外国為替証拠金(FX)に欠かせない「レバレッジ」とはなにか

FXのレバレッジとは?レバレッジ規制と国内の最大レバレッジ

近年の不景気やゼロ金利政策にいより、銀行にお金を預けていても雀の涙ほどしか利子が付かない昨今、資産運用がにわかに注目を集めています。その中でも注目されているのが、少ない資金から取引をはじめられて、資金効率が良いと言われる「外国為替証拠金取引(FX)」です。

なぜFXは少ない資金で取引をはじめられて、資金効率が良いと言われているのでしょうか。今回はFXの概要と、FXの特徴である「レバレッジ」について見てみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)とはなにか

外国為替証拠金取引(FX)とは、証拠金(保証金)を預託して、主に差金決済による通貨の売買をおこなう、差金決済取引(CFD)の一種です。

外貨を扱う取引としては、銀行が提供している外貨預金が一般的ですが、FXはレバレッジをかけた取引ができるため比較的少額の資金でも取引ができることと、為替差益(キャピタルゲイン)と金利差益(インカムゲイン)を期待できることが外貨預金と異なります。

 

1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正によって、それまで銀行に限られていた為替業務が免許を取得した一般企業にも解放されました。少ない資金でもはじめられて、レバレッジをかけた取引により大きなリターンを期待できるFXに注目が集まることとなりました。

FXに欠かせない「レバレッジ」とはなにか

少ない資金で取引をはじめられて大きな利益が期待できるのがFXの魅力ですが、魅力の1つである「レバレッジ」とは、どのような仕組みなのでしょうか。

 

レバレッジとは、「差金決済取引(CFD)」に特有の証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できる仕組みであり、証拠金に対して「てこ」のような役割を果たします。少ない資本金でも大きな取引ができるようになり、レバレッジ○○倍というように表します。

レバレッジはどのような仕組みにもとづいているのか

少ない資金でも取引できることから、資金効率の良い取引ができるようになるレバレッジですが、どのような仕組みに基づいて取引をおこなっているのでしょうか。

 

FXは商品自体の受け渡しをおこなわず、売りと買いの差額の受け渡しで決済するCFDの一種であり、取引ごとに取引金額の全額をやり取りするのではなく、取引によって発生した利益部分の金額分だけ金銭のやり取りをおこなうのが特徴です。

そのためFXは少ない資金で取引がはじめられて、資金効率の良い取引ができるのです。

レバレッジを利用するときのポイント

このように資金効率の良い取引ができるレバレッジの仕組みですが、取引で活用するときにはいくつか注意したいポイントがあります。それらのポイントについて見てみましょう。

少ない資金で取引をはじめられる

ここまで繰り返し述べていることですが、FXを含むCFDでは、レバレッジの仕組みを利用することで少ない資金で大きな取引ができる資金効率の良い取引です。

特に近年ではサービスの改善が進み、これまでのFXサービスでは一律1万通貨単位からの取引しかあつかっていなかったのが、1,000通貨単位や100通貨単位、1通貨単位からの取引にも対応するFXサービスが登場するなど、これまでよりも更に少ない資金で取引がはじめられるようになっていることは見逃せません。

ハイリスク・ハイリターンなレバレッジ

少ない資金で取引をはじめられることから、FXではレバレッジをかけた取引は活発におこなわれていますが、レバレッジをかけた取引は高いリターンが期待できると同時に、高いリスクを背負った取引をしていることに注意する必要があります。

仮に同額の証拠金でレバレッジ1倍(等倍)とレバレッジ25倍の取引をおこなったと仮定すると、レバレッジ1倍の取引では損益のどちらも1倍(等倍)ですが、レバレッジ25倍の取引でも同様に損益は25倍に拡大されます。

損失に関しては証拠金に対しての割合が一定程度を超えると強制的にポジションを決済する「ロスカット」の対象となるため、特に高いレバレッジをかけて取引をするときには、為替レートのわずかな変動が取引を続けられるかに大きく影響します。

 
少ない取引通貨単位ではじめられる代表的なFXサービス

SBI-FX SBI FX(SBI FXトレード)
lion-fx LION FX(ヒロセ通商)
M2JFX(マネースクウェアジャパン)アイキャッチ M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
rakuten-200-200 楽天FX(楽天証券)
 

個人向けと法人向けで異なるレバレッジ規制

このようにレバレッジはリターンとリスクが大きいため、特に個人向けFXサービスではレバレッジ上限が一律25倍に制限されています。

 

1998年にFXサービスの提供が開始された直後は、FXサービスに関する法的規制が存在しなかったために、業者の健全性の評価やFXトレーダーの保護といった面では極めてお粗末であり、中には預かり証拠金を保全する仕組みが存在せず、証拠金を私的に流用して会社をたたむほとんど集金目的の詐欺まがいの会社まで存在しました。

このような状況を重く見た監督官庁である金融庁が規制の導入に乗り出し、業者に対する登録の義務付けや預かり証拠金保護の仕組みの導入により、FXトレーダーの保護を進めることとなります。この一環として導入されたのが、それまで事実上無制限だったレバレッジの上限導入です。

2010年にはレバレッジ上限50倍、2011年にはレバレッジ上限25倍と段階的に導入されたレバレッジ規制により、極めて高いレバレッジをかけた取引はできなくなりましたが、FXの健全化に向けて一歩進んだと言えるでしょう。

おわりに

見てきたように少ない資金で取引がはじめられて、資金効率を良くする仕組みであるレバレッジですが、リターンが高いだけリスクも大きい仕組みです。

現在でも他の金融商品と比べると高いレバレッジをかけた取引ができるFXですが、あまりに高いレバレッジをかけた取引はリスクが大きいということを認識した上で取引をするようにこころがけたいものですね。

このコラムに関連する記事

TOP