外国為替証拠金取引(FX)の取引と「ポジション」を徹底解説

FXのポジションとは?ロングポジション・ショートポジションについて

FXは初心者でも始めやすい投資方法として人気があります。FXは正確には外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)といい、外国の通貨を売り買いして為替レートの差額を儲ける仕組みになっています。

株式の売買などは初心者には難しく感じるものですが、FXは日ごろニュースで見ている為替レートの変動を元に「価値の上がりそうな通貨」「価値の下がりそうな通貨」を見極めるのが基本なので、それほど抵抗なく始めてみることができます。

仕組みは簡単でも、FXの取引で使用される専門用語はきちんと理解しておかなければなりません。

今回は、FXの基本的な用語である「ポジション」について解説します。

外国為替証拠金取引(FX)とはなにか

FXの仕組み

外国為替証拠金取引(FX)とは、証拠金(保証金)を預託して、主に差金決済による通貨の売買をおこなう、差金決済取引(CFD)の一種です。

外貨をあつかう金融商品としては外貨預金が知られていますが、FXではレバレッジをかけた取引ができるため比較的少額の資金でも取引ができることと、為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)による利益を期待することができます。

 

1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正によって、それまで為替銀行に限られていた為替業務が一般企業にも解放されたため、比較的少額の資金でもはじめられて大きなリターンを期待できるFXに注目が集まることとなりました。

FXの取引の大まかな流れはどのようなものか

FXの「ポジション」

ポジションについて見る前に、FXの取引の大まかな流れについて把握しておきましょう。

FXの取引では大まかに、

  • 新規注文…外貨を買う(売る)
  • ポジションの保有…為替レートの変動を見ながら、買った(売った)外貨を保有
  • 決済注文…買った外貨を売る(売った外貨を買う)

という一連の流れを終わらせることで注文が完了し、損益が確定します。一連の流れをもう少し詳しく見てみましょう。

取引をはじめる「新規注文」

「新規注文」とは、文字通り新しく外貨を買う(売る)注文を発注することを指し、一般的な米ドル/日本円(USD/JPY)の取引なら、「円を売って(買って)米ドルを買う(売る)」ことを意味します。

新規注文を発注するときには、指定した為替レートで注文を発注する「指値注文」も使えますが、発注時点の為替レートで注文を出す「成行注文」が一般的です。なお、発注した注文が成立することを「注文の約定(やくてい)」と言います。

決済するまで外貨を保有する「ポジションの保有」

新規注文が約定すればポジションを保有しますが、金利差益(インカムゲイン)を狙う取引でなければ、保有している外貨を適当なタイミングで手放す必要があります。

そのためには新規注文のときの為替レートよりも有利な為替レートになるまでじっと待っていなければいけません。この状態を「ポジションを保有する」と言います。

「決済注文」が成立すれば取引は終了

為替レートが有利な方向に動き、ポジションを決済することで利益が期待できる水準になりました。ここでようやく保有するポジションを手放す「決済注文となります。

決済注文によってポジションを決済することで取引が完了し、為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)を合わせた最終的な損益が確定します。

取引の中間状態である「ポジション」

ポジションメイク

ポジションとは、「自分が買った(売った)外貨の残高」をあらわし、ポジションを保有することで決済のタイミングを見計らうのがFXの取引でもっとも重要なポイントと言えます。

買いポジションと売りポジション

FXで為替差益を得るためには、通貨を「買ってから売る」ことで利益を狙う買いポジション(ロングポジション)と「売ってから買い戻す」ことで利益を狙う売りポジション(ショートポジション)という2つのポジションのがあります。

ポジションを持つ通貨と持ちかたによっては、保有期間に応じて金利差益(インカムゲイン)が生じることもあり、インカムゲインを狙って長期保有をするFXトレーダーも一定数が存在しています。

ポジションを持たないポジション「スクエア」

ポジションの持ちかたには、ロングポジションとショートポジションの他に、ある程度のトレンドの方向性が定まるまでロング・ショートどちらのポジションも持たない「スクエア」があります。

スクエアでポジションを持たないことでより機動的な取引が可能となるので、ポジションとして覚えておきたいものの1つです。

取引の利益を大きく左右する「ポジションメイク」

ポジションの解消=決済

FXは、「ポジションをとって決済する」の繰り返しであり、タイミング1つで損益の結果が分かれてしまうといっても過言ではなく、その決定にはさまざまな情報を分析する必要があります。

ほとんどのFXサービスでは値動きを記録した「チャート」や各国の経済、マーケット情報をホームページなどで公表しているので、ポジションメイクの参考にすると良いでしょう。

また、各国の失業率や大きな事件、GDPの発表などの経済指標も為替レートに大きく影響しますので、普段から気にしておきたいものです。

 

ポジションは状況に応じて量を増やしたり減らしたりして様子を見ますが、これを、「ポジションを膨らませる」「ポジションを減らす」といいます。

ポジションの量を調整するための売買のことを、「ポジション調整」と呼びます。ときには、対象の通貨が上がるか下がるか分からない局面もあると思います。そのような場合には売りと買いの量を同じにして為替レートの影響を受けない状態にすることもできます。この状態のことを「スクエア」といいます。

おわりに

FXを始めるためには、その基本的な仕組みや用語を必ず理解するようにしましょう。

為替レートのチャートなども読むのにコツがありますので、経験のあるトレーダーに教えてもらったり、取引業者のホームページなどで情報を集めたりするのが上達の近道です。

FXは投資ですので、もちろん損失が出ることもあります。しかしFXでは「ロスカット」という仕組みがあり、現在の取引で証拠金が残り少なくなると強制決済がおこなわれるなど、トレーダー保護の仕組みが構築されています。

また、多くの取引業者でFXの無料デモトレードが用意されているので、実際に取引をはじめる前に無料デモで取引の流れを体験してみると良いでしょう。

このコラムに関連する記事

TOP