欧州共通通貨ユーロを左右する「ECB」とはどのような組織か

ECBとはなにか_アイキャッチ  

米ドルに次いで世界で2番目に流通量の多い通貨である「ユーロ」は、EU(European Union = 欧州連合)の共通通貨として導入された通貨です。

多国間で同等の価値を持つ通貨でありながら、その金融政策は米ドルや日本円のように、中央銀行であるECB(European Central Bank = 欧州中央銀行)によって決定される単一通貨としての性質を持つ独特な通貨として知られています。

今回はそんなユーロの金融政策を定めるECBと、それを支えるユーロシステムについて見てみましょう。

 

ECBとはどのような組織なのか

そもそも、ECBとはどのような組織なのでしょうか。

 

ECBとは、欧州共通通貨「ユーロ」の中央銀行としての役割を果たすEUの主要機関の1つであり、ユーロの金融政策を定める最高意思決定機関でもあります。

金融政策を定める会合は、ECB総裁を長とする役員会(Executive Board)と、役員会の構成員と各国中央銀行総裁からなる政策理事会(Governing Council)によって開催されます。

役員会はユーロ圏各国に一致によって選出される6名の中央銀行出身者で構成され、ユーロ加盟国の中でも経済規模の大きい国の中央銀行出身者で構成されることが暗黙の了解です。

 

金融政策の決定が注目されるECBですが、業務内容は金融政策の決定だけに留まらず、ユーロ加盟国が保有する外貨準備の管理や外国為替市場への為替介入、取引決済など、その業務は他の中央銀行と同様に極めて複雑・多岐に渡ります。

 

日本銀行やFRBと同様にユーロの安定運営のために欠かせないECBですが、各国中央銀行と異なる点として、実際の金融政策はユーロ加盟各国の中央銀行が実施すると言う点があげられます。

このようにECBが大まかな方向性を定めてユーロ加盟国の中央銀行が実際の金融操作をおこなう仕組みのことを「ユーロシステム」と呼び、ユーロの運営を支えています。

 

ECBの目的と業務はどのようなものか

このように他国の中央銀行と比べるといくらか複雑な組織構成をしているECBですが、目指すところは他国の中央銀行と変わらず物価安定による安定した経済成長の実現と、EUが実施する経済政策の金融面での支援にあります。

 

この2つを実現するための手段として、ECBでは各国中央銀行と同様に、

  • 金融市場での有価証券の売買(公開市場操作)
  • 民間銀行の資金預託(預託機関)
  • 民間企業に対する資金貸付(資金貸付機関)

を実施しているだけではなく、先に触れたユーロシステムを活用して、

  • ユーロ圏の通貨政策の決定と実施
  • 外国為替市場の操作
  • 加盟国の外貨準備の保有と管理
  • 決済制度の円滑な運営の促進

などもおこなうことで、ユーロの中央銀行としての各種業務を担当しています。

 
あわせて読みたい

fx_akarichan 米ドルに次ぐ流通量を誇る 「ユーロ(EUR)」の特徴
 

ユーロの混乱とECBの金融政策が世界経済に与える影響

米ドルに次いで世界第2位の流通量を誇るユーロですが、残念ながらそのユーロ加盟国の経済状況はそれほど明るいものとは言いにくい状況にあります。

 

ユーロ加盟国の経済状況が明るくない理由としてもっとも大きいのは、2008年のリーマンショックをきっかけとする世界金融危機と、それにより明るみに出たユーロ加盟国のギリシャの財政問題です。

この2つをきっかけとして財務体質に問題があると見られた南欧各国にも財政問題が飛び火して、2010年欧州ソブリン危機が起こりました。

これによりユーロ発足以降安定していた欧州の金融システムそのものに大きな打撃を与えることとなり、ECBは物価安定と経済成長の金融面からの支援よりも、実際の危機対応を優先することとなったのです。

 

南欧を中心とする一部のユーロ加盟国の財政問題は、ユーロで中心的な役割を果たしているドイツ・フランスを中心とする大規模な資金援助により、解決へと向かっています。

しかし資金援助を提供する代わりに厳しい緊縮財政を求めるドイツに対する南欧各国の反発は激しく、2015年にはギリシャがユーロ離脱をかけた国民投票をおこなうなど、経済面だけではなく政治面でもEU加盟国間の亀裂が大きくなりつつあります。

特に欧州ソブリン危機のきっかけともなったギリシャのユーロ離脱をかけた国民投票は、直後の上海株式市場の急落と並んで、2015年後半の世界経済に大きなブレーキをかけることとなりました。

 

政府軍と反政府組織の熾烈な内戦が続く中東・アフリカ地域からの難民流入による政治的混乱と合わせて、ユーロ圏の経済状況はあまり明るいものとはいえないのが現状です。

 

おわりに

新世紀の到来とともに大々的に導入された欧州共通通貨「ユーロ」ですが、その希望に満ちた船出とは裏腹に、四半世紀たらずで大きな危機の最中にいます。

今後もユーロが存続できるかどうかは、中央銀行の役割を果たしているECBの政策にかかっていると言え、その内容には注目が集まるところです。

このコラムに関連する記事

TOP