取引所取引「くりっく365」の魅力

くりっく365の魅力

 

FX業者に預けた証拠金に一定のレバレッジをかけた通貨ペアをやり取りすることで利益を狙うのが「FX」ですが、一口にFXと呼ばれるこの為替取引は、大きく「店頭FX」と「取引所FX(くりっく365)」の2つに分けることができます。

この2つは、どのように異なるのでしょうか。今回はくりっく365の概要と、店頭FXとくりっく365のメリットとデメリットを見てみましょう。

 

取引所FX(くりっく365)とはなにか

様々な法改正の結果、全ての対外取引の決済を外国為替銀行が一方の当事者として行うとするいわゆる「為銀主義(ためぎんしゅぎ)」が撤廃されて為替取引が自由化され、ひまわり証券の提供する「ひまわりFX」を皮切りとして個人向けFXサービスの提供がはじまったのが1998年のことです。

 

法改正による自由化と為替市場の解放によって個人のFXトレーダーも為替取引に参加できるようになりましたが、市場の解放によって参入してきた業者の一部は、強引な勧誘や預かり資産の流用、預かり資産の窃取そのものを目的としてFX業者を隠れみのに市場に参加してくる暴力団など、様々なトラブルが頻発することとなりました。

このように様々なトラブルが発生したことにより法改正が行われた結果、現在ではこのような悪質業者は淘汰されたものの、FXトレーダーの資産保護を目的とした「取引所で取引を行うFXサービスの必要性」の声に押されて、2005年に東京金融取引所での為替取引が導入されることとなりました。これが取引所FX(くりっく365)のはじまりです。

くりっく365の開始にともない、それまでFX業者各社が提供していたFXサービスは「店頭FX」と呼ばれて、くりっく365とは明確に区別されています。

 

店頭FXとくりっく365の違い

店頭FXとくりっく365では、預けた証拠金に一定のレバレッジをかけた通貨ペアをやり取りすることで利益を狙うという大まかな流れは変わりませんが、通貨ペアをやり取りする場所が異なるために明確に区別されています。

 

店頭FXの場合、最終的には為替市場での取引が行われ、基本的にはFXトレーダーとFX業者の間での取引が行われます。売値(ビット)と買値(アスク)の差額(スプレッド)がFX業者によって決められるために、手数料を無料にする代わりにスプレッドから利益を得ているFX業者がほとんどです。

これだけを見ると店頭FXはFXトレーダーにとって不利な値付けをされている印象を受けますが、スプレッドは1回の取引で数銭から数十銭程度の横並びであり、取扱通貨ペアや売買単位、スワップポイントなどサービス面での競争が行われています。数あるFXサービスの中から好みのサービスを選べるメリットのほうが大きいと言えるでしょう。

 

店頭FXではFX業者は取引の主役とも言える立ち位置にいるのに対して、くりっく365ではFXトレーダーと取引所の仲介者としての役割に留まり、実際の取引は東京金融取引所で行われます。

取引所での取引のときにも店頭FXのように任意の値付けではなく、外国為替市場に参加している金融機関から価格の提供を受け、その価格の中から最も安い売り価格(売値)と最も高い買い価格(買値)を抽出し、FXトレーダーに対してリアルタイムで提供する「マーケットメイク制度」を導入しているため、FXトレーダーにとって一番有利な取引レートで取引できます。

マーケットメイク制度により受取スワップと支払スワップが同額になるため、店頭FXでときおり発生する「受取スワップより支払スワップのほうが大きくなる」という矛盾はくりっく365では解消されています。

 

また、くりっく365のサービスを提供するためには、東京金融取引所による審査を通過する必要があり、「安心・透明・信頼」のキャッチフレーズの通りのサービスが提供できるFX業者だけがくりっく365に参加しています。そのため、安心して取引に参加できることがくりっく365の一番のメリットと言えるでしょう。

どちらがお得? 店頭FXとくりっく365

ここまで見てきて気になるのは、店頭FXとくりっく365のどちらのほうがお得に取引ができるのか? ということです。2015年時点では店頭FXとくりっく365のコスト的には店頭FXが若干有利になっています。

 

「安心・透明・信頼」のキャッチフレーズの通りに、サービス開始直後のくりっく365は申告分離課税で税率の上限が20%と、総合課税で最大50%の税率がかかった店頭FXと比べるとはるかに有利な内容でした。

しかし、2012年1月の税法改正で店頭FXの課税内容もくりっく365の課税内容に一本化されたため、それまでの税金の面でのメリットはなくなりました。手数料無料で取引ができる店頭FXサービスと比べると、取引に手数料が発生するくりっく365は不利となっています。

2015年時点ではくりっく365でも手数料無料としているFX業者も増えていますが、コスト面では店頭FXに比べるとくりっく365が不利なことは否定できません。

 

更にくりっく365はコストだけではなく、取り扱い通貨ペアやスワップポイント、取引ツールの内容も店頭FXに比べると貧弱な面が多く、不自由な取引を強いられる場面が多いため、近年では急激に取引シェアを落としているのが実情です。

 

おわりに

くりっく365は華々しくスタートしたものの、店頭FXに比べるとサービスやコストの面で店頭FXに比べると劣る部分があるため、徐々にそのシェアを失いつつあります。

しかし「安心・透明・信頼」をモットーに運営しているので、店頭FXのサービス内容に不満を覚えたら検討したい取引と言えそうです。

このコラムに関連する記事

TOP