益が出る為替レートは、

  • (100(円)×1万(通貨単位))+90(円)×1万(通貨単位)/ 2万(通貨単位) = 95(円)

となり、為替レートが1ドル=95円まで戻れば損失を出さずに済み、1ドル=100円になれば利益が生じることとなります。

 

塩漬けとナンピンは取引にどう影響するのか

このように含み損が発生したポジションのロスカットをせずに持ち続ける塩漬けと、含み損が生じているポジションを買い増すことで有利な為替レートに引き寄せることを狙うナンピンですが、取引にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

ポジションを持ち続けることで期待できるインカムゲイン

塩漬けにしてもナンピンにしても、期待する為替レートに戻るまでポジションを持ち続けることになるため、金利差の大きい通貨ペアを塩漬け・ナンピンするのであれば、スワップポイントによる利益(インカムゲイン)が期待できることになります。

極端なことを言ってしまえば、損切りに失敗して塩漬けになったポジションでも、インカムゲインで利益が出るまで持っていれば、取引の失敗ではなく長期取引と言えるのです。

 

資金管理に大きなリスクを抱える

塩漬けとナンピンのデメリットとしてもっとも大きいのが、取引を続けるために欠かせない資金管理に、無用なリスクを背負うことです。

ポジションを塩漬けにしたりナンピンしただけ証拠金を取引に使うことになるため、取引の自由度が下がるだけではなく、取引をロスカットされる可能性が大きくなります。

 

より大きな損失をこうむる可能性のほうが大きい

含み損を確定しない塩漬けや、ポジションを買い増すことで為替レートを有利なほうに引き寄せるナンピンは、損失を確定しないことで状況が好転すること狙う取引方法ですが、塩漬けやナンピンをしたときよりも不利な方向に為替レートが動くことは否定できません。

そうなると状況は好転するどころか、更に大きな損失をこうむることになります。

  これらのポイント以外にも、心理的負担や金銭的負担など、目に見えにくい様々なデメリットもあり、塩漬けやナンピンを冷静に見てみると、メリットよりもデメリットのほうが大きいことが分かります。

 

塩漬けとナンピンをしないためには?

このようにメリットは少なくデメリットばかりが大きいのが塩漬けとナンピンですが、ロスカットのように、サービス側で制限する仕組みは用意されていません。

取引を塩漬けにしたりナンピンをしないための仕組みは、ひとえにトレーダー本人が事前にキチンとした取引ルールを設定することと、それを守った取引をすることにかかっているのです。

 
あわせて読みたい

fx_akarichan 安定した利益のために欠かせない「損切り」とはなにか
 

おわりに

見てきたように、取引に取り入れてもメリットが少なくデメリットばかりが大きいと言われているのが塩漬けとナンピンです。

取引をするときには事前の取引ルールの設定と、その遵守を心がけるようにしましょう。

このコラムに関連する記事

TOP