安心・透明・信頼な取引が魅力の「取引所FX(くりっく365)」

安心・透明・信頼な取引が魅力の「取引所FX(くりっく365)」とは

少ない資金でもレバレッジをかけた取引により、大きな利益を期待できることから人気の「外国為替証拠金取引(FX)」ですが、大きく「店頭FX」と「取引所FX(くりっく365)」に分けられます。

今回は、日本で初めて公的な取引所によるFXとして上場した「くりっく365」の特徴を見てみましょう。

安全なFX市場を求める声に応じて設けられた「くりっく365」

金融ビッグバンとFXの普及を受けた誕生

日本で個人向けにFXを含む為替取引が解禁されたのは、1998年(平成10年)の「改正外国為替及び外国貿易法(通称・外為法)」がきっかけです。この改正で銀行だけに限られていた為替業務が証券会社や先物取引会社にも解禁され、個人でも為替取引ができる環境が整いました。

投資意識の高まりやインターネットの普及、投資効率が高い「外国為替証拠金取引(FX)」に注目が集まったことで、多くの会社がFXサービスの提供をはじめます。しかし、一部の悪質業者によるトラブルが頻発、個人でも安心して取引に参加できる市場のニーズが高まりました。これを受けて、2005年(平成17年)7月の「改正金融先物取引法」と同時に東京金融取引所(金融取)により上場したのが、「取引所FX(くりっく365)」です。

手数料無料化や「くりっく365ラージ」の導入など、進化が続く

「くりっく365」は上場から3年が経った2008年(平成20年)に通貨ペアの拡大や指定決済法の導入、マーケットメーカーの増加、取引時間の延長をおこない、2013年(平成25年)には手数料無料化など、さまざまな改善を進めています。

特に注目を集めたのが、くりっく365ラージの上場です。これは、スプレッドを重視する投資家の要望で導入された商品であり、スプレッドのタイト化や取引単位の拡大などが特徴となる商品です。

サービス改善を地道に続けたことから口座数70万口座、証拠金預託額は4,800億円を超え、安定した取引の機会を提供するという目的の達成に努力しています。

取引に有利な「くりっく365」のさまざまな魅力とは

マーケット・メイカーが豊富な流動性を提供

くりっく365では、マーケットメイク方式を導入することで取引の流動性を確保。マーケットメイカーには国内外の主要な金融機関が参加しています。また、マーケットメイカーが提示する数量の範囲内であれば注文は即座に約定するので、約定が拒否(リジェクト)されることはありません。

スリッページ設定幅に関係なく、最も有利な価格で取引成立

マーケットメイク方式の導入により、投資家にとって有利なスリッページが発生したときは、許容幅に関係なく、マーケットメイカーが提示する最も有利な価格で取引を成立させます。

店頭FXにはない通貨ペアも取り扱い

海外の業者を中心に、店頭FXでも取り扱い通貨ペア数は増える傾向にありますが、くりっく365ではまだまだ珍しいノルウェー・クローネやポーランド・ズロチなど、さまざまな通貨ペアの取引を実現。

香港ドルや南アフリカランドといった通貨ペアでは、店頭FXと比べても競争力のあるスプレッドを提供しています。

「安心・透明・信頼」の制度とシステム

公的な取引所に上場するくりっく365では、預かった証拠金は全額取引所に預託する「分別保管」により証拠金の安全な保管を実現。さらに、大規模災害を想定したバックアップの導入など、公的な取引所ならではの堅牢なシステムを開発・導入。いざというときでも安心して取引を続けられる環境を整えています。

くりっく365と店頭FXではどちらが有利?

「安心・透明・信頼」のキャッチフレーズの通りに、サービス開始当初のくりっく365は、課税をはじめとするさまざまな面で店頭FXよりも優遇されていました。

しかし、店頭FXのサービスの改善や制度の見直しが進んだことで、現在ではくりっく365と店頭FXの間では明確な違いがなくなっています。取引の透明性は高いというメリットはあるものの、その他の取引内容では店頭FXと比べると不利となる部分が多く、くりっく365の取引シェアは急激に落ち込んでいるのが実情です。

おわりに

華々しくはじまったくりっく365ですが、現在では店頭FXと比べたときの魅力に乏しく、その栄光は過去のものになりつつあります。

しかし、取引の透明性の高さは依然として見逃せないポイントであり、近年でも新たな通貨ペアの取り扱いなど、魅力の向上に努力していることから、店頭FXのサービス内容に不満を覚えたら検討したい取引方法と言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP