選ぶだけで取引ができる「選択型システムトレード」とはなにか

選択型シストレ_アイキャッチ
 

24時間365日の取引ができるのがFXの魅力の1つですが、24時間の取引ができるということは、裏を返せば海外のちょっとした要因によって外国為替市場が大きく変動したときにすぐに対応しないと、大きな損失をこうむる危険性を秘めていることを意味しています。

そこで検討したいのが、取引の発注から決済までの部分を自動でおこなってくれる「システムトレード(シストレ)」です。

今回はそんなシステムトレードの中でも、選ぶだけで始められる「選択型システムトレード(選択型シストレ)」について見てみましょう。

 

取引を自動でおこなう?「システムトレード」とはなにか

FXの取引方法は大きく分けると取引戦略の決定から実際の売買までを全て自分の手でおこなう「裁量取引」と、取引戦略の決定だけをおこない、実際の売買は選んだプログラムに任せる「システムトレード」に分けられます。

システムトレードとは、事前に取引戦略の決定と取引をおこなうプログラム(ストラテジー)を選び、ストラテジーに取引をまかせることで機械的・継続的におこなう取引のことを言います。

一口にシステムトレードと言っても、ストラテジーを組み立てる開発型や既にあるストラテジーを選ぶだけの選択型、裁量取引とシステムトレードを折半した半自動売買などがありますが、今回は選択型シストレについて詳しく見てみましょう。

 
あわせて読みたい

fx_akarichan 取引の強い味方!FXのシステムトレード口座を徹底比較
fx_akarichan 人気のシステムトレードソフト「ミラートレーダー」とはなにか
fx_akarichan 人気のトレードソフト「メタトレーダー」とはなにか
 

「選択型シストレ」とはなにか

裁量取引と比べると簡単に取引のできるシステムトレードの中でも、もっとも手軽な取引方法が選択型シストレです。選択型シストレでは取引戦略を決定したら、あとはあらかじめ用意されている売買を実施するプログラム(売買プログラム)を選んで証拠金を入金しておけば、あとは勝手に取引がはじまります。

 

売買プログラムを選ぶだけで取引がはじめられる手軽さが大きな魅力であり、選択した売買プログラムに設定されている条件に基づいて、発注から決済までの全ての注文を処理するため、基本的にFXトレーダーは成績を確認するだけで良いのが選択型シストレの特徴です。

 

取引をおこなう売買プログラムは世界でもっとも普及している選択型シストレの「Mirror Trader(ミラートレーダー)」では「ストラテジー」、独自の選択型シストレを採用しているFXサービスでは「売買システム」など、その呼び方は様々です。

売買プログラムは専門の開発会社による最新の投資理論を組みこんだり、プロのトレーダーの取引戦略を反映した売買プログラムが日々作成・提供されているので、売買プログラムを選ぶだけで最新の投資理論を反映した取引や、プロのトレーダーの取引を再現できるのが選択型シストレの大きな魅力の1つです。

 

選択型シストレのメリットとデメリット

このような特徴のある選択型シストレですが、そのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのか、見てみましょう。

 

選択型シストレは、取引を売買プログラムが実施してくれるので取引に時間がかからないことや、売買プログラムによる取引がおこなわれるのでトレーダーが手掛ける取引で負担となる精神的な負担が少ないことが大きな魅力です。

また、売買プログラムを選ぶだけで最新の投資理論やプロのトレーダーの取引を再現できるため、基本的な知識があれば問題なく取引できるのもメリットの1つです。

 

このようなメリットがある選択型シストレですが、もちろんデメリットも存在します。そのもっとも大きなものとしては、売買プログラムが自動で取引をおこなうために想定した外国為替市場の動向から外れると取引が上手くいかなくなる可能性が高いことがあります。

また、発注から決済までの取引を自動でおこなうので、取引をおこなうストラテジーの選択を誤ると、利益どころか損失ばかりが積みかさなる危険が否定できないのもデメリットと言えるでしょう。

 

代表的な選択型シストレと特徴

このような特徴を持つ選択型シストレですが、それぞれのサービスにはどのような特徴があるのでしょうか。大まかな内容を見てみましょう。

 

トライオートFX(インヴァスト証券)

国内FXサービスでは珍しいミラートレーダーを提供しているインヴァスト証券ですが、実は独自開発した選択型シストレである「トライオートFX」も提供しています。

トライオートFXは、通常の裁量取引から取引条件を自分で全て組み立ててオリジナルの「仕掛け」を作成しておこなうシステムトレードまで、幅広く対応しているのが特徴です。

もちろん、システムトレードに利用する仕掛けは既に設定されている既存のものも500以上が用意されていて、システムトレードに興味があるけどはじめるのに躊躇している人にも最適です。

 

トレードコレクター(ワイジェイFX)

ポータルサイト「ヤフー!ジャパン」のグループ会社「ワイジェイFX」では、外貨exの名称で裁量取引のFXサービスを提供していますが、それとは別に選択型シストレとして「トレードコレクター」を提供しています。

人気のトレーディングカードゲームを模したこのトレードコレクターは、外貨exを利用している投資家の取引を分析して売買プログラムに落とし込み、複数の売買プログラムをからなるデッキを構築して、その中から実際の取引に利用する売買プログラムを選ぶという独特な仕組みを採用しています。

 

シストレi-NET(アイネット証券)

アイネット証券の提供する選択型シストレ「シストレi-NET」は、アイネット証券が厳選した売買プログラムから実際の取引に活用する通常の選択型シストレと合わせて、リピート発注機能である「ループ・イフダン」を提供しているのが特徴です。

 

ちょいトレFX(FXプライム by GMO)

ミラートレーダー取引サービスを提供しているFXプライム by GMOですが、「ちょいトレFX」の名称で独自の選択型シストレも提供しています。

ちょいトレFXは売買プログラムを選ぶ通常の選択型シストレだけではなく、条件を指定することで独自の売買プログラムが設定できるのが大きな特徴です。

作成した売買プログラムはもちろん実際の取引に利用できますが、その前に過去の外国為替市場のデータを利用した取引シミュレーションで強みと弱点を見つけられるので、選ぶだけからステップアップしたい人にはうってつけのFXサービスと言えるでしょう。

 

エコトレFX(ひまわり証券)

ひまわり証券の提供するシステムトレード「エコトレFX」は、厳選された売買システムから気に入ったものを選ぶだけで、簡単にシステムトレードをはじめられるのが特徴。

エコトレFXの取引画面は大きく見やすく直感的な操作を実現。売買システムは優れたものを素早く抽出できるよう設計されているだけではなく、運用と発注はサーバー上ですべておこなわれるので、特別なソフトや専用パソコンを用意する必要もありません。

 
選択型シストレを提供しているFXサービス

トライオートFX トライオートFX(インヴァスト証券)
120_120_yjfx トレードコレクター(ワイジェイFX)
inet-150-150 シストレi-NET(アイネット証券)
120_120_choitore ちょいトレFX(FXプライム by GMO)
200_200_ecotore-fx エコトレFX(ひまわり証券)
 

おわりに

選択型シストレは、実際の売買をプログラムに任せることで取引が極めて簡単になるというメリットと、外国為替市場の急変に対応するのが難しいというデメリットを比較・検討して、リスク管理と資金管理に問題がなければ、選択型シストレは有力な取引方法と言えそうです。

このコラムに関連する記事

TOP