1ドル = いくら?気をつけたい為替レートの仕組みと見方とは

1ドル = いくら?気をつけたい為替レートの仕組みと見方とは

日本の法定通貨は日本円(円)であり、アメリカはアメリカドル(米ドル)、ヨーロッパではユーロと、国や地域によって使われている通貨は異なります。

外国企業と取引をするときや、海外旅行をするときには自国の通貨を相手国の通貨に交換する(両替)する必要がありますが、そのときに欠かせないのが「為替レート」です。

今回は、為替レートの成り立ちと仕組みを見てみましょう。

通貨の力関係を表す「為替レート」

為替レートを一言で説明すると、外国為替の取引での通貨同士の交換比率(交換レート)のことを言います。

現代社会における貨幣(通貨)は、一般的に各国や協定を結んだ国の政府か中央銀行が裏付けを与えて発行しているものが流通しています。

ある国で発行された通貨は、発行国・地域外では通用しないため、資本移動がともなう国際取引では、相手国や地域で通用する通貨に交換する必要が生じます。そのときの通貨の交換比率が、為替レートなのです。

為替レートが決定される仕組みとはどのようなものか

二つの通貨の交換比率である為替レートは、外国為替市場での通貨の需要と供給(需給バランス)によって決定されます。通貨の需給バランスに影響を与える要素としては、景気動向や金利動向、財政動向などがあります。

需給バランスが為替レートを左右しますが、大きな視点で見ると長期では購買力平価に左右され、短期では金利差(アセットアプローチ)が影響すると考えられていますが、日々の値動きについては取引に参加している投資家心理が大きく影響すると言われています。

将来の動向を織り込んだ為替取引によって、ときに実際の変化を先取りして動くこともあり、この動きが過ぎると正常な範囲を超えて均衡レートから大きく乖離することもあるため、値動きが激しすぎるときには通貨当局が為替介入の実施などの「シグナル」を送ることで為替レートを適正な範囲に引きもどそうとします。

為替レートに影響する?国際社会の為替政策

変動相場制を採用している国では、為替レートの値動きが激しくなり過ぎたときに、通貨当局が外国為替市場に介入する「為替介入」をおこなうことがあります。

中でももっとも効果的と言われているのが、通貨の流通量を劇的に変動させる財務当局(中央銀行)による為替介入です。

為替レートは自国通貨と取引がある外国通貨の数だけ設定されますが、基本的に基軸通貨であるアメリカドル(米ドル)との為替レートが最重要視され、為替介入も米ドルに対する為替レートに異常な動きがあったときにおこなわれる傾向があります。

知っておきたい。各国の通貨政策

基準となる通貨とその相手通貨との関係には、変動相場制と固定相場制がありますが、国によって採用している通貨政策は異なります。国や地域によって異なる通貨政策を見てみましょう。

ほとんどが変動相場制を採用している主要国

アメリカや日本、イギリスをはじめとする主要国の通貨は、中国を除いて変動相場制を採用して、需要と供給の関係で日々異なる為替レートで取引しています。

欧州では、さまざまな問題を解決して域内での為替政策の統一を実現、通貨ユーロを誕生させています。国境を越えて強力な固定相場制を実現したとも言えますが、ユーロは単なる固定相場制ではなく、経済政策の統一による単一通貨である点が異なります。

固定相場制からの脱却を図る途上国

ほとんどが変動相場制を導入している主要国と異なり、途上国は輸出拡大を目指して為替政策としてドルペッグ制を採用する傾向が知られています。特にドルとの連動を目指すドルペッグ制が主流でしたが、アジア通貨危機を切っ掛けに相次いで変動相場制へ移行しています。

ドルペッグ制を採用していた国の中でも、経済の規模拡大などにより急速な移行が難しかった中華人民共和国(中国)や中東産油諸国では、複数の通貨に連動する通貨バスケット制への切り替えを図っています。

為替レートの値動きは経済にどのような影響を及ぼすか

このような特徴がある為替レートですが、その値動きは経済にどのような影響を与えるのでしょうか。

一般に外国為替市場の自国通貨高は、海外での製品価格が高くなるために輸出に不利となるものの、海外製品の価格が安くなるために輸入には有利と言われています。自国通貨安であれば、これとは反対に輸出に有利で輸入が不利になると言われています。

おわりに

ここまで為替レートの仕組みや決定要因について大まかに見てきました。短期の取引が主流となるFXでは、他の取引参加者の動向が取引に大きく影響します。

為替レートの決定要因を頭の片隅に置きながら、取引参加者の動向を見逃さないことが、安定した取引には欠かせません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP