FX口座開設の4つのポイント

1取り扱い通貨ペアで比較する

通貨の組み合わせ(通貨ペア)を売買することで為替差益(キャピタルゲイン)を狙うのが外国為替証拠金取引(FX)ですが、取引対象になる通貨ペアがなければ始まりません。
FXで主に取引されるのは外国為替市場での流通量が多く、信用も高い米ドル(USD)やユーロ(EUR)、日本円(JPY)に代表される「メジャーカレンシー」ですが、この他にも高金利で人気の高い「マイナーカレンシー」や「エキゾチックカレンシー」も存在します。
FX口座を開設するときには、目標とする利益や取引の期間を踏まえて取引戦略を立てて、その取引戦略に合致した通貨ペアの扱いがあるFXサービスに口座を開設することが欠かせません。

2取引通貨単位で比較する

従来のFXの取引では一律1万通貨単位での取引でしたが、近年では多様化が進み、1,000通貨単位や100通貨単位、1通貨単位での取引に対応しているFXサービスも登場しています。
取引通貨単位が細分化されるほど必要とする証拠金が少なく済むという特徴があり、より少額の資金から取引を始められるというメリットにつながります。

3取引システムで比較する

オンラインに限っても様々なFXサービスが存在しますが、手動取引(裁量取引)か自動売買取引(システムトレード)といった基本的な部分から注文方法に至るまで、様々な点が異なります。 取引の利便性を大きく左右する部分であるので、取引システムについては十分に比較・検討したいポイントの1つです。

4スワップポイント・スプレッドで比較する

FXサービスを比較するときに外せないポイントとしてあげられるのが、金利差から発生する「スワップポイント」と売値と買値の差から発生する「スプレッド」です。
スワップポイントは長期間に渡る取引のときに無視できない利益を生み、取引ごとに発生するスプレッドは取引成績を大きく左右するため、実際の取引にあたって最も注意したいポイントと言えるでしょう。

FXランキング

dmm_fx

評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
総合評価: 3.79
(98 投票, 総合点:371)

口コミ94

取り扱い通貨ペア数20通貨ペア
取引手数料
(ドル円1万通貨往復)
30円
自己資本規制比率433.8%(2016年3月末時点)
ドル円スプレッド0.3銭
※原則固定
サポートフリーダイヤル・メール・LINE
クイック入金対応The quick receipt of money
…を含む、約370の金融機関に対応

fx-neo

評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
総合評価: 3.47
(34 投票, 総合点:118)

口コミ38

取り扱い通貨ペア数14通貨ペア
取引手数料
(ドル円1万通貨往復)
30円
自己資本規制比率378.3%(2016年3月末時点)
ドル円スプレッド0.3銭
※原則固定
サポートQ&A・メールフォーム・フリーダイヤル
クイック入金対応The quick receipt of money
…を含む、11の金融機関に対応

みんなのFX

評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
総合評価: 3.19
(21 投票, 総合点:67)

口コミ19

取り扱い通貨ペア数16通貨ペア
取引手数料
(ドル円1万通貨往復)
40円
自己資本規制比率223.2%(2016年3月末時点)
ドル円スプレッド0.4銭
サポートQ&A・問い合わせフォーム・フリーダイヤル
クイック入金対応The quick receipt of money
…を含む、11の金融機関に対応

ランキングをもっと見る

FX比較なびについて

初心者でも簡単に始められることから、各種投資の中でも人気が高いのがFX(外国為替証拠金取引)です。
しかし、実際にFXを始めようとすると、気になる点や不安に感じる点が色々と出てくる事と思います。 FX比較なびでは、気になる手数料や取扱通貨ペアを始め、様々な条件で各FXサービスを徹底比較しました。 また、FXを始めるにあたって最低限は身に着けなければならない基礎知識に関するコラムや、為替に影響を与える時事ニュースについての解説なども掲載しています。

これからFX取引を始めようとしている初心者から、プロのトレーダーまで安心して使えるぴったりのサービスを、FX比較なびで見つけてください。

おすすめ記事

新着記事

TOP