FXの取引に欠かせない外国為替市場の為替レートの仕組みとは

FXの取引に欠かせない外国為替市場の為替レートの仕組みとは

日本の法定通貨は日本円であり、アメリカは米ドル、ヨーロッパはユーロと、国や地域によって法定通貨は異なります。海外で通貨が関係する取引をするときには自国通貨を相手国通貨に交換(両替)する必要がありますが、その目安となるのが「為替レート」です。

今回は、外国為替証拠金取引(FX)の取引の根幹となる為替レートの仕組みを見てみましょう。

為替取引には欠かせない「為替レート」の仕組み

通貨の交換比率をあらわす「為替レート」

為替相場(為替レート)は、外国為替市場で異なる通貨を交換(売買)するときの交換比率です。

最も身近で知られている為替相場はドル円相場ですが、ユーロや英ポンドをはじめ、通貨の組み合わせごとに為替相場は存在します。

為替レートは需要と供給で決定される

為替相場は外国為替市場における需要と供給のバランスによって決まるため、需給関係が変動すれば為替相場は変動します。これは、物やサービスの価格が決まるのと同じ原理です。

対銀行・対顧客に分けられる外国為替市場の取引

為替レートを決定する「インターバンク取引」

ニュースで報じられる日々の為替レートは、実はそのまま個人が取引できる為替レートではなく、銀行間の取引である「インターバンク取引」の為替相場となっています。

銀行間取引とも呼ばれるインターバンク取引は、小口の取引である「対顧客取引」で発生する為替の資金調整および持高調整を目的とする取引であり、為替ブローカーを介しておこなわれます。

インターバンク取引に影響される「対顧客取引」

銀行間の取引であるインターバンク取引に対して、銀行が個人を対象とする両替や外貨預金などの取引は「対顧客取引」と呼ばれます。

対顧客取引で参照される為替レートは、インターバンク取引の為替レートを参考に決まる「仲値(なかね)」を基準として決められています。

円高・円安は経済にどう影響するのか

輸入産業が有利になる「円高」

円高はほかの通貨に対する円の購買力を引き上げることから、外国製品を安く購入できるようになります。また、海外からの資金流入により債券や株式などの金融商品の価格を引き上げる効果が期待できます。

デメリットとしては、日本からの輸出製品が値上がりすることで日本製品の価格競争力が低下することや、外貨建て資産が目減りすることがあげられます。

輸出産業に有利になる「円安」

ほかの通貨に対する円の価値が下がる円安は、円高とは反対に外貨建ての資産価値が高まり、輸出製品の海外での価格が下がるため、輸出産業に有利となります。

その反面、外国製品の輸入価格が高くなることや、海外に投資資金が流出することで国内債券や株式などの金融商品の価値が低下することがあげられます。

おわりに

FXで取引をするときにもっとも重視される要素である為替レートについて、その仕組みやポイントを見てきました。

為替レートの動向を見極めるためには、ほかの取引参加者の動向が大きく影響します。ここまで見てきたようなポイントを踏まえて取引をすることが、安定した取引につなげるためには欠かせないといえるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP